Dynamics CRM 2014 年春/SP1 SDK の新機能 ソリューション展開ツールとパッケージテンプレート その 1


みなさん、こんにちは。

今回から Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用
サービスパック 1 で提供される SDK の新しいツールより、ソリューション
展開ツールとソリューションパッケージテンプレートを紹介します。

まず今回は概要を紹介します。

ソリューション展開ツール概要

前回前々回の記事で、Configuration Migration ツールを紹介しました。
このツールを利用すれば非常に簡単に構成データを新しい環境に移行する
事ができますが、ソリューション自体は事前にインポートしておく必要が
あります。しかしソリューション展開ツールを使うと、ソリューションの
展開と、ソリューションで利用する構成データの展開を一度に行えます。

ソリューション展開ツールは、GUI 版と PowerShell 版が提供されます。
またツールは SDK の一部として提供されます。

展開用パッケージ

ソリューション展開ツールを利用するためには、展開したいモジュールが
1 つにまとまった「パッケージ」を作成する必要があります。パッケージ
は Visual Studio を利用して作成しますが、手順は次回以降で紹介します。

パッケージには以下の内容を含めることができます。

展開するモジュール

まず一番重要な展開するモジュールです。

ソリューション
1 つ以上のソリューションを一度に展開可能です。またソリューションの
順番を定義できるため、依存関係がある場合も意図通りに展開できます。

データ
ソリューションで利用するデータも同時に展開できます。利用できる
形式は以下の通りです。

・Configuration Migration ツールでエクスポートしたデータ
・Microsoft Dynamics CRM のデータインポート機能でインポートできる
ファイル形式 (CSV、XML、Zip)
・インポートのマッピングファイル
・既定のサンプルデータ

各種フラットファイルと Zip ファイルは複数含めることが可能であり、
ファイルのセパレーターやデリミネーターも柔軟に指定できます。

初めに/最後に画面

ソリューション展開ツールでパッケージを展開する際、処理のはじめと
最後に HTML のカスタムページを表示することができます。これにより
パッケージを利用するユーザーに必要な情報を提供することが可能です。

複数言語対応も簡単に行えるようになっています。

カスタムコード

パッケージの展開時に実行するカスタムコードを含めることができます。

・パッケージ初期化時
・インポートの前段階
・旧バージョンのソリューションがある場合、アップグレード中
・インポート完了後

また既定のパッケージフォルダ名の変更やパッケージ名の変更、説明
の変更なども動的に行えます。詳細は後日紹介します。

テンプレートのインストール

次回以降でパッケージの開発を行いますが、事前に以下の手順で Visual
Studio 用のテンプレートをインストールしてください。

Visual Studio 2012 の場合

1. 最新の SDK を以下のリンクよりダウンロードします。
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=40321

2. 任意の場所に展開します。

3. 展開後、SDK\Templates\CRMSDKTemplates.vsix を実行します。

4. 以下の画面がでるので、Install を実行します。
image

5. 以下画面が出たら Visual Studio 2012 を起動します。

image

6. 新規プロジェクトより Microsoft Dynamics CRM SDK のテンプレートが
存在することを確認します。

image

Visual Studio 2013 の場合

1. 以下のリンクよりテンプレートをダウンロードします。
http://visualstudiogallery.msdn.microsoft.com/c1eff934-bf97-40a6-bbe3-c25178f18f86

2. ダウンロードしたファイルを実行します。

3. あとは Visual Studio 2012 の手順と同じです。

まとめ

今回は、ソリューション展開ツールの存在と、利用するためには
「パッケージ」を用意する必要があることを紹介しました。次回は
実際にパッケージを作ってツールを利用してみます。

- 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content