Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: フィールド サービス: 概要


みなさん、こんにちは。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能からフィールド サービスについて紹介します。
現時点で設置型では利用できません。

 

概要

フィールド サービスは、作業員をお客様先へ派遣するような派遣型のサービスに特化した新機能です。
Microsoft Dynamics CRM Online を拡張し、完全なフィールド サービス管理ソリューションを提供します。
これにはサービスの場所、顧客資産、予防メンテナンス、顧客の維持、作業指示書の管理、リソース管理、製品在庫、
スケジュール設定とディスパッチ、モバイル機能、コラボレーション、顧客請求、および分析が含まれます。

本機能は、マーケット プレースよりソリューションをインポートすることにより有効化します。
今回は、Dynamics CRM 評価版のため、ソリューションも試用版を試用した操作を紹介していきます。

インストール

1. Dynamics CRM にログインします。

2. [設定] > [カスタマイズ] > [ソリューション] をクリックします。

3. [マーケットプレースからソリューションを取得] をクリックします。

image

4. [Trial for Field Service] の [試用する] をクリックし、[続行] します。

image

5. 別ウィンドが起動し処理中と表示されます。

image

6. 完了すると、ソリューションをインストールしてもらうよう管理者へメモを送信します。

image

7. 管理者に設定されているメールアドレスにメールが送信されます。メール本文のリンクを開き、同意します。

image

8. CRM Online 管理センターへ自動遷移し、フィールドサービスの試用ソリューションがインストールされます。

image

9. インストールが完了になったことを確認します。

image

10. Dynamics CRM の画面において、ソリューションがインポートされていることが分かります。

image

 

セキュリティ ロール

インストールにより 4 つのセキュリティグループが追加されます。実行したユーザーにはこれらのロールは割り当てられませんが、
システム管理者ロールを持っているためすべての機能が利用できます。

image

[フィールド サービス管理者] すべてのフィールド サービス エンティティへのグローバル アクセスが可能。

[フィールド サービス ディスパッチャー] スケジュールを担当し、リソースと作業指示の管理を行う担当者。

[フィールド サービス リソース] 実際に現場に行く作業担当者。モバイル デバイスからフィールド サービスにアクセス可能。

[フィールド サービス在庫の購入] 発注書、および RMA、および RTV を担当する担当者。

 

まとめ

次回からフィールド サービスの詳細について紹介していきます。
お楽しみに。

 

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content