Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 2


みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、2016 年 5 月 23 日にリリースされた、プロジェクト ベースの営業機能をご紹介します。
現在のところ、Microsoft Dynamics CRM 設置型では利用できません。

シリーズもののため、前回の記事を見てからご覧ください。

Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 1

シリーズの第 2 回目では、プロジェクト ベースの営業をより簡単にイメージしていただくために、
どのようなレコードが利用できるか、確認してみましょう。
今回は、サンプル レコードを例にとっています。サンプル レコードは、ダウンロード センターから
ダウンロードして利用できます。

次回以降のブログで、実際にレコードを作る手順をご紹介します。かなり詳細な手順として
記述しますので、今回は全体の流れを、実際のメニューも併せてご確認ください。

 

[プロジェクト サービス] をインストール

プロジェクト ベースの営業機能を利用するには、プロジェクト サービスのアドインをインストールします。

    1. Dynamics CRM サイトにシステム管理者としてサインイン
    2. [設定] – [ソリューション] で、[マーケット プレースからソリューションを取得] をクリック
      image
    3. “Trial for Project Service Automation” で、[試用する] をクリック
      image
    4. 表示されたダイアログ ボックスを確認し、[続行] をクリック
    5. アプリケーションの追加先を確認し、さらに使用契約に同意のチェックを入れ、[同意する] をクリック
      demo-11-3
    6. インストールの状況を確認するには、以下の手順で操作します
      Office 365 ポータル http://portal.office.com に管理者としてサインイン
    7. 画面左側のナビゲーションから、[管理センター] – [CRM] をクリック
    8. [CRM Online 管理センター] で、[プロジェクト サービス] を利用したいインスタンスを選択し、
      [ソリューション] の編集ボタンをクリック
    9. [プロジェクト サービス自動化の試用] の [状態] を確認
      demo-11-4

 

 

プロジェクト ベースの営業機能で使用する主なレコードの確認

主なレコードを挙げながら、作業の流れを紹介します。

<営業案件レコード>

  1. 画面上部のナビゲーションから、[プロジェクト サービス] モジュールをクリックします。
    多くのメニューが追加されていることが確認できます。
    demo-12-1
  2. [プロジェクト サービス] – [営業案件] で、プロジェクト ベースの営業案件レコードを作成します。
    フォームがプロジェクト ベースのものになっていることを確認してください。
    なっていない場合は、レコード名の上にある、フォームの切り替えドロップ ダウンで切り替えます。
    通常の営業案件のフォームに見えますが、ビジネス プロセスや、営業案件品目、見積もりなどが
    プロジェクト管理用に若干異なることが確認できます。
    demo-12-2
    demo-12-3demo-12-4
  3. 営業案件レコード内の、[見積もり] には、見積もりレコードが登録できます。
    見積もりレコードのフォームでは、通常の見積もりのフォームに見えますが、[見積依頼明細行] で、
    [プロジェクトベースの明細行] という項目が入れられることが確認できます。
    [見積依頼明細行] レコードを [プロジェクト] レコードに関連付けて、プロジェクトの計画と管理を行えます。
    demo-12-5

 

<プロジェクト レコード>

  1. [プロジェクト サービス] – [プロジェクト] では、プロジェクト レコードを作成できます。
    プロジェクトに関連した営業情報やチーム、ステータス状況が確認できます。
    demo-12-6
  2. 画面上部のナビゲーションから現在選択中のプロジェクト レコード名の右横の下向き矢印をクリックし、
    [作業分解構造] をクリックします。
    demo-12-7
  3. プロジェクトのタスクがリストとガント チャートで表示されます。
    この画面で、タスクの作成と管理が行えます。
    demo-12-8
  4. 画面中ほどのメニューから [プロジェクト チームの作成] をクリックします。
    タスクを実行するために必要なロールとその人数が [リソース] 列に表示されます。
  5. プロジェクト フォームから、[チーム] をクリックします 。
    image
  6. [チーム] サブ グリッドの [レコード確認] アイコンをクリックします。
    demo-12-10-1
  7. [プロジェクト チーム メンバー関連ビュー] に切り替わります。
    プロジェクトのタスク実施に必要なリソースが表示されます。
    demo-12-11
  8. メニューから [予約の維持] をクリックします。
    この画面で、リソースの予約と予約状況の確認ができます。
    demo-12-12
  9. 選択しているプロジェクト レコード名 の右横の下向き矢印をクリックし、[プロジェクト見積もり] をクリックします。
    この画面で、プロジェクトのスケジュールとコストの計画が立てられます。
    demo-12-13
  10. 選択中のプロジェクト レコード名の右横の下向き矢印をクリックし、[プロジェクトの追跡] をクリックします。
    この画面で、プロジェクトの進捗状況の確認が行えます。
    demo-12-14

 

まとめ

いかがでしょうか。プロジェクト ベースの営業管理機能は、今までの Dynamics CRM にはなかった機能で、
イメージがしづらい方が多いかもしれません。
ご覧いただいたように、プロジェクトの引き合いから計画、管理と評価まで一貫して行える、多機能なモジュールです。
次回は、営業担当者がプロジェクト ベースの営業案件や見積もりを作成する手順をご紹介します。

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

– Dynamics CRM サポート  片岡クローリー 正枝

Comments (0)

Skip to main content