Dynamics CRM 2016 新機能: ソリューションフレームワークの拡張 その 3 ソリューションのマージ


みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、Dynamics CRM 2016 で拡張されたソリューション
フレームワークの機能を紹介します。前回は拡張された機能の概要を紹介
しましたが、今回はソリューションマージの動作を実際に確認してみます。

過去の記事は以下のリンクよりご参照ください。

ソリューションフレームワークの拡張 その 1
ソリューションフレームワークの拡張 その 2 パッチソリューション

事前の準備

前回作成した環境をそのまま利用します。

パッチソリューションの追加

前回ベースソリューション 1 つとパッチソリューション 1 つを作成しましたが
追加でもう 1 つパッチソリューションを作成します。

1. ブラウザで開発組織に接続します。

2. 設定 | カスタマイズ | ソリューションに移動し、ソリューション A を選択します。

3. 「修正プログラムの複製」ボタンをクリックします。バージョンは既定のままで
作成します。

image

4. 作成したパッチソリューションを開きます。

5. 新規 | エンティティよりカスタムエンティティを追加します。

image

6. 以下のように表示名と名前を指定して保存します。

image

7. カスタムエンティティ追加後、「すべてのカスタマイズを公開」ボタンを
クリックします。

8. カスタマイズの公開完了後、「ソリューションのエクスポート」より
ソリューションをマネージドソリューションとしてエクスポートします。

image

ソリューションのマージ

現時点でベースソリューション 1 つとパッチソリューションが 2 つありますが、
これらをマージするには新しいバージョンのソリューションを作成します。

1. 設定 | カスタマイズ | ソリューションへ移動します。

2. ソリューションの一覧よりベースソリューションを選択します。

image

3. 「ソリューションの複製」ボタンをクリックします。

image

4. ソリューションに対する複製画面が表示されます。バージョンがパッチで
選択できるものより上位のものであることを確認して、「上書き保存」を
クリックします。

image

5. 複製が完了すると、ベースソリューションおよびパッチソリューションが
すべて消えて、アップグレードしたソリューションのみが表示されます。

image

6. 作成されたアップグレードソリューションを開いて、これまでに追加した
カスタマイズがすべて含まれていることを確認します。

[カスタムエンティティ]
image

[カスタムフィールド]
image

まとめ

ベースソリューションを起点にパッチソリューションを作成していき、
ある段階でそれらをまとめて新しいバージョンのソリューションを作成。
それを新しいベースソリューションとしてまたパッチを作成していくと
いう開発サイクルが提示されています。

またソリューションのマージを行うことで、新しい環境にソリューションを
展開したい場合にも 1 度のインポートで行えるメリットがあります。

次回はマージソリューションを本番環境にリリースした場合の挙動と
コンポーネントの削除について紹介します。おたのしみに!

- 中村 憲一郎

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Comments (0)

Skip to main content