機能変更のお知らせ


みなさん、こんにちは。

Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および、Microsoft Dynamics CRM 2016 サービス パック 1 における

機能変更についてお知らせします。本記事は、米国チームのブログにて投稿された内容を基に記載しています。

 

情報元: Deprecation announcements with Dynamics CRM Online 2016 Update 1 and Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1

====================================================

Dynamics CRM を使用いただいている皆様に最適な機能を提供し続けるため、古い機能をより良いものに置き換える必要があります。

そのため、みなさんが事前に古い機能から新しい機能に変更する準備ができるよう変更内容を告知します。

これら古い機能の利用は、当分の間引き続きサポートしますが将来的に削除される可能性があるため推奨されません。

既存のシステムで利用されている古い機能を新しい機能へ変更する必要があります。

これらのドキュメントは技術者を対象にしたものです。

MSDN は開発者向け、 TechNet は管理者および、IT プロフェッショナルを対象にしています。

これらの役割の両方に該当する方は、内容が一部重複しますが両方を読んでください。

このドキュメントは、主な変更点と詳細な情報へのリンクが含まれています。

 

Dynamics CRM 2011 エンドポイント

Dynamics CRM 2011 エンドポイントの利用は推奨されません。

アプリケーションから CRM に接続する際に、新しい Web API (4 つの OData エンドポイント) を利用することを強く推奨します。

なお、プラグインやワークフローは、既存の SDK アセンブリを続けて利用することができます。

今後のリリースにおいて Dynamics CRM 2011 エンドポイントを、新しい Web API に置き換えるため SDK アセンブリを修正します。

Microsoft Dynamics CRM 2011 endpoint

 

CRM SDK アセンブリの更新

SDK のアセンブリを更新しています。最近リリースしたアセンブリには、すでに CRM Online のセキュリティに関する変更が適用されています。

CRM Online に接続するアセンブリの古いバージョンを使用しているアプリケーションは、更新されたアセンブリを再リンクする必要があります。

Updates to the CRM SDK assemblies

 

レガシーフォームのレンダリングオプションの削除

image

レガシーフォームのレンダリングを使用する機能を削除します。

これはすべてのフォームに対して CRM Online 2015 年更新 1 で導入された

改良された新しいフォームのレンダリングが使用されることを意味します。

この新しいレンダリングは、ページの基になるドキュメント オブジェクト モデル (DOM) が変更され、

サポートされていないメソッドを使用したスクリプトが動作しなくなる可能性があります。

また、サポートされている Xrm.Page クライアント オブジェクト モデルにおいても、

完全に下位互換性がないものがいくつかあります。

このオプションを利用している場合、オプションをオフにしてフォームをテストを開始してください。

望ましくない動作が発生した場合、サポートされていないスクリプトを無効にして、

サポートされていないスクリプトまたは下位互換性の問題かどうかを理解します。

下位互換性の問題は、CRM 問題解決のヘルプを表示するテクニカル サポートにお問い合わせください。

Removal of legacy form rendering option

 

ナレッジ管理エンティティ

KbArticle, KbArticleComment, KbArticleTemplate エンティティの利用は推奨されません。

CRM 2016 および CRM Online 2016 で紹介した新しい KnowlegeArticle エンティティを使用する必要があります。

Some knowledge management entities

古い Android バージョンの非サポート

将来リリースされる Android 用 Microsoft Dynamics CRM アプリにおいて、

いくつかの古い Android オペレーティングシステムのバージョンがサポートされなくなります。

Removal of support for some Android versions

 

Microsoft Dynamics CRM リストコンポーネント

Dynamics CRM Online 2015 更新プログラム 1 のリリースによって、非推奨の通知を最初に発表しましたが、

SharePoint Server 用 Microsoft Dynamics CRM リスト コンポーネント を

現在使用している顧客にはサーバー ベースの Microsoft SharePoint 統合を使用することを推奨します。

Microsoft Dynamics CRM List Component is deprecated

 

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content