Dynamics CRM 2016 SDK 新機能: クライアントサイドスクリプトその 1 – オートコンプリート

みなさん、こんにちは。 今回から Dynamics CRM 2016 SDK の新機能より、クライアントサイド SDK の機能を紹介します。今回はオートコンプリートを紹介します。 概要 オートコンプリート機能は、参照フィールドと似た体験を、テキスト フィールドでも利用できるよものです。ユーザーがタイプした文字列 を都度取得し、それに対応する候補を以下のように表示できます。 ※日本語のように入力後、変換を確定する入力方法は対応していません。 入力中の文字列取得 入力中の文字は、Xrm.Page.getControl(“<control name>”) に対して、 getValue() 関数を実行することで取得できます。 関数のアタッチ 文字入力時にトリガーされる関数は GUI からアタッチできないため、 以下のコードでアタッチする必要があります。 Xrm.Page.getControl(“<control name>”).addOnKeyPress(<function>); またここで指定した関数には実行コンテキストが引数として自動で 渡され、<context>.getEventSource() 関数にて元のコントロールを 取得することができます。 すでにアタッチ済みの関数をデタッチするには、コントロールに 対して removeOnKeyPress(<function>)関数を実行します。 候補の表示/非表示 候補の一覧は、Xrm.Page.getControl(“<control name>”) に対して showAutoComplete(<候補のセット>) を実行する事で呼び出せます。 渡す候補のセットは候補の一覧である results、候補一覧の右下に 出ているリンクを作る commands を含みます。 results は id, icon, fields を持ったオブジェクトの配列として定義され、 field は最大 3 列のデータが表示されます。…


Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 3: ダッシュボード

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 の新機能から対話型サービスハブについて紹介します。   今回は、対話型サービスハブのダッシュボードの詳細を紹介していきます。 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 1: 概要 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 2: タスクベース体験 ダッシュボードの種類 対話型サービスハブには、2 つの新しいダッシュボードの種類が追加されました。 マルチストリーム 複数のストリーム(エンティティのビューまたはキュー)でデータを分析することができます。 以下の例では、「アクティブなサポート案件ビュー」「自分の下書き電子メールビュー」など 4 つのストリームを一つのダッシュボード内で分析することが出来ます。 単一ストリーム シンプルに単一の切り口だけでデータを分析したい場合に利用します。 タイルでは、タイル固有のストリームに該当するレコード数が表示され、個々のレコードへアクセスすることができます。   標準で準備されているダッシュボード 対話型サービスハブには、標準でダッシュボードのメニューから選択できるダッシュボードと エンティティ固有のダッシュボードが準備されます。 ダッシュボードのメニューから選択できるダッシュボード – マルチストリーム: ナレッジマネージャー 主にナレッジ管理を担当するマネージャーが利用するためのマルチストリームダッシュボードです。 提案された記事、レビューが必要な記事のビューなど記事の管理業務に必要な情報がまとめられています。 – 単一ストリーム: 自分のサポート情報ダッシュボード 自分が作成した記事を分析することが出来ます。 – マルチストリーム: Tier 1 Dashboard 主に顧客サービスの担当者が利用するマルチストリームダッシュボードです。…

0

Dynamics CRM 2016 SDK 新機能: メタデータ Web API その 4: グローバルオプションセット

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 SDK の新機能として正式版と なった Web API について紹介します。 今回は Web API メタデータサービスの機能より、グローバルの オプションセットメタデータ操作を紹介します。 概要 オプションセットにはグローバルオプションセットとフィールド レベルのオプションセットがありますが、今回はグローバルの オプションセット操作を紹介します。 オプションセットの作成 まずカスタムのグローバルオプションセットを作成します。 プログラムの実装 1. 前回利用した Visual Studio ソリューションを開き、Program.cs ファイルを開きます。新しく以下のメソッドを追加します。 public async Task RunGlobalOptionSet(string accessToken) {     // HttpClient の作成     using (HttpClient httpClient = new HttpClient())     {         //  Web API アドレスの作成         string serviceUrl…


Dynamics CRM 2016 SDK 新機能: メタデータ Web API その 3: 関連

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 SDK の新機能として正式版と なった Web API について紹介します。 今回は Web API メタデータサービスの機能より、関連のメタデータ 操作を紹介します。 概要 既存の組織サービス同様、Web API を利用してメタデータを操作する ことが可能です。サポートされる操作は多岐に渡りますが、今回は 関連の操作を紹介します。 1:N 関連の作成 まずは取引先企業と取引先担当者の間に、カスタム 1:N 関連を作成 してみます。 プログラムの実装 1. 前回利用した Visual Studio ソリューションを開き、Program.cs ファイルを開きます。新しく以下のメソッドを追加します。 public async Task RunRelationshipMetadata(string accessToken) {     // HttpClient の作成     using (HttpClient httpClient = new HttpClient())     {         // …


Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 2: タスクベース体験

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 の新機能から対話型サービスハブについて紹介します。 前回の記事を見られていない方は、是非ご覧ください。 Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 1: 概要 ダッシュボードからフォームへ 利用者は、ダッシュボードにより自身が実施すべきタスクを認識します。 タスクを実行するため、各レコードのフォームに遷移します。 以下サポート案件のフォームが表示されます。 1: 次のレコード 次のレコードへ遷移することができます。 2. タブ 従来のフォームに比べ、よりタブへのアクセスしやすくなりました。 これにより即座に移動したい場所へ移動することが出来ます。 3. 顧客カード 顧客カードによりサポート案件フォーム上から顧客の基本情報を参照することができ、 電話や電子メールにて即座に連絡することが可能です。 4. コマンドバー 右上のコマンドバーから従来の機能が利用することが出来ます。 5. タイムライン 関係する活動の検索や絞り込み、新たな活動の作成が容易にすることが出来ます。 またタイムラインのアイテムを検索することが出来ます。 タイムラインの情報を日付や属性により絞り込むことが可能です。 6. 関連 関連セクションには、2 つの機能が利用できます。 [最近のサポート案件と権利] 最近使用したサポート案件および権利が表示されます。 [記事の検索] 特定のキーワードを含むサポート情報記事を検索することもできます。 7. 業務プロセス 業務プロセスフローを利用できます。 ステージを選択すると内容がフライアウトされ画面スペースを取らず効率的に入力することができます。 動作確認 ダッシュボードからレコードの作成、変更、削除の操作を確認してみましょう。 新規作成 1. 簡易作成ボタンからサポート案件をクリックします。…

0

Dynamics CRM 2016 SDK 新機能: メタデータ Web API その 2: フィールド

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 SDK の新機能として正式版と なった Web API について紹介します。 今回は Web API メタデータサービスの機能より、フィールドのメタデータ操作を紹介します。 概要 既存の組織サービス同様、Web API を利用してメタデータを操作する ことが可能です。サポートされる操作は多岐に渡りますが、今回は フィールドの操作を紹介します。 フィールドの作成 まずカスタムフィールドを作成します。 プログラムの実装 1. 前回利用した Visual Studio ソリューションを開き、Program.cs ファイルを開きます。新しく以下のメソッドを追加します。 public async Task RunFieldMetadata(string accessToken) {     // HttpClient の作成     using (HttpClient httpClient = new HttpClient())     {         //  Web API アドレスの作成         string…


Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 1: 概要

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2016 がリリースされてから数週間が経ちましたが、 お試しいただいていますでしょうか。Dynamics CRM Online の 30 日間トライアルを申し込むと Dynamics CRM 2016 の新機能を検証いただくことが可能です、是非お試しください。 今回は、Dynamics CRM 2016 の新機能から対話型サービスハブについて紹介します。 概要 新しい対話型サービスハブは、日常のジョブを単純化するように設計されており、 特に顧客サービス向けに最適化されています。重要な情報が一か所に統合され、 注意を要する事柄に焦点を当てることができます。 これまで提供されていた Dynamics CRM の画面とは異なる画面が提供されます。 これまでのサービス機能はそのまま利用可能ですが、よりタスクベースの顧客サービスを 提供可能したい場合、対話型サービスハブをお勧めいたします。 アクセス方法 対話型サービスハブは、以下の URL にアクセスします。 Microsoft Dynamics CRM (設置型): http(s)://<CRM Server>/<orgname>/engagementhub.aspx Microsoft Dynamics CRM Online​​ : https://<CRM Server>.crm#.dynamics.com/engagementhub.aspx またログイン直後に出てくるポップアップからアクセスすることも可能です。 1. Dynamics CRM にログインします。 2. 以下画面のメッセージが表示されたら、「今すぐ試す」ボタンをクリックします。 3….

0

Dynamics CRM 2016 SDK 新機能: メタデータ Web API その 1: エンティティ

あけましておめでとうございます。 年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか。私は主に Windows Universal Application を作って遊んでおりました。 今年も Microsoft Dynamics CRM に関連する記事を公開して参り ますので、ご愛読いただきますようお願いいたします。 さて、前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 SDK の新機能として 正式版となった Web API について紹介します。 今回から Web API の機能よりメタデータサービスの詳細を紹介しますが 初回はまずエンティティメタデータの操作を紹介します。 概要 既存の組織サービス同様、Web API を利用してメタデータを操作する ことが可能です。サポートされる操作は多岐に渡りますが、今回は エンティティの操作を紹介します。 エンティティの作成 まずカスタムエンティティを作成します。 プログラムの実装 1. 前回利用した Visual Studio ソリューションを開き、Program.cs ファイルを開きます。新しく以下のメソッドを追加します。 public async Task RunEntityMetadata(string accessToken) {     // HttpClient の作成     using (HttpClient httpClient…