Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 2 権利


みなさん、こんにちは。

今回は前回の続きで、権利について紹介します。まだ前回の記事を
ご覧になっていない場合は、以下リンクよりご参照ください。

Dynamics CRM 2014 年春/SP1 サービスモジュールの新機能 その 1 サービスレベル契約

権利

権利を使うことで、以下のようなことを指定できます。

・権利をもつお客様の指定
・対象となる製品や担当者の指定
・権利の有効期間の指定
・消費できる時間または件数の指定
・権利を利用できるチャネルの指定
・適用する SLA の指定
・権利に基づいて消費の制限を行うかの指定
・権利消費タイミングの指定

権利の作成

以下の手順で権利は作成します。

1. ブラウザで Microsoft Dynamics CRM に接続します。

2. 設定モジュールよりサービス管理を選択します。

image

3. 権利をクリックします。

image

4.  新規ボタンをクリックします。

image

5. 情報セクションの各フィールドを以下画像のように設定します。SLA は
前回作成した契約を選択しています。また今回は権利期間に基づく制限を
指定していません。この場合権利がなくなった場合でも、サポート案件を
作成、処理することができるようになります。

image

6. 権利期間セクションを以下のように設定します。今回の権利は 5 件の
サポート案件を作成でき、権利の残数を減らすのはサポート案件が解決
されたタイミングとしています。尚、合計時間フィールドは、割り当ての
種類によって意味を変えます。以下の 5 という数字は 5 時間という意味
ではなく、5 件という意味になります。

image

7. 上書き保存をクリックします。次に問い合わせできるチャネルを指定
します。権利チャネルサブグリッド右側の「+」 をクリックします。

image

8. 利用できるチャネルが表示されるので、電子メールを選択します。

image

9. 合計数に 5 と入力します。これで 5 件の権利のうち 5 件すべて電子
メールで問い合わせが可能となります。続いて電話は 3 件まで可能と
設定をしてみてください。

image

10. 最後にアクティブ化をクリックします。

動作確認

SLA と権利を作成したので、最後に動作確認を行います。

1. サービスモジュールよりサポート案件をクリックします。

2. 新規サポート案件ボタンをクリックします。

image

3. まず顧客よりアドベンチャーワークス(サンプル)を選択します。
すると権利サブグリッドに現在有効な権利が表示されます。

image

4. 任意のタイトルを指定し、権利でアドベンチャーワークス用プレミア権利
を指定します。また問い合わせ方法で電話を選択します。

image

5. 画面右上にあるヘッダーで優先度を「高」に変更します。これで初回の
応答時間が 1 時間以内となるはずです。

image

6. 上書き保存ボタンをクリックします。

7. 適用できる SLA セクションにある「最初の応答者」※誤訳のため正しくは
最初の応答期限※ にレコード作成日時より 1 時間後の時間が設定されます。
意図した SLA が正しく反映されていることが確認できます。

image

8. サポート案件の対応が終わったと仮定して、サポート案件の解決ボタンを
クリックします。以下の画面が出ますので、解決ボタンをクリックします。

image

9. 権利サブグリッドより残りの期間が 5 から 4 になったことを確認します。

image

10. 権利サブグリッドより元の権利レコードを表示します。電話チャネル
の残りが 3 から 2 になっていることを確認します。

image

11. 解決したサポート案件レコードに戻り、サポート案件の再アクティブ
化ボタンをクリックすることで、サポート案件がアクティブにもどり、
そのタイミングで権利の残りの期間も増加することを確認します。

image

12. 既に作成済のサポート案件に後から権利を追加することも可能です。

今回は簡単な例を紹介しましたが、より複雑なシナリオにも対応できる
ため、御社のシナリオにそった設定を行い動作を確認してみてください。

次回は SLA を視覚的にとらえやすくなるタイマーコントロールを紹介
します。お楽しみに!

- 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content