Dynamics CRM 2016 サーバー側同期の拡張


みなさん、こんにちは。

今回は、Dynamics CRM 2016 におけるサーバー側同期の拡張について紹介します。

サーバー側同期の拡張

– 電子メール連携の状態監視
– Exchange とのハイブリッド構成のサポート
– SharePoint とのハイブリッド構成のサポート

電子メール連携の状態監視

新たにサーバー側同期パフォーマンスダッシュボードが追加されました。
これにより、サーバー側同期におけるメールボックスの状態を監視したり、
トラブルシューティングに役立つ情報を確認することができます。

image

サーバー側同期のトラブルシューティングと監視:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn850386.aspx

Exchange とのハイブリッド構成のサポート

サーバー側同期において、Dynamics CRM Online と Exchange 設置型がサポートされました。
この組み合わせをお持ちの方々は、サーバー側同期を利用することが可能になります。

image

Exchange Server (設置型) への CRM Online の接続:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt622059.aspx

SharePoint とのハイブリッド構成のサポート

これまで Dynamics CRM 設置型で SharePoint と連携してドキュメント管理する場合、
リストコンポーネントを利用した連携のみサポートされていましたがサーバーベースの
SharePoint 統合が可能になりました。
これによりサーバーベースの SharePoint 連携において
4 つのすべての接続コンビネーションをサポートするようになります

– CRM Online から SharePoint Online
– CRM Online から SharePoint 設置型
– (New)CRM​​ 設置型から SharePoint Online
– (New)CRM​​ 設置型から SharePoint 設置型

SharePoint と Microsoft Dynamics CRM との統合のセットアップ:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn531154.aspx

まとめ

本バージョンよりサーバー側同期が強化されより利用しやすくなりました。
特に、Dynamics CRM Online と Exchange 設置型の構成をお持ちの方々は、
この機会に是非サーバー側同期をご検討ください。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content