Dynamics 365 更新プログラム スケジュール


みなさん、こんにちは。

 

Dynamics 365 (オンライン) 更新プログラム スケジュールについての案内が、2016 年 11 月 5 日に英語の電子メールで管理者宛てに送信されてます。今回は、この Dynamics 365 (オンライン) の電子メール内容の翻訳版を案内します。

 

タイトル:

Awareness: Scheduling your Organization for a Microsoft Dynamics 365 Update

通知: Microsoft Dynamics 365 更新プログラムのスケジュールが開始されます

 

image

 

電子メールの翻訳内容

==================================================

 

通知: Microsoft Dynamics 365 更新プログラムのスケジュールが開始されます

Microsoft Dynamics 365

Dynamics 365 のロールアウトに伴い、組織に適用する更新プログラムについて、お客様が効率よくスケジュールできるよう、以下の情報を共有いたします。


顧客主導更新 (Customer-Driven Update: 以下 CDU) プロセスの最新情報:

  • より柔軟な選択肢: 2016 年 12 月より、Dynamics 365 更新プログラムの適用に関するスケジュール (以下更新スケジュール) が開始されます (更新日を週末に指定することも可能です)。更新スケジュールの日程はスケジュール可能な日付のみに制限されており、先着順での設定となります。
  • 更新スケジュール: 2017 年 1 月から 6 月に適用可能な更新プログラムについて、2016 年 12 月よりスケジュールが開始されます。Microsoft Dynamics 365 へアップデートするまで、最大 6 か月のアップデート猶予期間があります。
  • 必須アップデート: 基本的に、お客様はこの更新プログラムのスケジュールを管理できます。ただし、前回の更新プログラムを適用しておらず、CRM Online 2016 (8.0 またはそれ以前のバージョン) を利用している場合は、Dynamics 365 (8.2) へのアップデートが自動的にスケジュールされます。詳細については、「更新プログラムのポリシー」を参照してください。
  • 更新スケジュールへの承認: 更新プログラムを適用するには、更新日よりも前に管理者による承認が必要です。Dynamics 365 管理センターで [更新] タブをクリックし、組織を選択して [更新の承認] をクリックするか、[今すぐ更新を管理] をクリックして “代替日時” で日付を指定してください。必須アップデートには承認が必要ありません。この場合は自動的に日付が設定されます。
  • より効率的に検証: 管理者は、実稼働インスタンスに更新プログラムを適用する前に、サンドボックス インスタンス (非実稼働インスタンス) をスケジュールできます。Dynamics 365 管理センターで、実稼働インスタンスとサンドボックス インスタンスの両方の更新スケジュールを簡単に確認できます。
  • 組織が常に最新情報を把握している状態に: 管理者は、Dynamics 365 管理センターから、この更新についての通知がより多くのユーザーへ送信されるよう設定できます。Dynamics 365 管理センターの [インスタンス] タブで、右側のペインから [通知] を選択して電子メール アドレスを入力すると、他のユーザーやパートナーに更新スケジュールに関する電子メール通知を送信できます。パートナーにすべての更新プロセスを周知しておくことが、成功の鍵となります。この最善方法として、管理している各組織が通知を受信するよう、組織の電子メール アドレスを追加しておくことが挙げられます。電子メール通知の受信者は、管理者である必要はありません。また、追加ライセンスも必要ありません。

 

この更新プログラムへの 3 つの準備:

  1. 知る: 機能やサービス投資の詳細については、「Microsoft Dynamics 365 ロードマップ」 (英語) で最新情報を確認してください。
  2. 準備する:Microsoft Dynamics CRM Online 更新プログラムの管理」を参照してください。
  3. 協力する: パートナーと Microsoft チームは、お客様の更新の成功に協力いたします。

Dynamics 365 の機能をぜひお試しください。本更新プログラムについて、お客様の成功のために尽力し、サポートいたします。

==================================================

 

Dynamics 365 サポート

野田

Comments (1)

  1. 日立ソリューションズ 林 より:

    まさに、知りたかった記事なので、大変助かりました。

Skip to main content