Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム Web サービスの新しいメッセージ


みなさん、こんにちは。

Microsoft Dynamics CRM 2015 および Microsoft Dynamics CRM Online 2015 更新プログラムで
追加された Web サービスの新しいメッセージについてご紹介します。

Dynamics CRM が提供する Web サービスは、組織 Web サービスと展開 Web サービスの
2 種類があり、それぞれに新しいメッセージが追加されています。各メッセージの説明および
関係する新機能については以下の通りです。

組織 Web サービス

製品カタログ

製品カタログの新機能により多くのメッセージが追加されています。
製品カタログの新機能の詳細は、過去の記事を参照ください。

製品カタログの新機能 その 1 : 新機能概要
製品カタログの新機能 その 2 : 製品ファミリ、バンドル、階層
製品カタログの新機能 その 3 : 提案製品の設定
製品カタログの新機能 その 4 : 既定の価格表設定
製品カタログの新機能 その 5 : 製品カタログの多言語サポート

 

要求のクラス名 説明
CalculatePriceRequest

営業案件、見積もり、受注、請求書の製品にカスタムの価格設定を定義します。詳細はここを参照ください。

CloneProductRequest

製品ファミリ、製品、またはバンドル レコードを複製し、同じ親ノードにレコードのコピーを作成します。詳細はここを参照ください。

PublishProductHierarchyRequest

子製品またはバンドルを含む製品ファミリ階層を公開します。詳細はここを参照ください。機能の紹介はここを参照ください。

GetDefaultPriceLevelRequest

価格表と担当地域間関係に基づく現在のユーザーの既定の価格レベル(価格表)を取得します。

RetrieveProductPropertiesRequest 営業案件、見積もり、受注、または請求書に追加する製品のプロパティ インスタンス(動的プロパティ インスタンス)を取得します。詳細はここを参照ください。機能の紹介はここを参照ください。
RevertProductRequest 製品ファミリ、製品、またはバンドル レコードを最後のアクティブ状態に戻します。最後に公開された(アクティブ状態)時以降にレコードに加えられたすべての製品プロパティ(属性)変更は失われます。詳細はここを参照ください。機能の紹介はここを参照ください。
UpdateProductPropertiesRequest 営業案件、見積もり、受注、または請求書に追加する製品のプロパティ インスタンス(動的プロパティ インスタンス)の値を更新します。詳細はここを参照ください。機能の紹介はここを参照ください。

 

カスタマイズ、ローカライズ

新しいフィールドの種類であるロールアップ列や、ローカライズ可能な属性に関する操作も
Web サービスのメッセージで実施できるようになりました。

ロールアップ列の詳細は、過去の記事を参照ください。

新しいフィールドの種類 : 概要
新しいフィールドの種類 : ロールアップ列 入門
新しいフィールドの種類 : ロールアップ列 詳細

 

要求のクラス名 説明
CalculateRollupFieldRequest

要求されるとロールアップ属性値を計算します。詳細はここを参照ください。

ExportFieldTranslationRequest

翻訳用にローカライズ可能な属性をエクスポートします。詳細はここを参照ください。

ImportFieldTranslationRequest

翻訳用にローカライズ可能な属性をインポートします。 詳細はここを参照ください。

RetrieveCurrentOrganizationRequest

探索サービスではなく組織サービスから組織情報を取得します。

RetrievePrincipalSyncAttributeMappingsRequest サーバーからクライアント アプリケーションへのデータのフローを定義する同期属性マッピング情報を取得します。

 

展開 Web サービス

要求のクラス名 説明

AddCrmDatabaseRequest

CRM データベースを、データベース バックアップまたはデタッチしたデータベースから展開に追加します。

DeleteOrganizationRequest

CRM 組織を削除します。

RetrieveMonitoringResultsRequest

CRM 展開の監視サービス操作テストの結果を取得します。

RetrieveUserMappingRequest

CRM 組織の既存のユーザーのマッピング情報を取得します。

 

例として、組織 Web サービスのメッセージのうち、RetrieveCurrentOrganizationRequest を紹介します。
これまで組織情報を取得する場合は、探索サービスを利用する必要がありましたが、
組織 Web サービスで組織情報を取得することが可能になりました。早速見てみましょう。

1. Visual Studio を開き、コンソールアプリケーションプロジェクトを作成します。
Dynamics CRM 2015 の SDK は、.Net Framework 4.5.2 が必要です。

image

2. メイン処理に RetrieveCurrentOrganizationRequest を実行するコードを記載します。

using (OrganizationServiceProxy organizationProxy =
GetProxy<IOrganizationService, OrganizationServiceProxy>(orgServiceManagement, credentials))
{
var req = new RetrieveCurrentOrganizationRequest();
var res = (RetrieveCurrentOrganizationResponse)organizationProxy.Execute(req);
・・・
}

3. ビルドして実行します。組織情報が取得できることを確認します。

image

4. また組織情報を取得した際に利用されたエンドポイントが組織サービスであることを確認します

image

開発者向けの新機能:
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/gg309589.aspx

まとめ

Dynamics CRM 2015 で追加された新機能の多くは、組織 Web サービスから利用することが可能です。
また展開 Web サービスの新しいメッセージを利用することで、組織の管理を自動化する
ことが可能になります。Dynamics CRM 2015 を利用する際は、是非ご活用ください。

- プレミアフィールドエンジニアリング 河野 高也

Comments (0)

Skip to main content