Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナー


みなさん、こんにちは。

前回の記事で Dynamics 365 の新しいアプリケーションを紹介しました。まだご覧になっていない方はご覧ください。

Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要
Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要

今回は、アプリケーションより詳細に見てみたいと思います。

– アプリの URL
– アプリケーションデザイナー

アプリの URL

利用者は、特定のアプリケーションへ直接アクセスすることができます。
Dynamics 365 の URL に、appid を指定することでアクセスできます。
AppIDは、ユニークな GUID 形式で自動的に割合てられます。
GUID の代わりにわかりやすい名前の接頭辞を設定することもできます。

では、実際に Sales アプリケーションの URL を見てみましょう。

1. Dynamics 365 にログインします。

2. [Dynamics 365] > [Sales] をクリックします。

image

3. URL を確認します。appid の値が Sales アプリケーションの GUID です。

image

アプリケーションデザイナー

アプリケーションデザイナーは、アプリケーションの名前、接頭辞、アイコンといった基本情報から、
アプリケーションに表示するサイトマップ、ダッシュボード、エンティティといったコンポーネントを構成するためのツールです。

では、実際に Sales アプリケーションをアプリケーションデザイナーで見てみましょう。

1. [設定] > [カスタム] > [システムのカスタマイズ] をクリックします。

2. [アプリ] をクリックします。

image

3. [Sales] をダブルクリックします。

image

4. アプリケーションデザイナーが表示されます。

image

アプリのプロパティ

1. 右ペインにある [プロパティ] をクリックします。

image

2. 設定されている名前、説明、アイコン、接頭辞を確認することができます。

image

サイトマップ

1. サイトマップをクリックします。

image

2. サイトマップデザイナーが表示されます。このアプリケーションのサイトマップの構成を確認、変更することができます。
サイトマップデザイナーについては、別記事で紹介します。

image

ダッシュボード

1. ダッシュボードをクリックします。

image

2. アプリに有効なダッシュボードの一覧が表示されます。また右ペインにもダッシュボードの一覧が表示されます。

image

3. 右ペインにダッシュボードが表示され、どのダッシュボードが有効になっているか選択します。

image

業務プロセスフロー

1. 業務プロセスをクリックします。

image

2. アプリに有効な業務プロセスの一覧が表示されます。また右ペインにも一覧が表示されます。

image

3. 右ペインに業務プロセスが表示され、どの業務プロセスが有効になっているか選択します。

image

エンティティ

1. エンティティビューエリアには、アプリに含まれているエンティティのフォーム、ビュー、グラフが表示されています。

image

2. フォームをクリックします。

image

3. 右ペインにエンティティのフォームが表示され、どのフォームを有効にするか選択します。
すべて未選択の場合、すべてのフォームが有効になります。

image

4. 続いてビューを選択します。

image

5. 右ペインにエンティティのビューが表示され、どのビューを有効にするか選択します。
すべて未選択の場合、すべてのビューが有効になります。

image

6. 続いてグラフを選択します。

image

7. 右ペインにエンティティのグラフが表示され、どのグラフを有効にするか選択します。
すべて未選択の場合、すべてのグラフが有効になります。

image

まとめ

次回は、サイトマップデザイナーについて紹介します。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content