Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 3: ダッシュボード


みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 の新機能から対話型サービスハブについて紹介します。  
今回は、対話型サービスハブのダッシュボードの詳細を紹介していきます。

Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 1: 概要
Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 2: タスクベース体験

ダッシュボードの種類

対話型サービスハブには、2 つの新しいダッシュボードの種類が追加されました。

マルチストリーム

複数のストリーム(エンティティのビューまたはキュー)でデータを分析することができます。
以下の例では、「アクティブなサポート案件ビュー」「自分の下書き電子メールビュー」など
4 つのストリームを一つのダッシュボード内で分析することが出来ます。

image

単一ストリーム

シンプルに単一の切り口だけでデータを分析したい場合に利用します。

image

タイルでは、タイル固有のストリームに該当するレコード数が表示され、個々のレコードへアクセスすることができます。

image image

標準で準備されているダッシュボード

対話型サービスハブには、標準でダッシュボードのメニューから選択できるダッシュボードと
エンティティ固有のダッシュボードが準備されます。

ダッシュボードのメニューから選択できるダッシュボード

image

– マルチストリーム: ナレッジマネージャー

主にナレッジ管理を担当するマネージャーが利用するためのマルチストリームダッシュボードです。
提案された記事、レビューが必要な記事のビューなど記事の管理業務に必要な情報がまとめられています。

image

– 単一ストリーム: 自分のサポート情報ダッシュボード

自分が作成した記事を分析することが出来ます。

image

– マルチストリーム: Tier 1 Dashboard

主に顧客サービスの担当者が利用するマルチストリームダッシュボードです。
アクティブなサポート案件から自分の下書き電子メールのビューなどサポート担当者に必要な
複数エンティティの情報がまとめられています。

image

– 単一ストリーム: Tier 2 Dashboard

サポート案件顧客サービスの担当者が利用するマルチストリームダッシュボードです。
アクティブなサポート案件から自分の下書き電子メールのビューなどサポート担当者に必要な
複数エンティティの情報がまとめられています。

image

エンティティ固有のダッシュボード

エンティティ固有のダッシュボードを作成することが出来ます。
サポート案件エンティティ固有のダッシュボードを表示する場合、以下の通りアクセスします。

1. 対話型サービスハブにアクセスします。

2. サービス | サポート案件 にアクセスします。

image

3. 左下のアイコンをクリックします。

image

4. サポート案件エンティティ固有のダッシュボードが表示されます。
エンティティ固有のダッシュボードは、マルチストリームのみ作成することが出来ます。

image

ビュー、コマンドバー

対話型サービスハブは、ダッシュボードからタスクを実行するようにデザインされていますが、
ナビゲーションより各エンティティへアクセスする方法も提供しています。

1. 対話型サービスハブにアクセスします。

2. サービス | サポート案件 にアクセスします。

image

3. 自分のアクティブなサポート案件ビューが表示されます。

image

4. 下部にあるアルファベットをクリックすることでレコードを絞り込むことができます。

image

5. ビューのレコードを選択するとコマンドバーが動的に切り替わります。

image

まとめ

次回は、対話型サービスハブのナレッジ管理について紹介していきます。

– プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content