Dynamics CRM 2015/Online 2015 更新プログラム 製品カタログの新機能 その 5 : 製品カタログの多言語サポート


みなさん、こんにちは。

今回は製品カタログの多言語サポートを紹介します。この記事はシリーズに
なって いますので、以下の記事も合わせてご覧ください。

製品カタログの新機能 その 1 : 新機能概要
製品カタログの新機能 その 2 : 製品ファミリ、バンドル、階層
製品カタログの新機能 その 3 : 提案製品の設定
製品カタログの新機能 その 4 : 既定の価格表設定

概要

これまで Microsoft Dynamics CRM ではカスタマイズの多言語サポートを
行ってきました。そのためエンティティのフィールド名やコマンドなど、
カスタマイズレベルでの翻訳をサポートしており、ユーザーが必要な言語で
画面を見ることができました。

しかしレコード単位では入力した文字列がそのまま表示されるため、製品の
様に本来共通で使える可能性があるものでも、各言語ごとにレコードを用意
する必要がありました。

今回の新機能では製品エンティティの一部のフィールドがレコードレベル
でも多言語サポートすることにより上記の課題を解決しています。

手順

では早速レコードのフィールドを多言語にしてみましょう。

言語パックの導入と有効化

製品レコードの翻訳をサポートするには、該当する言語の言語パックの
導入と有効化が必須です。設置型の場合は弊社ダウンロードセンターより
言語パックのインストールしてください。

Microsoft Dynamics CRM 2015 Language Packs
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=45014

有効化は、設定 | 管理 | 言語より行えます。

翻訳ファイルのエクスポート

1. 設定 | データ管理よりフィールド翻訳のエクスポートをクリックします。
image

2. ウィザードが表示されるので「OK」をクリックします。
image

3. ファイルをダウンロードします。

翻訳の実施

1. ダウンロードした zip ファイルをダブルクリックで開きます。
※解凍は不要です。後ほど変更したファイルだけ上書きします。

2. CrmFieldTranslations.xml ファイルを Microsoft Excel で開きます。

3. ローカライズされたラベルシートを開きます。

4. 翻訳を追加します。
image

翻訳のインポート

1. 翻訳したファイルを元の zip ファイルにドラッグアンドドロップして
ファイルを上書きします。

2. 設定 | データ管理よりフィールド翻訳のインポートをクリックします。
image

3. 「フィールド翻訳のインポート」をクリックします。
image

4. 「Browse」より翻訳ファイルを上書きした zip ファイルを選択します。

5. 「インポート」をクリックします。

6. ジョブが完了するまで待ちます。

動作確認

1. ユーザーのオプションから追加した言語に変更します。
image

2. 製品カタログを開いて、レコードレベルで翻訳されている事を
確認します。

[翻訳前]
image

[翻訳後]
image

まとめ

上記画面ショットでも分かる通り、レコードの全てが翻訳される訳では
ありませんが、複数言語環境におけるマスタレコード一元化に向けた大きな
一歩だと感じています。極力英語でマスターを作る努力をされている案件を
よく見ますが、製品名などはやはりその国独自の言語で表記されることが
多いため、今回の機能は有効ではないでしょうか。是非お試しください。

‐ 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content