Dynamics CRM 2016 SDK 新機能: Web API その 2: ビューを利用したレコードの取得

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 SDK の新機能として、正式版と なった Web API について紹介します。 Web API は Microsoft Dynamics CRM Online 2015 Update 1 にて プレビューとして公開されました。以下の操作はプレビューの時と 同様のコードで実行が可能です。 レコードの作成、読み取り、更新、削除 Upsert を使ったレコードの作成と更新 オプティミスティック同時実行制御 フォーマットされた値の取得 OData クエリの使用例 今回はプレビューから操作方法が変更になっているものとして、ビューを 利用したレコードの取得を紹介します。 概要 ビューを利用したレコードの取得は以下の流れでレコードを取得します。 1. 特定エンティティのビュー一覧を取得します。 2. 取得したビューの情報を利用してレコードの一覧を取得します。 では早速実装していきましょう。 特定エンティティのビュー一覧取得 まず取引先企業エンティティ用のビュー一覧を取得します。 プログラムの実装 1. 前回利用した Visual Studio ソリューションを開き、Program.cs ファイルを開きます。新しく以下のメソッドを追加します。 public async Task RunViewQueries(string accessToken) {    …


Dynamics CRM 2016 SDK 新機能: Web API その 1

みなさん、こんにちは。 今回から数回で、Dynamics CRM 2016 SDK の新機能として、正式版と なった Web API について紹介します。 概要 Web API は Microsoft Dynamics CRM Online 2015 Update 1 にてプレビュー 版として公開されましたが、今回のリリースで正式版となりました。 尚、Web API のリリースを受け、REST エンドポイントは Deprecated となり、今後のリリースで機能が削除される可能性がありますので、 ご注意ください。 提供される機能 Web API は以下の機能がサポートされます。 – OData 4.0 プロトコルのサポート: OData 4.0 についての詳細は次の リンクをご参照ください。 http://www.odata.org/libraries/ – レコードの CRUD (作成、読み取り、更新、削除) – WhoAmI など組織サービス Execute メソッドで実行される各種 組織要求の実行 – メタデータの操作…


Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 5 SDK サポート

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューション フレームワークの機能を紹介します。前回までで UI での操作を紹介しましたが 今回は SDK での操作を紹介します。 過去の記事は以下のリンクよりご参照ください。 ソリューションフレームワークの拡張 その 1 ソリューションフレームワークの拡張 その 2 パッチソリューション ソリューションフレームワークの拡張 その 3 ソリューションのマージ ソリューションフレームワークの拡張 その 4 ソリューションのアップグレード パッチソリューションの作成 CloneAsPatchRequest ベースソリューションである ソリューション A、 バージョン 1.0.0.0 が存在する 前提で以下のコードを実行すると新しいパッチを作成できます。 // CloneAsPatchRequest の作成 CloneAsPatchRequest cloneAsPatchRequest = new CloneAsPatchRequest(); // パッチソリューションの表示名を指定 cloneAsPatchRequest.DisplayName = “ソリューション A”; // パッチのバージョンを指定。既存のパッチレベルより大きいバージョンが必須 cloneAsPatchRequest.VersionNumber = “1.0.1.0”;…


Service Update 2 for Dynamics CRM Online 7.1.1 がリリースされました!

みなさん、こんにちは。 Dynamics CRM Online の管理者様には既に電子メール (英語) で通知されたとおり、Dynamics CRM Online 2015 Update 1.1 (7.1) に修正プログラムがリリースされました。 先月の Service Update 1 for Dynamics CRM Online 7.1.1 に続き、Service Update 2 for Dynamics CRM Online 7.1.1 の修正プログラムが適用されております。   Microsoft サポート技術情報 (英語のみ)URL: https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3110335   概要 – Dynamics CRM Online Update 1.1 (7.1) へのリリースです。設置型にはこのリリースはありません- Dynamics CRM Online Update 1.1 (7.1) の組織へは自動でアップデートされております- 修正された内容等の詳細はサポート技術情報…


Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 4 ソリューションのアップグレード

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューション フレームワークの機能を紹介します。前回は拡張された機能の概要を紹介 しましたが、今回はソリューションアップグレードの動作を確認してみます。 過去の記事は以下のリンクよりご参照ください。 ソリューションフレームワークの拡張 その 1 ソリューションフレームワークの拡張 その 2 パッチソリューション ソリューションフレームワークの拡張 その 3 ソリューションのマージ 事前の準備 前回作成した環境をそのまま利用します。 ソリューションから不要なコンポーネントの削除と追加 前回マージを行ったソリューションから既存コンポーネントを削除し、 新しいコンポーネントを追加します。 1. ブラウザで開発環境へ接続します。 2. 設定 | カスタマイズ | ソリューションよりマージしたソリューションを 開きます。 3. エンティティの一覧より「カスタムエンティティ1」を削除します。 4. 新規 | エンティティより「カスタムエンティティ3」を追加します。 5. エンティティ作成後、「すべてのカスタマイズの公開」をクリックします。 6. 公開完了後、「ソリューションのエクスポート」よりマネージド ソリューションとしてエクスポートします。 パッチソリューションとアップグレードソリューションのインポート 次にリリース環境での動作を確認します。 1. リリース環境にブラウザで接続し、設定 | カスタマイズ | ソリューション へ移動します。今回追加したパッチソリューションをまずインポートします。 2. 次に作成したマージソリューション…


Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 3 ソリューションのマージ

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューション フレームワークの機能を紹介します。前回は拡張された機能の概要を紹介 しましたが、今回はソリューションマージの動作を実際に確認してみます。 過去の記事は以下のリンクよりご参照ください。 ソリューションフレームワークの拡張 その 1 ソリューションフレームワークの拡張 その 2 パッチソリューション 事前の準備 前回作成した環境をそのまま利用します。 パッチソリューションの追加 前回ベースソリューション 1 つとパッチソリューション 1 つを作成しましたが 追加でもう 1 つパッチソリューションを作成します。 1. ブラウザで開発組織に接続します。 2. 設定 | カスタマイズ | ソリューションに移動し、ソリューション A を選択します。 3. 「修正プログラムの複製」ボタンをクリックします。バージョンは既定のままで 作成します。 4. 作成したパッチソリューションを開きます。 5. 新規 | エンティティよりカスタムエンティティを追加します。 6. 以下のように表示名と名前を指定して保存します。 7. カスタムエンティティ追加後、「すべてのカスタマイズを公開」ボタンを クリックします。 8. カスタマイズの公開完了後、「ソリューションのエクスポート」より ソリューションをマネージドソリューションとしてエクスポートします。 ソリューションのマージ 現時点でベースソリューション…


Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 2 パッチソリューション

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューションフレームワークの機能を紹介します。前回は拡張された機能の概要を紹介 しましたが、今回はパッチソリューションの動作を実際に確認してみます。 事前の準備 今回の機能を試すには、開発環境とリリース先の環境が必要となります。 体験版をサインアップするか、設置型の場合は複数の組織を作成してください。 今回は以下の作業を行います。 – カスタムエンティティを 1 つもつベースソリューションの作成 – ベースソリューションに対してパッチソリューションの作成 – パッチソリューションでカスタムエンティティに対してフィールド追加 ベースソリューションの作成 以下の手順でベースソリューションを作成します。 1. ブラウザで開発環境に接続し、設定 | カスタマイズ を選択します。 2. 発行者をクリックして「新規」ボタンをクリックします。 3. 表示名に「CRM 2016 Test」名前に「CRM2016Test」と入力します。 また接頭辞を test にして、「保存して閉じる」ボタンをクリックします。 4. 設定 | カスタマイズ | ソリューションを選択します。 5. 「新規」ボタンをクリックして、発行元に作成した発行者レコードを 指定します。 6. 表示名に「ソリューション A」、名前に「SolutionA」と入力します。 7. バージョンに 1.0.0.0 を指定して、「保存」ボタンをクリックします。 8. ソリューションが一旦保存されたら、新規 | エンティティをクリックします。 9….


Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 1

みなさん、こんにちは。 今回から数回で、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューションフレームワークの機能を紹介します。 概要 これまで、本番環境へリリースしたマネージドソリューションに対して新しい バージョンのソリューションをリリースする場合、以下の問題がありました。 – ソリューションの合計数が増える – 他の環境に展開する場合に、リリースするソリューション数が増える – 他のソリューションが混在する場合、インポート順に蓄積されるため結果が 想定と異なる場合がある – ソリューションに既定の設定も含まれるため、展開先の設定を上書きしてしまう – パフォーマンス問題 今回のリリースではこれらの問題を解決すべく、以下の機能が追加されます。 – パッチソリューションの作成 – パッチは常にベースソリューションのすぐ上の階層にインポートされる – メジャーバージョンリリース時に、ベースソリューションとパッチをすべて 統合して 1 つのソリューションにする – より柔軟な要素のエクスポート – コンポーネントの削除 – パフォーマンスの改善 これらの機能は GUI からも SDK からも操作が可能になっています。 ベースソリューションとパッチソリューション 以下の図はベースソリューションである Solution A (バージョン 1.0.0.0) と パッチソリューションを示しています。 [ベースソリューションとパッチソリューション] ベースソリューションからパッチソリューションを作成する場合は GUI 上からパッチを作成するか、 CloneAsPatchRequest メッセージを 利用して作成します。…


Dynamics CRM 2016 SDK 8.0.0 がリリースされました!!

みなさん、こんにちは。 先日提供が開始された Microsoft Dynamics CRM 2016 に対応した SDK 8.0.0 がリリースされました。以下の リンクよりダウンロード可能です。 Microsoft Dynamics CRM Software Development Kit (SDK) for CRM Online and on-premises CRM 2016 https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=50032 Dynamics CRM 2016 で提供される新しい SDK の情報は今後順次紹介して 行きますので、お楽しみに! ‐ 中村 憲一郎


Microsoft Dynamics CRM 2016 を提供開始しました!!

みなさん、こんにちは。 待望の Microsoft Dynamics CRM 2016 の提供がいよいよ始まりました。 まずは Microsoft Dynamics CRM Online の体験版からバージョンが新しくなります。 情報元: Microsoft Dynamics CRM 2016 を提供開始: インテリジェント カスタマー エンゲージメント の新しい時代の幕開け =================== 以下抜粋 =================== 今日、Dynamics CRM 2016の提供開始を皆さまにお知らせできることを大変うれしく思います。この新しいリリースは、単に最新なだけではなく、私たちのインテリジェント カスタマー エンゲージメントの探求の旅における大きな前進を象徴するものです。 過去数年間にわたり、私たちはCRMのオファリングをマイクロソフトのパワーをフル活用できるものに変えていくことに注力してきました。営業、サービス、マーケティング、そしてソーシャル エンゲージメントの領域で企業がすばらしいカスタマー エクスペリエンスが提供できるよう、インテリジェント クラウドの力を利用するのです。私たちの戦略は明確です。企業がカスタマー エクスペリエンスをパーソナライズ(personalize)できるようにすること ― お客様に最適なときに最適な場所で最適なコンテンツでエンゲージできるようにする。企業により能動的(proactive)にアクションがとれるツールを提供し、分析能力を提供することでトレンドを予期(predict)したりパターンを察知したりできるようにすること ― お客様のニーズや要求を先取りできるようにする。 クラウドサービスのCRM Onlineとオンプレミスの両方の形、44言語、130の国や地域で提供されるDynamics CRM 2016は、従業員がお客様にあらゆるチャネルでエンゲージし、最適なエクスペリエンスを提供することを支援します。私たちは、プロダクティビティとインテリジェンスの領域でマイクロソフトが提供しうるすべてを統合された環境に注ぎ込んでいるのです。Cortana アナリティクス スイートの高度な分析機能やマシン ラーニング機能を持ち込み、営業やカスタマー サービス、ソーシャルの領域におけるインテリジェントで順応型のプロセスの初版を作っています。 クロスセル レコメンデーションを活用したインテリジェントな営業で、営業担当者はお客様が必要とする製品やサービスを予測できる。* ナレッジベース記事の推奨機能を活用したインテリジェントなカスタマー サービスで、サービス担当者の問題解決力を向上し解決時間を短縮。* マシンラーニングが強化する感情分析、膨大なソーシャル データからサポート案件やリードになる投稿を検知する機能を使って、インテリジェントなソーシャルを実現。 Delveの関連性の高いコンテンツの表示機能で、インテリジェントなコラボレーションを実現。…