Dynamics CRM 2013/Fall '13 タブレット用 CRM アプリケーション その 2


みなさん、こんにちは。

前回に続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics
CRM Online Fall '13 向けタブレット用 CRM アプリケーションを紹介します。

今回から各種機能と関連するカスタマイズを見ていきます。

対応エンティティと変更可能範囲

タブレット用 CRM アプリケーションに対しては、有効で編集可能、有効で
読み取り専用、無効の設定が存在しますが、エンティティによって行える
設定が限られています。

設定の確認、変更はエンティティのカスタマイズ画面を使用します。
グレーアウトしている設定は利用できません。

[有効かつ編集が可能な場合]
image

[有効だが読み取り専用の場合]
image

[無効の場合]
image

以下に一覧を紹介します。

カテゴリ ー

エンティティ名

既定値

既定のエンティティ
編集可能

取引先企業
取引先担当者
潜在顧客
営業案件
営業資料
競合企業
つながり
メモ
活動:
•予定
•タスク
•電話

既定で編集有効
読み取り専用または
無効に変更可能

カスタムエンティティ
編集可能

カスタムエンティティ
カスタム活動エンティティ

既定で無効
有効または
読み取り専用に変更可能

既定のエンティティ
読み取り専用

製品
サポート案件
活動:
•電子メール

既定で読み取り専用
編集可能にできないが
無効に変更可能

既定のエンティティ
有効化できないもの

その他の既定のエンティティ

既定で無効
有効化できない

ダッシュボード

タブレット用 CRM アプリケーションで利用できるダッシュボードは
営業ダッシュボードの 1 つのみで、切り替えは行えません。但し以下の
カスタマイズが行えます。

- 名称の変更
- 配置コンポーネントの変更
・最大 6 つのコンポーネント
・グラフをサポート
・HTML Web リソースや iFrame は非サポート

以下に変更手順を紹介します。

1. ブラウザで Microsoft Dynamics CRM Online に接続します。

2. 設定モジュールよりカスタマイズ | システムのカスタマイズを選択します。

3. ダッシュボードより営業ダッシュボードを開きます。

image

4. 任意の名前に変更します。ここではタブレットダッシュボード
と指定しました。

image

5. 必要に応じてコンポーネントの入れ替え、並び替えをします。
今回は営業パイプラインのグラフを一番初めに持ってきました。

6. 上書き保存をクリックしてから閉じるをクリックします。

7. 編集したダッシュボードを選択して、公開をクリックします。

image

8. クライアント側で、一旦タブレット用 CRM アプリケーションを
一旦終了して、再度起動します。

9. 起動時に変更を検知して、以下のメッセージが表示されます。
ダウンロードをクリックして変更を反映します。

image

10. 変更が完了すると、カスタマイズしたダッシュボードが表示されます。

image

サイトマップ

タブレット用 CRM アプリケーションのサイトマップは、システムの
サイトマップ定義をそのまま利用しており、タブレット対応している
エンティティをサイトマップに表示される順番で表示します。

並び順を変更するには、通常のサイトマップのカスタマイズにて表示
順を入れ替えます。

[営業モジュールのサイトマップ]
image
image

[タブレットのサイトマップ]

検索

タブレット用 CRM アプリケーションは複数エンティティの検索を
サポートしています。以下手順で設定が変更できます。

1. ブラウザで Microsoft Dynamics CRM Online に接続します。

2. 設定モジュールより管理 | システム設定をクリックします。

3. 全般タブ | 簡易検索の設定で、「タブレット PC 用 CRM で検索
対象エンティティを選択」の右にある選択ボタンをクリックします。

image

4. 表示される画面でエンティティの選択および並び替えを行い
ます。最大 10 エンティティまで指定可能です。

image

5. 保存して閉じるをクリックします。

6. OK ボタンをクリックしてシステム設定を閉じます。

7. クライアントにてタブレット用 CRM アプリケーションを再起動します。

8. 検索を行い、設定変更が反映されていることを確認します。

尚、それぞれのエンティティの検索については、簡易検索ビューの設定に
依存しますので、必要に応じてカスタマイズしてください。

次回はフォームと簡易作成フォームおよびコミュニケーションカードを
紹介します。

- 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content