Dynamics CRM 2013/Fall ’13 フォームのアクティブ/非アクティブステータス


みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM
Online Fall ’13 で提供されるフォームのステータスについて紹介します。

情報元 : Form Activation\Deactivation state

概要

Microsoft Dynamics CRM 2011 より、各エンティティは複数のフォームを
持てるようになり、フォームセレクターによる切り替えの他、ロール別
に異なるフォームをアサインするなど柔軟性が高くなりました。

その一方で開発中のフォームを含め非常に多くのフォームを保持する場合
開発者の意図しないフォームをユーザーが選択できてしまう問題が出て
来ました。

そこで今回のバージョンではメインフォームについてステータスを提供
することになり、フォームのアクティブ/非アクティブの切り替えが可能に
なりました。

手順

フォームのアクティブ/非アクティブはソリューションより切り替えが可能です。

1. 任意のエンティティのカスタマイズよりフォーム一覧を表示します。

image

2. ステータスを変更したいフォームを選択します。
グリッド右上にアクティブ化、非アクティブ化ボタンがあります。
またフォームの状態列で現在の状態を確認できます。

image

3. 非アクティブ化ボタンをクリックします。選択したフォームが
非アクティブになり、ユーザーからも見れなくなります。

4. 非アクティブフォームを表示するにはビューを切り替えます。

image

注意点

– 現在はメインフォームでのみアクティブ/非アクティブを切り替え可能です。
その他のフォームでは切り替えが行えません。

– 各エンティティで必ず 1 つはアクティブなメインフォームが必要です。

SDK

フォームのステータスは SDK からも切り替え可能です。
formactivationstate の値を変更してください。

0 : 非アクティブ
1 ; アクティブ

ソリューション対応

フォームのステータスはエクスポートされたソリューションでも認識される
ため、他の組織にソリューションを移行した場合もステータスが引き継がれ
ます。以前のバージョンのソリューションではステータスが存在しないため
それらのフォームはすべてアクティブと認識されます。

新規およびアップグレードした組織

新規作成した組織では、新フォームはアクティブに、クラシックフォーム
は非アクティブに設定されています。

アップグレードされた組織ではクラシックフォームがアクティブで、新
フォームは無効になっているため、手動でアクティブにしてください。

– 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content