Dynamics CRM 2015 設置型 監視サービス新機能紹介 その 1


みなさん、こんにちは。

今回と次回で管理者向けの情報として、Microsoft Dynamics CRM 2015 設置型の役割である
監視サービスの新機能を紹介します。今回は機能の概要を紹介し、次回は監視結果の取得
について紹介します。

監視対象の増強

Microsoft Dynamics CRM 2013 までは証明書の有効期限だけを監視していましたが、
Microsoft Dyanmics CRM 2015 からは以下の項目の監視が行われます。

VerifyAsyncServiceMaintenanceRunning
- 非同期処理サービス (maintenance) の死活状況
VerifyAsyncServiceRunning 
- 非同期処理サービスの死活状況
VerifyAsyncServiceMaintenanceRunning
- 非同期処理サービス (maintenance) の死活状況
VerifyAsyncServiceRunning 
- 非同期処理サービスの死活状況
VerifySandboxServiceIsRunning 
- サンドボックス処理サービスの死活状況
VerifyUnZipServiceIsRunning
- 解凍サービスの死活状況
VerifyVSSWriterServiceIsRunning
- VSS ライターサービスの死活状況
VerifyWebsiteIsRunning
- インターネットインフォーメーションサービス上の Microsoft Dynamics CRM
Web サイトの死活状況
VerifyApplicationAppPoolIsRunning 
- Microsoft Dynamics CRM Web サイト用アプリケーションプールの死活状況
VerifyDeploymentWebServiceAppPoolIsRunning 
- Microsoft Dynamics CRM 展開サービス用アプリケーションプールの死活状況
CheckApiServer 
- Api サーバーサービスの死活状況
CheckWebApp 
- Microsoft Dyanmics CRM Web アプリケーションの死活状況
VerifyActiveCrmKeys
- Microsoft Dynaimcs CRM が利用する各種キーの有効状況
VerifyAsyncBacklogTest
- 非同期ジョブの処置遅延状況
VerifyHelpContent
- ヘルプサーバーの死活状況
CheckReportServer
- レポートサーバーサービスの死活状況
CheckCrmReporting
- レポート機能の有効状況
CheckReportServerFromSrsDataConnector
- SQL Server レポート拡張機能からレポートサービスへの接続状況
CheckFetchBasedReport
- FetchXML ベースレポートの動作状況

監視結果の確認

監視結果は既定で Microsoft Dynamics CRM のインストールフォルダ配下の
Monitoring\results フォルダにファイルとして保存されています。監視 15 分
ごとに実行されており、ファイルをブラウザで開くことで概要を確認できます。

image

既定で無効になっている機能

既定では各種サービスの死活状況は監視されていますが、それ以外の機能は
監視されません。これは組織レベルでの確認が必要なためです。以下の手順で
追加の監視を有効にできます。

※組織レベルの監視を有効にすると監視用にダミーのレコードが作成されますので、
本番の組織を監視対象にするのではなく、監視用組織を新規に作成することを強く
推奨します。また一部の監視機能は英語環境を想定しているものもあるため、
英語の言語パックが入っている環境では、監視用組織の基本言語を英語として
作成するようご検討ください。日本語を基本言語とした場合に監視できないものと
対処については次回紹介します。

1. 展開サービスがインストールされているサーバーにログインします。

2. 以下のコマンドを入力して Powershell モジュールを読み込みます。
>Add-PSSnapin Microsoft.Crm.Powershell

3. 以下のコマンドを入力して現在の監視設定を取得します。
>$setting = Get-CrmSetting –SettingType MonitoringSettings

4. 以下コマンドを実行して設定を確認します。
>$setting
image

5. 監視で利用する組織の情報を入力します。※ユーザーのパスワードは
通常のテキストで入力してください。データベースの保存される時点で
暗号化されます。$マークなど予約文字を含む場合は 「`」バッククォー
テーションでエスケープしてください。
>$setting.MonitoringOrganizationUniqueName = “<監視用組織名>”
>$setting.MonitoringOrganizationUserAccount = “<組織にアクセスするユーザー>”
>$setting.MonitoringOrganizationUserPassword = “<ユーザーのパスワード>”

6. 以下のコマンドで設定を保存します。
>Set-CrmSetting $setting

7. Microsoft Dynamics CRM Monitoring Service を再起動します。

8. 15 分後に再度 Monitoring\results フォルダの結果を確認します。

既知の問題

監視結果の評価
現在英語の言語パックが入っていない環境では、VefiryHelpContent と
CheckCrmReporting が失敗します。その為、AppServer と HelpServer の
テスト結果が失敗となります。

監視結果の表示
監視結果をブラウザで開いた場合、すべての結果を表示することはできません。
詳細は結果ファイルを直接確認するか、XML をパースする必要があります。

まとめ

監視サービスが強化されたことで、追加の投資なしで監視できる内容が充実しました。
管理者にとっては非常にうれしい機能であると思います。今回は簡単な概要をお伝え
しましたが、次回は、より高度な監視サービスの利用として以下の説明をします。

- 監視結果をデータベースへ保存する方法
- PowerShell による監視結果の取得

お楽しみに!

- 中村 憲一郎

Comments (2)

  1. JuJu より:

    中村 憲一郎様

    いつも大変参考にさせていただいております。

    Microsoft Dynamics CRM 2015 設置型で監視サービスの新機能がリリースされたこと気づいておりませんでした。

    Microsoft Dynamics CRM 設置型とMicrosoft Dynamics CRM onlineについて、機能や制限について比較した公開情報など、ご存じないでしょうか。

    設置型とonlineどちらを選択すべきか判断の一助としたく考えております。

  2. コメントありがとうございます。

    設置型とオンラインの機能比較については、現在確認しておりますがオンライン環境の更新の頻度が高いことやサポートされているバージョンが複数あることから単純比較が困難になってきています。

    現時点の話になりますと、オンラインに先行して新機能をリリースしていきますので、機能はオンラインが充実しています。また他オンラインサービスとの連携も容易に行えるメリットが大きいです。管理工数が抑えられるメリットもありますが、逆に現時点で Microsoft Dynamics CRM 2015 相当の環境となっているため、以前のバージョンを利用したい場合に利用できない点や各種サーバーのローカルリソース、データベースやレポートサービスに直接アクセスできないという、インフラ的な制限があります。

    設置型の場合はリリースのバージョンやタイミング、リソースのアクセスや増減が自由な他、データの他先やバックアップスケジュールなどを自由にできるメリットが大きいです。また社内の他システムと閉じた環境で連携したい場合やアクセス制御をより厳しくしたい場合には設置型しか選択肢がない場合もございます。

    もし具体的に気にある機能や制限が特定の観点からあるようでしたら、お気軽にコメントしてください。

    – 中村 憲一郎

Skip to main content