Dynamics CRM 2014 年春/SP1 の新機能概要


みなさん、こんにちは。

今回はMicrosoft Dynamics CRM Online 2014 年春バージョン及び設置型
用サービスパック 1 で提供される新機能について概要を紹介します。
それぞれの詳細は随時紹介していきます。

サービスモジュールの機能拡大

今回の新機能の中で最もボリュームがあるものが、このサービスモジュール
機能の拡大です。今回は以下の機能を追加で提供します。

サービスレベルアグリーメント (SLA)
初期応答時間や対応完了時間など、複数の指標について SLA を定義できる
要になります。また SLA を守れなかった場合に自動実行されるアクション
を定義することも可能です。また複数のレベルの SLA を作成できます。

image

タイマーコントロール
SLA までの残り時間を表示するためのコントロールを提供します。

image

権利
作成した SLA を適用できる権利を製品や担当といった単位で指定できる
権利を作ることができます。権利には有効期限やサービスを消費できる
単位 (時間か件数か) またそのチャネルなどを指定できます。

image

サポート案件の自動作成
特定のキューに着信した電子メールから自動的にサポート案件を作成
することができます。これまでは電子メール活動を手動でサポート案件
に変換する必要があったため便利になります。

image

プライベートキューとキューのメンバー
不要なキューが見えないように、キューにプライベート属性を設定する
事がでます。またプライベートキューにメンバーを追加することで、他
のメンバーとキューを共有できます。

休日と営業時間
サポート部門の営業時間や休日を指定することで、その時間帯を SLA の
カウントから除外することができます。たとえば 2 時間以内に応答する
必要がある SLA が適用されたサポート案件が夕方 5 時に着信した場合、
営業時間が夕方 6 時までとすると、6 時以降はカウントを自動で止め、
翌朝の営業開始時間よりカウントを再開します。

image
image

サポート案件の親子設定/統合
類似したサポート案件を 1 つの親サポート案件に紐づけて管理する機能
を提供します。親案件をクローズした場合の処理なども指定可能です。
また複数のサポート案件を 1 つのレコードに統合することもできます。

image

ルーティング規則
指定した条件に基づいて自動的に任意のキューに転送することができます。

image

サービスの管理
上記で紹介したサービス関連の設定をすべて行える画面が別途提供されます。

サーバー側同期

設置型に続き、Microsoft Dynamics CRM Online 環境でもサーバー側
同期が利用可能となります。またオンライン環境では SharePoint 同期も
新しい機能が提供されます。

image

尚、ログイン時に表示される以下の警告は管理者にのみ表示されます。
非表示にすることはできませんのでご了承ください。

image

テストインスタンスの新機能

Microsoft Dynamics CRM Online でのみ、こちらの記事で紹介した
テストインスタンス機能が提供されます。現時点ではまだ機能が
提供されていませんが、提供され次第情報を公開いたします。

コマンドバー

これまで最大 5 つまでコマンドが表示できたコマンドバーですが、今回の
バージョンより 7 つまで表示することができます。この機能は新機能を
有効にする必要はないため、パッチを適用していただいた時点より有効に
なります。

image

SDK
SDK では新しいツールが複数提供されます。詳細は後日紹介いたします。

タブレットアプリケーション
利用可能なエンティティが追加されました。またサインアウト、再構成が
行えるようになりました。

次回よりサービスモジュールの新機能を数回に分けて紹介します。
お楽しみに!

– 中村 憲一郎

Comments (6)

  1. Taguchi より:

    お世話になります。いつもブログ拝見しております。

    新機能で1つご質問があります。

    「Online 環境でもサーバー側 同期が利用可能となります」

    とありますがExchange Onlineへの同期機能は提供されているのでしょうか?

    (トライアル環境で試してみましたがうまく設定出来ませんでした。)

  2. コメントありがとうございます。

    オンライン環境でのサーバ側同期は順次有効になってまいります。

    私の手元ではすでに 3 環境で有効になっておりますので、お手数ですが

    時間をおいて再度ご確認いただけますでしょうか。

    中村 憲一郎

  3. Taguchi より:

    >中村様

    回答ありがとうございます。

    本日確認したところトライアル環境にて無事に連携できることを確認出来ました。

    追加でご質問なのですがOutlookにあった追跡機能はOWAには実装されていないのでしょうか?

  4. ご返信ありがとうございます。

    無事利用できるようになっているということで、安心いたしました。

    OWA については追跡機能はなく、追跡を Exchange/Outlook 側から行う場合は引き続き Outlook クライアントと CRM アドインが必要となります。

    その一方サーバー側同期を利用いただくことで、Dynamics CRM 側から登録したアイテムは同期されます。

    中村 憲一郎

  5. Taguchi より:

    ご回答ありがとうございます。

    シェアポイントとも統合されより便利に使えるようになったと感じています。

    OWAからメール、予定表が連携出来れば更に便利になると思いますので、

    今後のアップデートに期待したいと思います。

  6. ご返信いただき、ありがとうございます。

    ご指摘の通りすべてがブラウザで完結するというのは、一つのシナリオとして理想的だと思います。

    私から開発チームにフィードバックいたしますが、お客様の声を集める仕組みとして弊社では

    コネクトサイトというものを用意しております。

    お時間がございましたら、是非一度ご覧いただけますでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    http://connect.microsoft.com/

    中村 憲一郎

Skip to main content