Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : モバイル オフライン同期


みなさん、こんにちは。

2016 年 5 月 23 日にリリースされた、Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 (Dynamics CRM Spring 2016 Wave) の
新機能から、モバイル オフライン同期をご紹介します。現在のところ、Dynamics CRM 設置型では利用できません。

 

概要

このバージョンでは、モバイル クライアント向けの機能がいくつか強化されています。その一つがモバイル オフライン同期です。

従来、Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM - Outlook アドインの Dynamics CRM クライアントでは、
オフラインでの機能が提供されていました。ユーザーがオフラインでもデータにアクセスし、ネットワークに接続されていなくても、
いつもと同じようにデータにアクセスし、作業をして、データの変更や登録を行えるようになっていました。
また、フィルターにより同期するデータの指定ができ、モバイル環境に最適化されていました。

この機能がスマート フォンやタブレット用のモバイル アプリケーションでも提供されました。
例えば、ネットワークに接続されていないときでもデータの更新や削除をしたり、新しくレコードを追加して
いつもと同じように保存できます。

この機能を利用するには、以下のいずれかの条件が必要です。

  • 少なくとも 5 つのプロフェッショナル CRM Online ライセンス
  • 少なくとも 1 つのエンタープライズ CRM Online ライセンス

 

モバイル オフラインの同期の有効化

この機能を利用するには、まずモバイル オフラインの同期の有効化を行います。

  1. Dynamics CRM サイトに管理者としてサインインします。
  2. [設定] - [Mobile Offline] をクリックします。
    ※このメニューがない場合は、使用の条件を満たしていないため、機能が利用できません
    image
  3. [Mobile Offline の構成] をクリックします。
  4. "免責事項" を確認し、[続行] をクリックします。
    免責事項には、次のように記述されています。"このコマンドを有効にすることで、自身のデータを外部システムと共有することに同意したことになります。
    詳細については、この機能の技術文書を参照してください"
    モバイル オフライン同期では、データを Microsoft Azure サービスを使用してモバイル クライアントと
    Dynamics CRM を定期的に同期するため、外部システムにデータを置くことにを承諾する必要があります。
  5. [Mobile Offline] で、[有効化] をクリックし、[保存] をクリックします。

 

モバイル オフライン同期の設定

モバイル オフライン同期の設定は、以下のように行えます。

  • エンティティでのモバイル オフライン設定
    エンティティをモバイル オフライン同期のデータ対象にするかどうかを指定します。
    また、データのフィルター条件の設定も可能です。既定では、過去 10 日間のデータが対象です。
    [設定] - [カスタマイズ] - [システムのカスタマイズ] で各エンティティのプロパティで設定します。
    image
  • モバイル オフライン プロファイル
    モバイル オフライン同期のフィルター設定のセットです。
    また、この設定の中でどのユーザーに適用するか、ユーザーの追加によって指定できます。
    既定では、サービスと営業の二つのロール向けのサンプル プロファイルが用意されています。
    [設定] - [Mobile Offline] -[Mobile Offline プロファイル] で設定します。
    image
  • モバイル オフラインの設定
    システム全体に対するモバイル オフライン同期の規定の設定です。
    既定のモバイル オフライン プロファイル、競合の検出をするかどうかを指定します。
    [設定] - [Mobile Offline] -[Mobile Offline の設定] で行います。
    システムの設定の [携帯電話] タブの内容と同じです。
    image

 

クライアント側の操作

ネットワークに接続されている状態では、データは定期的に同期されます。
オフライン中に作業したデータも同期されます。
ユーザーは、ネットワークの接続状態に関係なく、いつもと同じ操作でデータを編集したり、新規にレコードを登録することができます。

モバイル クライアントでは、モバイル オフライン同期が利用可能になっている場合は、画面左下に "利用可能" と表示されます。
IMG_1945
ネットワークに接続されていなくても、同期されているデータを使って作業したり、編集や削除ができるほか、新規にレコードを追加できます。
IMG_1950
IMG_1948 IMG_1949

オフライン中に変更したレコードを、ほかのユーザーも変更し手同期した場合、競合を検出させることもできます。
競合検出をする場合は、[Mobile Offline の設定] で有効にしておく必要があります。
IMG_1951 IMG_1953

 

まとめ

いかがでしょうか。
モバイル オフライン同期により、ユーザーはネットワークの接続状態を気にすることなく、いつもと同じ操作で作業できます。
ぜひ使ってみてください。

Microsoft Online 全般についての TechNet ブログも訪れてみてください。
「The new full offline experience with mobile Dynamics CRM apps (英語)」
https://blogs.technet.microsoft.com/lystavlen/2016/04/21/the-new-full-offline-experience-with-mobile-dynamics-crm-apps/

 

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

– Dynamics CRM サポート  片岡クローリー 正枝


Comments (0)

Skip to main content