Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: フィードバックや評価: カスタマイズ


みなさん、こんにちは。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から
フィードバックや評価について紹介します。
今回はサポート情報記事以外のエンティティに対するフィードバックを行う方法について紹介します。
前回の記事を見られていない方は合わせてお読みください。

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: サポート情報記事に対するフィードバックや評価: 概要

 

カスタマイズの概要

前回の記事では、既定で機能が有効なサポート技術記事エンティティにフィードバックを行う操作を紹介しました。
本機能はそれ以外のエンティティでも利用することが可能です。 今回の記事では、サポート案件エンティティに対して
機能の有効化の方法から、 フィードバックを集計するためのカスタマイズの方法を紹介します。

 

機能の有効化

1. Dynamics CRM にログインします。

2. 設定 > カスタマイズ > システムのカスタマイズ をクリックします。

image

3. サポート案件をクリックします。

image

4. [全般] タブの [フィードバック] を ON にします

image

5. 保存します。

 

フォームにサブグリッドの追加

6. [フォーム] から メインフォームを開きます。

image

7. [挿入] タブからサブグリッドをクリックします。

image

8. 名前、データソースのエンティティを [フィードバック(関連)] を入力します。

image

9. [設定] ボタンをクリックします。

10. フォームにサブグリッドが表示されました。

image

11. 保存して閉じます。

 

ロールアップフィールドの追加

12. フィールド から 新規 をクリックします。

image

13. 10 進数のロールアップフィールドを追加します。

image

14. 編集をクリックし、ロールアップの条件、集計方法を設定します。

image

15. 保存して閉じます。 フィールドのフォームも保存して閉じます。

16. [フォーム] から メインフォームを開きます。

17. サブグリッドの上に、ロールアップフィールドを追加します。

image

18. 保存して閉じます。

19. サポート案件エンティティを公開します。

image

 

動作確認

1. Dynamics CRM にログインします。

2. サービス > サポート案件 をクリックします。

3. 既存の案件を開きます。

image

4. フィードバックのサブグリッドの [+] アイコンからフィードバックを追加します。

image

5. 検索アイコンから [新規] をクリックします。

image

6. フィードバックを入力します。

image

7. さらに 1 件登録し、合計 2 件のフィードバックを入力します。

image

8. ロールアップフィールドのアイコンをクリックします。

image

9. 正規化された評価が自動計算されます。

image

 

まとめ

いかがでしょうか。もし提供しているシステムに対するフィードバックを集めたい場合、
なるべく開発せず費用を抑え、容易に導入できる機能ではないかと思います。是非ご利用ください。

 

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content