Dynamics CRM 2016 新機能: 強化された Excel エクスポート


みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM 2016 の新機能より強化された
Excel エクスポートについて紹介します。

概要

今回のリリースで、Excel エクスポートは以下の点が強化
されました。

- エクスポートされるファイル形式
- Excel エクスポートボタンの見直し

エクスポートされるファイル形式

これまでは XML 形式でファイルはエクスポートされており、
Excel で開く際に警告が表示されるという問題や、モバイル版の
Excel では開けないという制限がありました。

今回のリリースからは、ネイティブ形式となり、Excel 2007 以降の
デスクトップバージョン、Excel オンライン、および他の Excel
クライアントなどで開くことが出来ます。

エクスポート時にはフォーマットが維持されるため、Excel 内で
計算した後、再度インポートすることが可能です。

エクセルエクスポートボタンの見直し

今回のリリースでは Excel エクスポートボタンを一度クリック
するだけでデータがエクスポートできるようになりました。
これまでは一度メニューが開き、そこから選択していたため、
より素早いデータエクスポートが可能です。

より詳細な説明については、以下のリンクをご参照ください。

[Excel へのデータのエクスポート]
http://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics/crm-customer-center/export-data-to-excel.aspx

まとめ

ネイティブ形式のエクスポートは以前より要望が多かった機能の
1 つですが、今回のリリースで実現して嬉しい限りです。特に
モバイルでも開ける事は、外出時にデータを確認したい場合に
便利ですので、是非お試しください!

- 中村 憲一郎

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (2)

  1. 匿名 より:

    DCRM onlineでは、エクセル2007は対応していないと伺っていたのですが、2016から対応可能になったのでしょうか。

  2. コメントありがとうございます。

    今回から Excel がネイティブ形式で出力されるようになりましたので、xlsx 形式のファイルが開けるものであれば操作が可能となります。ちなみにこの変更は Microsoft Dynamics CRM 2015 Update 1 からですが、設置型は Microsoft Dynamics CRM 2016 からとなります。

    – 中村 憲一郎

Skip to main content