Dynamics CRM Online 2015 Update 1: ロールアップ列と計算列の新機能


みなさん、こんにちは。

今回は Dynamics CRM Online 2015 Update 1 で追加されたロールアップ列と
計算列の新機能をまとめて紹介します。

ロールアップ列の新機能

関連した活動レコードのロールアップ

これまでレコードに関連した活動を集計したい場合、電話、電子メール、
タスクなど個別に集計した結果を、計算列で合計する必要がありました。
今回のリリースではこれらを一括して集計することが可能です。

以下手順で利用できます。

1. 任意のエンティティで、新規に列を追加します。ここでは取引先企業に
列を追加してみます。

image

2. 「データの種類」で「整数」を選択し、「フィールドの種類」から
「ロールアップ」を選択して、「編集」ボタンをクリックします。

image

3. 関連より「活動 (関連) 」を選択します。

image

4. 任意の集計を設定して保存します。

計算列の新機能

NOW() 日付関数のサポート

今回のリリースで計算実行時の日付を取得できるようになりました。

DIFF() 関数のサポート

2 つの日付型の値より、以下の粒度で差分を取得できるようになりました。

- DIFFMINUTES() : 分
- DIFFHOURS() : 時間
- DIFFDAYS() : 日
- DIFFWEEKS(): 週
- DIFFMONTHS() : 月
- DIFFYEARS() : 年

早速これらを組み合わせて列を作成してみましょう。

今回はサポート案件が作成されてからの経過時間を計算してみます。

1. サポート案件のカスタマイズよりフィールドを追加します。

image

2. 任意の表示名と名前を付けます。「データの種類」で「整数」を選択し、
「フィールドの種類」から「計算」を選択して「編集」をクリックします。

image

3. 条件でサポート案件が調査中か処理中を選択します。

image

4. 操作に以下の式を追加します。

image

5. 「保存して閉じる」をクリックします。

6. 作成したフィールドをフォームの任意の場所に設置してカスタマイズを
公開します。

7. 任意のサポート案件レコードを開いて、意図した結果が出ていることを
確認します。

image

まとめ

今回リリースされた機能で、これまれ実現できなかったシナリオも実現出来る
ようになりました。個人的には NOW() 関数と DIFF 系関数が非常に嬉しいです。
是非お試しください!

- 中村 憲一郎

Comments (6)

  1. EddieTien より:

    いつも拝見させていただいております。
    NOW() 関数と DIFF 系関数は非常に強力な機能だと思うのですが、制約について伺いたいです。
    記事にあるように案件のオープン経過日数を実装したのですが、viewからこの項目で並び替えができません。
    これは仕様なのでしょうか。

    1. Takaya Kawano より:

      コメントありがとうございます。
      こちらでも検証したところ、計算フィールドのアクションに NOW() 関数を利用していると並び替えができないようです。
      一方、NOW()関数を除き、別の日付時間フィールドに置きかえると並び替えが可能となりました。
      NOW() 関数を除き、別フィールドにて今日の日付を保持するといった代替案で要件を満たせないかご検討頂ければと思います。

      参考情報として公開されている計算フィールドの制約をお送りします。
      https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn832103.aspx#Considerations

      – 河野 高也

      1. EddieTien より:

        ご返信いただきありがとうございます。
        やはりそうなのですね……代替案を検討しようと思います。

        これはNOW()関数が計算フィールドという扱いなのでしょうか。
        公式サイトの計算フィールドの制約からだけだと、「できない」という理由付けが難しく…

        1. Takaya Kawano より:

          NOW()関数も制約に入るかどうかは公開情報では確認できないため、仕様確認が必要となります。お手数ですが弊社製品サポートへお問い合わせください。
          – 河野 高也

          1. EddieTien より:

            問い合わせをさせていただいた結果、NOW()関数は内部的に計算フィールドという扱いなので並び替えできないという回答を頂きました。
            ご返信、ご対応頂きありがとうございました。

          2. Takaya Kawano より:

            お問い合わせいただいた結果を共有いただきありがとうございました。
            – 河野 高也

Skip to main content