Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 2: タスクベース体験


みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 の新機能から対話型サービスハブについて紹介します。
前回の記事を見られていない方は、是非ご覧ください。

Dynamics CRM 2016 新機能: 対話型サービス ハブ その 1: 概要

ダッシュボードからフォームへ

利用者は、ダッシュボードにより自身が実施すべきタスクを認識します。
タスクを実行するため、各レコードのフォームに遷移します。

image

以下サポート案件のフォームが表示されます。

image

1: 次のレコード

次のレコードへ遷移することができます。

2. タブ

従来のフォームに比べ、よりタブへのアクセスしやすくなりました。
これにより即座に移動したい場所へ移動することが出来ます。

image

3. 顧客カード

顧客カードによりサポート案件フォーム上から顧客の基本情報を参照することができ、
電話や電子メールにて即座に連絡することが可能です。

image

4. コマンドバー

右上のコマンドバーから従来の機能が利用することが出来ます。

image

5. タイムライン

関係する活動の検索や絞り込み、新たな活動の作成が容易にすることが出来ます。

image

またタイムラインのアイテムを検索することが出来ます。

image

タイムラインの情報を日付や属性により絞り込むことが可能です。

image

image

6. 関連

関連セクションには、2 つの機能が利用できます。

[最近のサポート案件と権利]

最近使用したサポート案件および権利が表示されます。

image

[記事の検索]

特定のキーワードを含むサポート情報記事を検索することもできます。

image

7. 業務プロセス

業務プロセスフローを利用できます。
ステージを選択すると内容がフライアウトされ画面スペースを取らず効率的に入力することができます。

image

動作確認

ダッシュボードからレコードの作成、変更、削除の操作を確認してみましょう。

新規作成

1. 簡易作成ボタンからサポート案件をクリックします。

image

2. 情報を入力し、保存ボタンをクリックします。

image

3. ダッシュボード上に表示されます。

image

変更

1. ダッシュボードから作成したレコードをクリックします。

2. 業務プロセスに従い入力します。

image

削除

1. フォームの削除コマンドを実行します

image

2. 確認画面から削除を実行します。

image

まとめ

今回は、対話型サービスハブのフォームについてご紹介しました。
次回は、ダッシュボードの詳細な機能を紹介します。

- プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります

Comments (0)

Skip to main content