Unified Service Desk の構成 Part 2 : エージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示


みなさん、こんにちは。今回も前回から引き続き Unified Service Desk の構成チュートリアルをご紹介します。なお、今回紹介する内容は基本的に以下の内容に沿っています。
Walkthrough 2:Display an external webpage in your agent application

 

事前準備

前回作成した構成にコントロールを追加していきますので、前回の記事を参考にして構成を作成しておいてください。
Unified Service Desk の構成 Part 1 : シンプルなエージェントデスクトップの構成

 

今回の内容

USD の大きな特徴として、Microsoft Dynamics CRM 以外の外部アプリケーションを USD で構成したエージェントアプリケーション内に呼び出すことができる機能があります。呼び出した異なる外部アプリケーションの画面間でデータを受け渡したり、呼び出した外部アプリケーション上で行う操作を自動化するなど、高度なデスクトップ統合機能が用意されておりますが、今回はシンプルにエージェントアプリケーション内に外部の Web ページを表示する手順についてご説明します。

 

ステップ1:Web ページを表示するホストされたコントロールを作成

このステップでは Web ページを表示する 標準 Web アプリケーションタイプのホストされたコントロールを作成します。

 

  1. Microsoft Dynamics CRM にサインインします。
  2. ナビゲーションで Microsoft Dynamics CRM をクリックし、設定 を選択します。
  3. 設定 > Unified Service Desk > ホストされたコントロール をクリックします。
  4. 新規 をクリックします。
  5. 新規ホストされたコントロールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Help

表示名

Contoso のヘルプ

USD コンポーネントの種類

標準 Web アプリケーション

複数ページの許可

いいえ

ホストの種類

内部 WPF

アプリケーションがグローバル

チェック

表示グループ

MainPanel

 

 

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ2:ホストされたコントロールのツール バー コンテナ タイプを作成

ツールバーコンテナのホストされたコントロールは USD にツールバーを保持して表示することに使われます。このステップでは、クライアントアプリケーションのツールバー領域に表示されるツールバーコンテナタイプのホストされたコントロールを作成します。

 

  1. 設定 > Unified Service Desk > ホストされたコントロール をクリックします。
  2. 新規 をクリックします。
  3. 新規ホストされたコントロールページで次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso About Toolbar Container

USD コンポーネントの種類

ツール バー コンテナ

表示グループ

AboutPanel

 

 

  1. 上書き保存 をクリックします。

 

ステップ3:ツールバーの追加とツールバーコンテナへの紐づけ

このステップでは、ツールバーを作成し、ステップ2で作成したツールバーコンテナのホストされたコントロールに紐づけします。

 

  1. 設定 > Unified Service Desk > ツール バー をクリックします。
  2. 新規 をクリックします。
  3. 新規ツールバーページにて名前フィールドに Contoso About Toolbar と入力し 上書き保存 をクリックします。
  4. 手順2で作成したツールバーのホストされたコントロールにツールバーを紐づけします。
  5. ナビゲーションにて、Contoso About Toolbar の横の下向き矢印をクリックし、ホストされたコントロール をクリックします。
  6. 既存のホストされたコントロールの追加 をクリックし、検索バーに Contoso About Toolbar Container と入力し、ENTER キーを押すか検索アイコンをクリックします。
  7. 検索結果から Contoso About Toolbar Container を選択します。

 

ステップ4:Web ページを表示するツール バー ボタンとアクション コールを追加

このステップでは、ツールバーにボタンを追加し、ボタンをクリックすると指定された Web ページが手順1で作成したホストされたコントロールに表示されるようなアクションコールをボタンに紐づけします。

 

  1. ステップ3で作成した Contoso About Toolbar 画面にて、ボタン領域の右隅のボタン追加の をクリックします。
  2. 新規 ツール バー ボタンページにて次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Show Help

ボタン テキスト

へルプの表示

 

 

  1. 上書き保存 をクリックし、アクション領域を有効にします。
  2. 指定した URL の Web ページに移動するアクションコールをステップ1で作成したホストされたコントロールに追加します。さらに、ステップ1で作成したホストされたコントロールをクライアントアプリケーションに表示するためにもう一つのアクションコールを Contoso Global Manager のホストされたコントロールに作成します。アクション領域の右隅のアクションコールを追加する ボタンを押します。
  3. アクション領域の検索ボックスにて ENTER キーを押すか検索アイコンをクリックします。
  4. 検索結果画面にて、このツールバーボタンのアクションコールを作成するために右下隅の新規ボタンを押します。

 

  1. 新規アクション コールページにて、次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Action Call: Display Help

受注

1

ホストされたコントロール

Contoso Help

アクション

Navigate

データ

url=http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=394402

 

 

  1. 上書き保存 をクリックします。新しいアクションコールが Contoso Show Help ボタンに追加されます。
  2. クライアントアプリケーションに Web ページを表示するホストされたコントロールにフォーカスを設定するもう一つのアクションコールをボタンに追加します。アクション領域の右隅のアクションコールを追加する ボタンを押します。
  3. 検索結果画面にて、このツールバーボタンのアクションコールを作成するために右下隅の新規ボタンを押します。
  4. 新規アクション コールページにて、次の値を指定します。

フィールド

名前

Contoso Action Call: Display Help Hosted Control

受注

2

ホストされたコントロール

Contoso Global Manager

アクション

ShowTab

データ

Contoso Help

 

 

  1. 上書き保存 をクリックします。新しいアクションコールが Contoso Show Help ボタンに追加されます。ツールバーボタンに二つのアクションコールが追加されていることが確認できます。

 

ステップ5:コントロールを構成に追加

このステップでは、構成に割り当てられたユーザーにこのチュートリアルで作成したアクションコールやホストされたコントロール、ツールバーを表示するためにこれらのコントロールを構成に追加します。Unified Service Desk の構成 Part 1 で作成した Contoso Configuration に以下を追加します。

コントロール名

コントロールの種類

Contoso Action Call: Display Help

アクション コール

Contoso Action Call: Display Help Hosted Control

アクション コール

Contoso Help

ホストされたコントロール

Contoso About Toolbar Container

ホストされたコントロール

Contoso About Toolbar

ツール バー

 

  1. 設定 > Unified Service Desk > 構成 をクリックします。
  2. Contoso Configuration をクリックし、定義情報を開きます。
  3. ナビゲーションにて、Contoso Configuration の隣の下向き矢印をクリックし、アクション コール を選択します。
  4. 既存のアクション コールの追加 をクリックし、検索ボックスに Contoso Action Call と入力して ENTER を押すか検索アイコンをクリックします。
  5. 両方のアクションコールが検索結果に表示されるため両方とも追加します。
  6. 同様に Contoso Configuration の隣の下向き矢印をクリックし、ホストされたコントロール ツール バー でそれぞれ追加します。

 

ステップ6:アプリケーションのテスト

USD クライアントを起動し、Contoso Configuration に割り当てたユーザー資格情報でサインインします。上右隅に ヘルプを表示 ボタンが表示されます。

 

へルプを表示 をクリックすると、USD アプリケーション内で指定した Web URL が表示されます。

 

 

結論

今回の記事では、USD アプリケーションで Web ページを表示する方法をご紹介しました。次回は エージェントアプリケーション内に Microsoft Dynamics CRM のレコードを表示する方法をご紹介します。お楽しみに!

– 小澤 英紀

Comments (0)

Skip to main content