Microsoft Dynamics CRM 2015 の最新情報!

みなさん、こんにちは。 いよいよ新しいバージョンである Microsoft Dynamics CRM 2015 が年末にリリースされます。 最新情報として弊社が提供しているブログ The Microsoft Dynamics CRM Blog で 紹介された記事を紹介します。 情報元: Get ready to catch the CRM 2015 wave! ==================================================== 対象バージョン: Microsoft Dynamics CRM 2015、Microsoft Dynamics CRM Online 2015 Update、 Microsoft Dynamics Marketing 2015 Update 今回の大きな更新により Microsoft Dynamics CRM ファミリー製品やサービスは大きな局面を迎えます。  Microsoft Dynamics CRM、Microsoft Dynamics Marketing の更新プログラムについて、 みなさんにプレビュー(英語)を提供できてうれしく思います。 プレビューのいくつかの新機能を紹介します。 ・販売効果を高めるために製品ファミリーを作りました ・関連する情報やグループを見るために階層構造ビューを活用します…

1

Google Chrome ブラウザで追加設定や変更を行うが設定内容が反映されない

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM は、Internet Explorer (IE) や FireFox (FF)、Chrome ブラウザをサポートしております。最近、Google Chrome を使った場合の動作についてよくお問い合わを頂いてります。Internet Explorer (IE) や FireFox (FF) では発生しないが、Chrome で発生する事象があります。   [現象] – Google Chorme ブラウザを使用し、ソリューションにコンテンツの追加出来ない – ワークフローの設定変更を行うが、変更が反映されない – フォームにサブグリッドが追加することが出来ない 等、追加設定や変更を行うことが出来ない問題が発生します。 [環境] – Microsoft Dynamics CRM 2011 – Microsoft Dynamics CRM 2013 – Google Chrome 37 以降 [原因] Google Chrome のアップデート (37) により、JavaScriptのshowModalDialog()メソッドがデフォルトで機能停止されたため、このメソッドを使用してCRMでダイアログ画面から値をセットしたり値を取得したりすることができなくなりました。Microsoft Dynamics CRM…


Dynamics CRM 2013 設置型 検証環境における SSL 証明書の作成方法

みなさん、こんにちは。 今回は、検証環境における Secure Sockets Layer ( SSL ) 証明書を作成する方法を紹介いたします。 この記事は弊社が提供しているブログ Dynamics CRM in the Field で紹介された 記事を翻訳したものです。なお、本記事で紹介する方法は設置型でのみに有効な方法です。 情報元: Creating SSL Certificates for CRM 2013 Test Environment ==================================================== 以前に creating SSL certificates in Server 2008 for a CRM 2011 environment の記事を投稿した際、 Windows Server 2012 と Dynamics CRM 2013 の組み合わせのリクエストをいただきました。 今回改めて紹介いたします。 Dynamics CRM の検証では、クレームベース認証のテストのような CRM の Web…


Dynamics CRM モバイルアプリケーション開発 その 6

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、モバイルアプリケーション開発の紹介をします。 シリーズものですので、是非初回からご覧ください。 今回は新規にタスクを作成し、その後完了させる部分を紹介します。 ※これまで同様、コードで動きを確認する目的のため、プログラム パターンや UI についての考慮は一切していない点ご了承ください。 ボタンとクリックイベントの追加 MainPage.xaml に以下の XAML を追加して、ボタンを追加します <Page.BottomAppBar>     <CommandBar>         <AppBarButton Icon=”Add” Label=”タスクの追加” Click=”AddTask”/>     </CommandBar> </Page.BottomAppBar> また MainPage.xaml.cs ファイルに以下のメソッドを追加します。 private async void AddTask(object sender, RoutedEventArgs e) { } タスク作成ロジックの追加 タスクの作成は REST エンドポイント、SOAP エンドポイントの いずれでも可能ですが、今回は SOAP エンドポイント経由での 作成を試します。AddTask メソッドに以下コードを追加します。 // 現在のユーザーを確認 WhoAmIResponse response = (WhoAmIResponse)await proxy.Execute(new WhoAmIRequest()); //…


Dynamics CRM 2013 設置型 通信パフォーマンスを改善する方法

みなさん、こんにちは。 今回は、Windows Communication Foundation (WCF) 圧縮および SSL を有効にして Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型の通信パフォーマンスを改善する方法を紹介いたします。 この記事は弊社が提供しているブログ Dynamics CRM in the Field で紹介された 記事を翻訳したものです。なお、本記事で紹介する方法は設置型でのみに有効な方法です。 また Dynamics CRM 2011 における 同様の記事 も合わせてご確認ください。 WCF 圧縮および SSL 暗号化 前回の記事では、IIS は多くのコンテンツタイプを圧縮していることを説明しました。 しかし、既定では MIME タイプ「application/soap+xml;charset=utf-8」を持つ WCF レスポンスは 圧縮されません。 そのため、CRM Outlook クライアントがオンラインになった際、 ネットワークトラフィックが増加しパフォーマンスが劣化します。 これらの問題は、WCF 圧縮や SSL 暗号化を利用することで軽減できます。 WCF 圧縮と SSL を利用することで下記の図のように大きな改善を達成しました。 以下の図は、Dynamics CRM 2013…

2

Unified Service Desk (USD) のご紹介

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM Spring ’14 リリースにて公開された Unified Service Desk (USD) をご紹介します。   Unified Service Desk (USD) とは? Unified Service Desk (USD) はコールセンターのエージェントが利用することを想定したソリューションです。 Microsoft Dynamics CRM に格納されたさまざまな顧客データを統合的なビューとして提供するアプリケーションを素早く構築できるフレームワークを提供します。 なお、USD は Microsoft Dynamics CRM 2013 Service Pack 1 (設置型) または Microsoft Dynamics CRM Online Spring ’14 Update 以降をサポートしており、設置型、クラウド型どちらの Microsoft Dynamics CRM にも対応しているソリューションです。     User Interface…

2

サブグリッドの遷移ボタンが表示されない

みなさん、こんにちは。 サポート部門によくお問い合わせ頂くご質問や問題を、今後、ホットトピックとしてこのブログ上で情報を配信して行く予定です。 まず、ホットトピック一回目として、最近よくお問い合わせ頂く既知の不具合情報を共有します。 9月中旬に 、Microsoft Dynamics CRM 2014 年春更新 ロールアップ 1 (CRM 2013 SP1 UR1) が Microsoft Dynamics CRM Online に適用されました。 Microsoft Dynamics CRM Online 画面の色使いが秋らしくなって、アップデートに気づかれたユーザー様もいるかと思います。 http://support.microsoft.com/kb/2953252 現在のところ、このアップデートの影響で、一つ問題が発生するのを確認されましたので、みなさんにこの情報を共有いたします。 [現象] Microsoft Dynamics CRM 2013 SP1 UR1 適用後に、サブグリッドの最終ページにページ遷移ボタンが表示されなくなった [環境] – Microsoft Dynamics CRM Online (CRM 2013 SP1 UR1) – IE, FF, Chrome [手順] 1. サブグリッドに複数ページになるレコードを追加します 2. 右下にある矢印で最後のページまで遷移します…


Microsoft Dynamics CRM 2013 SP1 UR1 がリリースされました!

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春更新、および  Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型サービスパック 1 更新プログラム 用ロールアップ 1 がリリースされましたのでお知らせします。 – Microsoft Dynamics CRM Online Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春更新 サービスパック 1 更新プログラム 用ロールアップ 1 がリリースされ、9月中旬に Dynamics CRM Online に適用されました。 – Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型 Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型サービスパック 1 更新プログラム 用ロールアップ 1 (CRM 2013…


Dynamics CRM 2013 SDK 6.1.1 がリリースされました!

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春更新、および  Microsoft Dynamics CRM 2013 設置型サービスパック 1 更新プログラム 用ロールアップ 1 に対応した SDK 6.1.1 がリリースされています。 最新の SDK は以下の リンクよりダウンロード可能です。 Microsoft Dynamics CRM 2013 Software Development Kit (SDK)  http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=40321 こちらのバージョンでは以下の更新が含まれています。 – 各種アセンブリがサービスパック 1 更新プログラム ロールアップ 1に対応しました。 – コマンドバーに表示される項目数の上限が 5 から 7 に変更されたので、これに関する記載が追加されました。 – Microsoft Azure Access Control Service (ACS) namepspace の新しい作成手順が追加されました。…


Dynamics CRM モバイルアプリケーション開発 その 5

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、モバイルアプリケーション開発の紹介をします。 シリーズものですので、是非初回からご覧ください。 前回は取引先担当者の一覧を検索して表示するところまで実装 しました。今回ははじめに選択したレコードの詳細と関連する 完了した活動を表示してみます。 ※今回も全ての列に値があるものと仮定しエラーハンドリングは 行っておりません。 モデルの拡張と追加 まず既存の Contact クラスにプロパティを追加します。 以下と同じになるようにしてください。 /// <summary> /// 担当者用のクラス /// </summary> public class Contact {     // 担当者 ID     public Guid Id { get; set; }     // 姓名     public string FullName { get; set; }     // 電子メールアドレス     public string EMailAddress1 { get;…