CodePlex 紹介 : Dynamics CRM QuickFind on Selected View


みなさん、こんにちは。

今回 は PFE Dynamics チームが新しく CodePlex に公開したソリューション
「QuickFind on Selected View」を紹介します。

QuickFind on Selected View : https://quickfindonselectedview.codeplex.com/

概要

以下に上記リンクで紹介されている概要をそのまま紹介します。

“現在選択しているビューの条件を使って簡易検索をしたい!”

多くのお客様やパートナー様より簡易検索の挙動について、「現在選択中のビューに基づいたクエリを行いたい」 とご意見を頂戴します。その一方で現在の挙動に依存した運用も存在し、プロジェクトによってその期待は異なります。そこで今回、簡易検索の動作をある程度制御するサンプルを提供することにしました。

プロジェクトの概要

本プロジェクトの目的は、お客様やパートナー様のコミュニティに対して、「現在選択中のビューで簡易検索をする」ためのソリューションをオープンソースで提供することです。実装はカスタムエンティティとプラグインを利用しており、詳細も同時に公開しますので、是非プロジェクトに合わせて実装を変更するなどしてご活用ください。

制限

このソリューションでは以下の既知の制限があります。
– 高度な検索を実行した直後に簡易検索を実行した場合、高度な検索で利用したクエリが基準になる場合があります。これはプラグインではビューからのクエリか高度な検索からのクエリが判別できないためです。
– 同様にレコードを別窓で開いている状態で関連エンティティのビューを参照した直後に簡易検索を実行した場合も、関連エンティティのビューがクエリの基準になる場合があります。
– タブレット用クライアントの複数エンティティ検索機能を利用した場合、検索に簡易検索の機能を使っているためこのソリューションの影響があります。

回避策

– 検索結果が期待したものと異なる場合、一旦ビューをリフレッシュしてから再度検索を行ってください。

まとめ

いくつかの制限が存在していますが、ソースコードが公開されて
いますので、それぞれのニーズに合わせた開発が可能です。是非
お使いいただき、フィードバックをお寄せください。

– 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content