Dynamics CRM 2016 Online : Office グループ統合の紹介


みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM 2016 の新機能より、Office Group の
統合について紹介します。尚、この機能はオンライン
版のみとなります。

Office グループとは

Office 365 で提供されるサービスで、グループコラボレーションを
実現するための機能となります。詳細は以下のリンクをご覧ください。

Office 365 グループについて

Office グループ統合機能を利用する前提

本機能を利用するには、Office 365 のサブスクリプション、または
SharePoint Online または Exchange Online などのオンライン サービス
に対するサブスクリプションが必要です。詳細は、以下をご覧ください。

Office 365 の紹介および Office 365 と CRM Online との関連付けの方法

Office グループソリューションの構成

Office Group を利用するためには、専用のソリューションを導入
する必要があります。

1. Office 365 管理ポータルに管理者権限でログインします。

2. 管理者メニューより CRM を選択します。

image

3. CRM Online 管理センターより、Office Group 統合を有効に
したい組織を選択し、ソリューションメニューの横にある「編集」
ボタンをクリックします。

image

4. ソリューションの一覧より、Office 365 Groups を選択して、
「インストール」ボタンをクリックします。

image

5. サービス条項の画面で「インストール」ボタンをクリックします。

image

6. インストールが完了するまで、しばらく待ちます。

image

image

7. インストールが完了したら、ブラウザで Dynamics CRM に
接続します。設定より「Office 365 Groups」をクリックします。

image

8. 「エンティティの追加」をクリックします。今回は取引先企業
に対して設定してみます。取引先企業を選択して、必要に応じて、
自動作成にチェックを入れます。自動作成を選択した場合、新規の
レコードが作成されるタイミングで Office グループも作成されます。

image

9, 「すべて公開」ボタンをクリックします。公開完了後、
一度ブラウザをリフレッシュします。

Office グループの作成

構成が完了したので、実際に Office Group を作成してみます。

1. 営業 | 取引先企業より、任意のレコードを開きます。

2. ナビゲーションより関連の中から Office 365 Groups を
クリックします。

image

3. ようこそ画面が表示されます。内容を確認の上、「Office
365 グループの作成」をクリックします。

image

4. グループの作成が開始されます。

image

5. グループが作成されると、Office 365 へのサインインが
表示されます。「サインイン」をクリックします。シングル
サインオンが機能するため、ユーザー名、パスワードを別途
入力する必要はありません。

image

6. ログイン成功後、以下のようにグループの画面が表示
されます。カレンダー、会話、ドキュメント、チームが
表示されます。

image

7. テストとして、会話とドキュメントを追加します。

image

8. チームメンバー欄で、Dynamics CRM にはライセンスは
ないが、E3 ライセンスを持つユーザーを追加します。
「メンバーの追加」ボタンをクリックします。

image

9. 作成された Office グループが開きます。こちらの画面で
再度「メンバーの追加」をクリックします。

image

10. ユーザーが追加されると、メンバーとして表示されます。

image

Office Group の確認

最後に作成された Office グループを確認します。

1. ブラウザで Office 365 ポータルに接続します。

2. アプリケーションランチャーより、メールを起動します。

image

3. 左ペインのメニューにあるグループより、取引先企業名と
同じグループを選択します。

image

4. 先ほど追加した会話やドキュメントが見えることを確認
します。

[会話]
image

[ドキュメント]
image

5. CRM のライセンスがないユーザーでログインしても、同様に
会話とドキュメントが閲覧できることを確認します。

まとめ

Office グループはコラボレーションに特化した Office 365 の機能ですが、
Dynamics CRM でもこの機能を活用することで、CRM ユーザー同士
だけでなく、CRM のライセンスを持たないユーザーとも協業できる
ようになりました。是非お試しください!

- 中村 憲一郎

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (0)

Skip to main content