Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 対話型サービス ハブの機能強化


みなさん、こんにちは。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から
対話型サービス ハブの機能強化について紹介します。

概要

対話型サービスの強化ポイント 2 点です。

- IFrame および Web リソースを追
- SLA タイマーの追加

IFrame および Web リソースを追加

対話型サービス ハブで Web リソースを追加する例として、
フォームの OnLoad 処理にポップアップを表示する JScript を設定します。

Web リソースの追加

1. Dynamics CRM にログインします。

2. [設定] > [カスタマイズ] をクリックします。

image

3. [システムのカスタマイズ] をクリックします。

image

4. [Web リソース] をクリックします。

image

5. [新規] をクリックします。

image

6. JScript を追加します。

image

7. [テキスト エディター] をクリックします。

image

8. 警告を表示する関数を記載します。[OK] ボタンをクリックします。

image

9. [上書き保存] をクリックします。[公開] をクリックします。

image

 

フォームに Web リソースを追加

続いて追加した JScript をサポート案件エンティティのフォームに追加します。

1. [設定] > [カスタマイズ] をクリックします。

2. [システムのカスタマイズ] をクリックします。

3. [サポート案件] > [フォーム] をクリックします。

image

4. 対話型サービスのフォームを開きます。

image

5. [フォームのプロパティ] を開きます。

image

6. [追加]ボタンをクリックします。

image

7. Web リソースを選択し、[追加] をクリックします。

image

8. フォームに Web リソースが追加されます。

9. イベントハンドラーの OnLoad イベントにて関数を指定します。[追加] をクリックします。

image

10. [関数] を入力し、[OK] ボタンをクリックします。

image

11. [OK] をクリックします。

image

12. [保存] をクリックします。[公開] をクリックします。

image

動作確認

1. 対話型サービス ハブを開きます。Dynamics CRM にログインし、[設定] > [対話型サービス ハブ] をクリックします。

image

2. [サービス] > [サポート案件] をクリックします。

image

3. レコードを開きます。

image

4. レコードを開いたと同時に、アラートが表示されることが分かります。

image

SLA タイマーの追加

対話型サービス ハブのフォームにタイマーを設定します。

フォームにタイマーを追加

サポート案件エンティティのフォームにタイマーを追加します。

1. Dynamics CRM にログインします。

2. [設定] > [カスタマイズ] をクリックします。

3. [システムのカスタマイズ] をクリックします。

4. [サポート案件] > [フォーム] をクリックします。

image

5. 対話型サービスのフォームを開きます。

6. [挿入] > [タイマー] をクリックします。

image

7. 成功条件を設定します。

image

8. [OK] ボタンをクリックします。

9. タイマーがフォームに追加されます。

image

10. [保存] をクリックします。[公開] をクリックします。

image

動作確認

1. 対話型サービス ハブを開きます。Dynamics CRM にログインし、[設定] > [対話型サービス ハブ] をクリックします。

2. [サービス] > [サポート案件] をクリックします。

3. レコードを開きます。

4. タイマーがカウントダウンされていることが分かります。

image

5. [見込みありと評価する] ステップ の [エスカレート済み?] をありに設定します。

image

6. タイマーのカウントダウンが止まったことが分かります。

image

まとめ

対話型サービス ハブにスクリプトを実装できようになったことで実現性の幅が広がったと思います。
是非ご活用ください。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content