Microsoft Dynamics CRM SDK サンプル紹介 : Sdk.Soap.js


みなさん、こんにちは。

今回は、先日公開された Microsoft Dynamics CRM 2013 用の
サンプル 「Sdk.Soap.js」を紹介します。

概要

Sdk.Soap.js は JavaScript ライブラリであり、Microsoft Dynamics CRM 2013 で
SOAP エンドポイントを利用するモダンアプリケーション用に開発されました。

OData (REST) エンドポイントはCRUD 処理は簡単に使える反面、Execute メソッド
を利用する場合は、複雑なメッセージを作成する必要がありました。しかしこの
ライブラリを使うことで、C# と同じように開発を行えます。

ライブラリの情報

ライブラリは以下リンクよりダウンロード可能です。

Sdk.Soap.js
メインのライブラリです。202 のメッセージをサポートしています。

Sdk.Soap.js Entity Class Generator
C# や VB.NET で利用できる CrmSvcUtil 同様に、事前バインド用のクラスを
作成するサンプルです。これを利用することで IntelliSense が利用できます。

Sdk.Soap.js Action Message Generator
独自に定義した操作メッセージを取得するサンプルです。

Sdk.Soap.js Samples
Sdk.Soap.js を利用したサンプルを提供します。

まとめ

WinJS を利用した開発に利用できるライブラリが登場したことにより、モダン
アプリケーションだけでなく、HTML 開発も非常に簡単になったといえます。
是非一度お試しください。

- 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content