Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 強化された Power BI 統合: Power BI タイル


みなさん、こんにちは。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から
強化された Power BI 統合について紹介します。

 

概要

強化された Power BI 統合のポイントは 2 点です。

- Dynamics CRM 個人用ダッシュボードへ Power BI タイルの挿入
- Dynamics CRM 設置型のデータを利用したレポート

今回は、個人用ダッシュボードへ Power BI タイルの挿入を紹介します。

事前準備

個人用ダッシュボードに追加する前に、Power BI にダッシュボードを追加します。
事前に Power BI のコンテンツパックを利用して “Dynamics CRM Sales Manager“ ダッシュボードを作成します。
詳細は作成手順は以下の記事を参照ください。

PowerBI.com で Dynamics CRM Online のデータを解析する: その 1 コンテンツパック概要

image

 

機能の有効化

Dynamics CRM にて機能を有効化します。

1. Dynamics CRM にログインします。

2. [設定] > [カスタマイズ] > [システム] の設定をクリックします。

3. [全般] タブ下部にある Power BI タイルの埋め込み機能を [はい] に変更します。 

image

 

Power BI タイルの埋め込み

個人ダッシュボードを作成します。

1. [営業] > [ダッシュボード] をクリックします。

image

2. [新規] をクリックします。

image

3. 好きなレイアウトを選択し、[作成] します。

image

4. [名前] を入力し、左上のタイルを選択した状態でアイコンまたは [Power BI タイル] をクリックします。

image

5. 選択可能な Power BI ダッシュボードを選択し、埋め込む Power BI タイルを選択します。

image

6. [OK] をクリックします。

7. [上書き保存] して [閉じる] をクリックします。

8. 個人ダッシュボードに Power BI タイルが挿入されました。

image

 

まとめ

今回は、Power BI タイルを個人ダッシュボードへ挿入する手順を紹介しました。
次回は、Dynamics CRM 設置型のデータを Power BI で分析する方法を紹介します。

 

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content