Dynamics CRM 2014 年春/SP1 リアルタイム重複検出機能再び


みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型用
サービスパック 1 で帰ってきたリアルタイム重複検出機能について紹介します。

概要

重複検出機能は以前のバージョンより提供されていた機能ですが、Microsoft
Dynamics CRM 2013 のリリースとともに、レコード自動保存機能の提供など
の関係でリアルタイムのレコード重複検出機能は失われていました。しかし
多くのお客様の声を受け取って、今回のリリースでリアルタイム重複検出
機能が帰ってきました。

挙動

レコード作成時および自動保存無効の場合

レコードを新規に作成する場合や、編集時であってもレコードの自動保存が
無効の場合は、以前と同じくレコードの保存時点で重複検出機能が動作して、
以下のような検出のウィンドウが表示されます。尚、新しい UI デザインに
乗っ取り、ポップアップではなくオーバーレイで表示されます。

image

自動保存有効かつ編集時

自動保存が有効な環境でレコードを編集していると、30 秒ごとにレコードが
保存されますが、そのたびにオーバーレイで上記画面が出ると操作に支障を
きたします。そこで自動保存のタイミングで重複を検出すると、以下のように
フォームメッセージが表示されます。

image

これにより編集作業は中断されませんし、レコードも意図せず保存される
事もありません。重複の解決をクリックした場合は上記のダイアログが
でますし、保存をクリックすると重複していても無視して保存できます。

まとめ

お客様の声にこたえる形で復活した機能ですが、新コンセプトに沿った形で
実装されたことに個人的にもうれしく思っています。尚、重複検出機能と
自動保存機能については以下のリンクをご参照ください。

自動保存
http://blogs.msdn.com/b/crmjapan/archive/2013/10/21/dynamics-crm-2013-fall-13-new-form-5.aspx

重複データ検出ルールの設定
http://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics/crm-customer-center/set-up-duplicate-detection-rules-to-keep-your-data-clean.aspx
http://blogs.msdn.com/b/crmjapan/archive/2011/12/13/dynamics-crm-2011-r7-duplicate-detection-new-feature.aspx

- 中村 憲一郎

Comments (2)

  1. sawarar より:

    はじめまして、いつもブログを参考にさせていただいております。

    本記事の重複データ検出機能に関して、質問がございます。

    重複データが検出された際の「上書き保存」というボタンですが、こちらを押すと重複を許容してデータが新規に登録される動きとなっているので「上書き」という文言に惑わされてしまいます(このボタンを押すと「重複している可能性があるレコード」が「自分の新しいレコード」に上書きされてしまうのでは?と勘違いしてしまいます)。もし「上書き保存」という言葉に意図があるのであれば、ご教授願いたいです。

  2. コメントありがとうございます。

    こちらのボタンは、新規レコード作成画面の「上書き保存」とボタン同じものとして表示されるため、そちらと同じ文言になっており、英語版では Save となっているものを上書き保存と訳しているためです。誤解を受けやすいという指摘については別途フィードバックいたします。

    – 中村 憲一郎

Skip to main content