Dynamics CRM 2013 設置型 E-mail Router 設定のポイント


みなさん、こんにちは。

Microsoft Dynamics CRM 2013 ではサーバー側同期機能が提供されましたが、
その分設定項目が増え、E-mail Router を利用する場合に分かり辛い箇所も
あるようです。そこで今回は E-mail Router 設定のポイントを紹介します。

※ 2014 年 2 月 17 日現在、Microsoft Dynamics CRM Online ではサーバー側
同期をサポートしていません。ご注意ください。

システム設定

Microsoft Dynamics CRM 2013 では、電子メールの処理に E-mail Router
またはサーバー側同期が利用できます。つまり組織単位でどちらの機能を
利用するか指定する必要があり、ユーザー単位で切り替えができません。

システム設定でどちらの機能を利用するか指定しますが、新規作成組織の
既定はサーバー側同期になっています。

以下手順で設定を確認/変更してください。

1. ブラウザで Microsoft Dynamics CRM 2013 に接続します。

2. 設定 | 管理 | システム設定を開きます。

3. 電子メールタブをクリックします。

4. 電子メール処理の構成より電子メールの処理方法として、Microsoft
Dynamics CRM 2013 E-mail Router を選択します。

image

5. 既定の同期方法の構成は、今後追加するメールボックスの構成の
既定値を指定可能です。電子メールの送受信に E-mail Router を利用
する場合、それぞれ以下の様に設定します。

image

メールボックスの設定

Microsoft Dynamics CRM 2013 ではユーザーやキューに対して、電子
メールに関連する情報だけを格納するメールボックスエンティティを
提供しています。よってユーザーやキューレコードから電子メールの
処理方法を指定することができません。

メールボックスには以下の方法でアクセスが可能です。

– ユーザーやキューレコードでメールボックスを開くコマンドを実行

[ユーザーレコード]
image

[キューレコード]
image

– 設定  | 電子メールアクセスの構成 | メールボックスから選択

メールボックスでは以下の点を確認します。

同期方法の確認

システム設定変更以前に作成したメールボックスは、既定値を
引き継いでいないため、意図した設定になっていない可能性が
あります。必要に応じてレコードごとに設定を変更するか、
既定の電子メール設定の適用機能で設定を変更します。

[レコードより選択]
image

[ビューより選択]
image

電子メールアドレスの承認

電子メールアドレスを変更した場合、既定では承認が必要です。
承認されていない電子メールアドレスは処理の対象となりません。

尚、承認設定はシステム設定より変更が可能です。

[システム設定 | 電子メール]
image

E-mail Router の構成ウィザード

最後に E-mail Router を構成ウィザードで設定します。

構成プロファイル

送信、受信プロファイルを作成します。複数のプロファイルを
作成することができます。

展開

E-mail Router は複数の Microsoft Dynamics CRM 組織に対して
構成することができます。開発用、検証用、本番用など複数の
組織がある場合、それぞれの組織に対して展開レコードを作成
してください。

ユーザー、キュー、転送用メールボックス

展開で作成した組織に対してデータの読み込みが行えます。
意図したユーザーやキューが表示されない場合、以下の点を
確認してください。

1. 意図した CRM 組織を選択しているか。複数の展開がある場合
意図しない組織が選択されている場合があります。

2. ユーザーやキューのメールボックスにおいて、正しい構成が
行われているか。送信、受信の設定にて E-mail Router が選択
されていないメールボックスは表示されません。

3. 電子メールアドレスは承認済みか。承認されていないメール
ボックスは表示されません。

まとめ

Microsoft Dynamics CRM 2013 はサーバー側同期機能を提供して
いますが、シナリオによってはまだまだ E-mail Router が必要
です。システム設定やメールボックスの既定値が意図したものと
異なることによりうまく設定できないケースが多くみられます
ので、ご注意ください。

最後に、以下に参考資料 (英語) のリンクを紹介します。

参考資料 : Microsoft Dynamics CRM 2013 for E-mail Router Installing Guide for use with Microsoft Dynamics CRM Online
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=18991

– 中村 憲一郎

Comments (6)

  1. 電子メール送信の間隔、ルートについて より:

    いつも拝見させていただいてるSと申します。

    E-mail Routerを設定して、検証しています。

    やっと動くようになったところです。

    Dynamicsでメールを送信したら、ステータスが「送信保留中」から送信完了まで、

    どれくらい時間かかるのか、教えていただけますか。

    DynamicsからE-mail Routerへ送信し、E-mail RouterからExchangeサーバーへ送信する

    と考えて正しいでしょうか。

    E-mail RouterがDynamicsからメールを取りに行くことはないですよね。

  2. コメントありがとうございます。

    Microsoft Dynamics CRM サーバー上に登録された電子メールレコードは、E-mail Router が定期的に確認を行い、処理対象のレコードがある場合は、取得後、電子メールサーバーに送信を行います。

    E-mail Router から電子メールサーバーに対してメール送信を行った後、Microsoft Dynamics CRM サーバー上の電子メールレコードのステータスを E-mail Router が変更します。

    確認の間隔は E-mail Router の構成ファイルで指定することが可能です。

    構成ファイルの情報については、以前バージョンの情報となりますが、以下リンクをご参照ください。

    blogs.msdn.com/…/email-router-configuration.aspx

    中村 憲一郎

  3. Misako Tanaka より:

    何も分かっていない者です。

    CCで送られて来た者に対してその中の誰かが返送した場合

    「最新メッセージが表示されます。展開すると前のアイテムが・・・・」

    の表示が出ます。前を見たい場合「展開」 どうすればできるのでしょうか?

    よろしくお願いいたします。

  4. コメントありがとうございます。

    確認いたしますので、大変お手数ですが再現の手順を教えていただけますでしょうか。

    また以下の点も教えてください。

    ・電子メールは Outlook で送受信しているか、Dynamics CRM 上に電子メールレコードを作成しているか

    ・問題のメッセージが表示される画面は Outlook か Dynamics CRM か

    よろしくお願いいたします。

    中村 憲一郎

  5. ワークフローでメールを自動送信する方法について質問です より:

    メールを自動送信するワークフローを作成し、送信者をDynamicsのシステム管理者権限をもつユーザーに指定しています。他のDynamicsユーザーがワークフロー実行時にメールが代理送信されるようにしたいのですが、

    最新のDynamics CRM Onlineではどこでその設定ができるでしょうか?

    以前はDynamicsにログインし、個人オプション→「電子メール」タブにて"他のMicrosoft Dynamics CRMユーザーが、自分が認識するかどうかにかかわらず、自分を送信者として示す電子メールメッセージを送信できるようになります。"にチェックを入れることで代理送信を許可できたと記憶しておりますが、現在はその設定が個人オプションにありません。

  6. コメントありがとうございます。

    私の手元にある Microsoft Dynamics CRM Online 環境を確認する限りではそちらのオプションが出ていますので、再度電子メールが正しく構成できているかご確認ください。

    また代理送信するには権限が必要となりますので、ワークフロー自体をシステム管理者で作成し、作成者の権限で実行するのはいかがでしょうか。合わせてご検討ください。

    – 中村 憲一郎

Skip to main content