Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: モバイル アプリケーション その 3


みなさん、こんにちは。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能からフィールド サービスについて紹介します。
本記事はシリーズもののため、前回の記事をご覧になっていない方は合わせてご参照ください。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 概要
Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 事前準備
Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 作業指示書の作成、割り当て
Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 予約の確認、作業完了報告
Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: スケジュール ボード
Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: モバイル アプリケーション その 1
Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: モバイル アプリケーション その 2

モバイル アプリケーション

前回の記事に引き続きモバイル アプリケーションの詳細を紹介していきます。
今回は、モバイル アプリケーションのセットアップについて紹介します。
本記事で今回紹介する操作は、Windows ストアからダウンロードしたアプリケーションの操作です。

– ログイン情報
– オンラインモードの条件
– 自動同期のタイミング
– 表示言語
– 個人ビューの管理
– 添付ファイルサイズの最大サイズ
– 同期の最大レコード数
– 表示するエンティティ

ログイン情報

ログイン情報を変更することができます。

1. Field Service モバイル アプリケーションを起動します。

2. [セットアップ] をクリックします。

image

3. CRM のリンクをクリックします。

image

4. 現在ログインしているアカウント情報が表示されます。
ログインユーザーを変更する場合はこちらを変更します。

image

オンライモードの設定

どういった条件のときにオンラインモードにするか設定します。

1. [セットアップ] > [オンライン モード] をクリックします。現在の設定内容が表示されます。

image

2. 常時に変更します。

image

3. 右上の保存アイコンをクリックします。

image

4. アプリケーションを再起動します。

image

5. 起動した直後、アイコンがオンラインになっていることが分かります。

image

自動同期のタイミング

Dynamics CRM Online と自動同期するタイミングを設定します。

1. [セットアップ] > [自動同期] をクリックします。現在の設定内容が表示されます。

image

2. 自動同期のタイミングを選択します。

image

表示言語

1. [セットアップ] > [言語] をクリックします。現在の設定内容が表示されます。

image

個人ビューの管理

モバイル アプリケーション内で作成した個人ビューを管理することができます。

image

ビューの確認

1. [セットアップ] > [個人用ビュー] のリンクをクリック

2. 個人用ビューの一覧が表示されます。

image

ビューの変更

1. 特定のビューをクリックするとメニューが表示されます。

image

2. [その他] をクリックします。

image

3. 検索条件とビューの名前を変更できます。

image

image

 

ビューの複製

1. 特定のビューをクリックするとメニューが表示されます。

image

2. [clone] をクリックします。

image

3. 元のビューの検索条件、名前を引き継いだ状態でビューが作成されます。

image

image

4. 適時変更して、右上のアイコンをクリックします。

image

5. 新たにビューが作成されます。

image

ビューの削除

1. 特定のビューをクリックするとメニューが表示されます。

2. [削除] をクリックします。

image

3. 削除をクリックします。

image

4. ビューが削除されます。

image

添付ファイルサイズの最大サイズ

添付ファイルの最大サイズを指定することができます。

1. [セットアップ] をクリックします。

2. 添付ファイルの最大サイズ(Byte)を設定します。既定値は、1 MB です。

image

3. 最大サイズ以上のファイルを添付しようとするとエラーが発生します。

image

同期の最大レコード数

同期する際の最大レコード数を指定します。

1. [セットアップ] をクリックします。

2. 同期の最大レコード数を設定します。既定値は 10,000 レコードです。

image

表示するエンティティ

モバイル アプリケーション上に表示するエンティティを選択することができます。

1. [セットアップ] をクリックします。

2. エンティティのリンクをクリックします。

image

3. 現在の表示状態が表示されます。

image

4. タスクを非表示に設定します。

image

5. 右上のアイコンをクリックします。

image

6. アプリケーションの再起動が促されます。再起動します。

image

7. 起動後に、活動をクリックします。

image

8. タスクのレコードが表示されていないことが分かります。

image

9. 下矢印のアイコンをクリックします。

image

10. 表示する活動を選択するメニューをクリックします。

image

11. タスクがメニューから消えていることが分かります。

image

まとめ

いかがでしょうか。フィールド サービスのモバイル アプリケーションは iPhone Android といった
主要なモバイル プラットフォームでも同じ機能を提供します。
Dynamics CRM Online をご利用の際は、是非フィールド サービスをご検討ください。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content