Dynamics CRM Online 2015 Update 1: OneNote 統合の紹介


みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM 2015 Online Update 1 で提供される
OneNote 統合について紹介します。尚、構成方法については以下の
記事をご覧ください。

Dynamics CRM Online 2015 Update 1: SharePoint 統合の新機能

概要

OneNote は情報の収集や整理を行う上で非常に強力なツールです。

- 文字、手書き、画像、動画などで情報を入力
- Excel、Word、PowerPoint などなんでも貼り付け
- 共有や電子メールで送信機能で簡単に情報展開
- クロスプラットフォームのサポート

OneNote の概要についてはビデオをご覧ください。
ビデオ: OneNote のご紹介 
ビデオ: OneNote 2013 の新機能

OneNote 統合

以下に Dynamics CRM Online と OneNote 統合の内容を紹介します。

OneNote の表示場所

統合された OneNote はレコードのフォーム上、ソーシャルペインに
表示されます。

image

作成される OneNote ドキュメント

OneNote はレコードごとに個別に作成され、ドキュメントとして
保存されています。またノートはレコード名となり、既定で「無題」
セクションが作成されます。

image

セクションの追加と名前の変更

ソーシャルペインに表示されているものはノートのセクション
となります。以下の手順で既定のタイトル変更および追加の
セクションを作成ができます。

1. ソーシャルペインの ONENOTE より「無題」をクリックします。

2. セクションを右クリックして名前を変更します。今回は名前を
「基本情報」としてみます。

image

3. 画面左側で任意の情報を追加します。

image

4. セクションの「+」をクリックして新しいセクションを追加します。
ここでは「販売戦略」としてみました。

image

4. Microsoft Dynamics CRM Online に戻ります。

5. ONENOTE 一覧に「販売戦略」が追加されていますが、「無題」 は
変わっていないことを確認します。これは一度同期された場合にメタ
データを SharePoint 側で持つためです。

image

6. レコードの関連よりドキュメントを選択します。

image

7. 「無題.one」の列を選択して「プロパティの編集」をクリックします。

image

8. 「基本情報」に変更します。

image

9. レコードのメイン画面に戻って画面をリフレッシュします。

image

ノートブックの確認

ノートブックの実態は SharePoint 上にドキュメントとして保存
されています。これまでの SharePoint 統合同様、Dynamics CRM
の権限は引き継ぎませんので、別途管理が必要です。

image

まとめ

OneNote 統合により、柔軟で協力な情報共有が可能となりました。
OneNote を普段使っている方はもちろん、そうでない方もこれを
機会にぜひ OneNote と OneNote 統合機能をお試しください!

- 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content