Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントのセットアップおよびアップグレード


みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントにおける、セットアップおよび
アップグレードについての情報をお届けします。
今回は特に重要な点を抜粋しておりますので、詳細については、以下のリンクを参照ください。

電子メールの処理および Outlook 用 CRM のセットアップと管理:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn832099.aspx

Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2015 へのアップグレード:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh699711.aspx

Outlook 用 CRM のサポート マトリックス:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn832152.aspx

=============================================================

Outlook 用 Dynamics CRM 2015 のシステム要件

オペレーティングシステム
・Windows 8.1 (64 ビットと 32 ビット バージョンの両方)
・Windows 8 (64 ビットと 32 ビット バージョンの両方)
・Windows 7 (64 ビットと 32 ビット バージョンの両方)
・Windows Server 2012 R2
・Windows Server 2012

Web ブラウザー
・Internet Explorer 11
・Internet Explorer 10

Microsoft Office
・Microsoft Office 2013
・Microsoft Office 2010

サポートされるアップグレード方法

・一括アップグレード (インプレース アップグレード)
ただし、アップグレード中に別のアーキテクチャに変更 (32 ビットから 64 ビットに移行)  はサポート
されておりません。アーキテクチャ間のアップグレードには、
アンインストールと再インストールが必要です。

セットアップ / アップグレードに際して考慮すべき点

・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 クライアントからのアップグレードをサポートします。
・ローカル管理者グループのアクセス許可を持つユーザーで作業を実施します
・Dynamics CRM 2015 サーバー/Dynamics CRM Online のセットアップ/設定が
    完了している必要があります。

アップグレードに際して考慮すべき点
・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 クライアントをアップグレードする場合は、
    同じベース言語でのアップグレードのみサポートされます。
・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 クライアントがオンライン モードになっている必要があります。
・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 クライアントをアップグレードした場合、使用されていた
    構成情報を使用します。URL が異なるなどサーバーの再構成が必要な場合は、
    構成ウィザードが自動的に起動されます。
・Outlook クライアントセットアップ中にエラーでインストールが中断する場合、
    OS の再起動を実施して再度セットアップを実施してください。
    --------------------
    Windows Update の更新をインストール後にWindowsを再起動していない場合、
セットアップが完了しない場合がありますので、Windows 更新後は Windows を
再起動する必要があります。
    --------------------

下位互換性

・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 を利用して、Dynamics CRM 2015 サーバーにアクセスが可能です。

    - Outlook 用 CRM Microsoft Dynamics CRM 2013 更新プログラムのロールアップ 1 または 2
    - Outlook 用 CRM Microsoft Dynamics CRM 2013 Service Pack 1 (SP1) 以降

=============================================================

まとめ

Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントのセットアップおよびアップグレードには、
考慮すべき点が多数あることを紹介いたしました。また Outlook 用 Dynamics CRM 2013 から
Dynamics CRM  2015 を利用する場合は、必要なソフトウェア要件に注意ください。

- プレミアフィールドエンジニアリング 金澤 和幸


Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントのセットアップおよびアップグレード


みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントにおける、セットアップおよび
アップグレードについての情報をお届けします。
今回は特に重要な点を抜粋しておりますので、詳細については、以下のリンクを参照ください。

電子メールの処理および Outlook 用 CRM のセットアップと管理:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn832099.aspx

Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 2015 へのアップグレード:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh699711.aspx

Outlook 用 CRM のサポート マトリックス:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn832152.aspx

=============================================================

Outlook 用 Dynamics CRM 2015 のシステム要件

オペレーティングシステム
・Windows 8.1 (64 ビットと 32 ビット バージョンの両方)
・Windows 8 (64 ビットと 32 ビット バージョンの両方)
・Windows 7 (64 ビットと 32 ビット バージョンの両方)
・Windows Server 2012 R2
・Windows Server 2012

Web ブラウザー
・Internet Explorer 11
・Internet Explorer 10

Microsoft Office
・Microsoft Office 2013
・Microsoft Office 2010

サポートされるアップグレード方法

・一括アップグレード (インプレース アップグレード)
ただし、アップグレード中に別のアーキテクチャに変更 (32 ビットから 64 ビットに移行)  はサポート
されておりません。アーキテクチャ間のアップグレードには、
アンインストールと再インストールが必要です。

セットアップ / アップグレードに際して考慮すべき点

・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 クライアントからのアップグレードをサポートします。
・ローカル管理者グループのアクセス許可を持つユーザーで作業を実施します
・Dynamics CRM 2015 サーバー/Dynamics CRM Online のセットアップ/設定が
    完了している必要があります。

アップグレードに際して考慮すべき点
・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 クライアントをアップグレードする場合は、
    同じベース言語でのアップグレードのみサポートされます。
・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 クライアントがオンライン モードになっている必要があります。
・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 クライアントをアップグレードした場合、使用されていた
    構成情報を使用します。URL が異なるなどサーバーの再構成が必要な場合は、
    構成ウィザードが自動的に起動されます。
・Outlook クライアントセットアップ中にエラーでインストールが中断する場合、
    OS の再起動を実施して再度セットアップを実施してください。
    --------------------
    Windows Update の更新をインストール後にWindowsを再起動していない場合、
セットアップが完了しない場合がありますので、Windows 更新後は Windows を
再起動する必要があります。
    --------------------

下位互換性

・Outlook 用 Dynamics CRM 2013 を利用して、Dynamics CRM 2015 サーバーにアクセスが可能です。

    - Outlook 用 CRM Microsoft Dynamics CRM 2013 更新プログラムのロールアップ 1 または 2
    - Outlook 用 CRM Microsoft Dynamics CRM 2013 Service Pack 1 (SP1) 以降

=============================================================

まとめ

Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントのセットアップおよびアップグレードには、
考慮すべき点が多数あることを紹介いたしました。また Outlook 用 Dynamics CRM 2013 から
Dynamics CRM  2015 を利用する場合は、必要なソフトウェア要件に注意ください。

- プレミアフィールドエンジニアリング 金澤 和幸

Comments (2)

  1. NB より:

    Dynamics CRM 2015 Outlook クライアントのアンインストールが完了しません。
    なにか気をつける点などありますか?

    1. Takaya Kawano より:

      何かしらの要因でアンインストールが邪魔されている可能性があります。
      以下の手順を実施いただきアンインストール可能か検証ください。
      1.Outlookクライアントの組織情報を構成ウィザードから削除
      2.OS再起動

      – 河野 高也

Skip to main content