Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーの紹介


みなさん、こんにちは。

今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics
CRM Online Fall ’13 で変更された機能の ひとつである、コマンドバー
について紹介します。

リボンとコマンドバー

Microsoft Dynamics CRM 2011 では、リボン UI を採用していました。
リボン UI は柔軟性が高く多くのメニューをグルーピングして表示
することができましたが、以下の点に課題がありました。

– 描写のパフォーマンス
– 表示できる内容が多すぎるが故の操作性低下
– データ表示領域の確保
– 柔軟性が高いが故のカスタマイズの複雑さ

上記問題を解消するために、定義をキャッシュしたり、有効/無効、
表示/非表示を切り替えるカスタマイズを提供したり、手動でリボン
UI 部分を折りたたむ機能を提供したりと工夫していましたが、今回
抜本的な見直しにより、コマンドバーが採用されています。

[リボンとコマンドバー]

image

コマンドバーでは以下の機能を提供します。

– 現在操作している状況に沿ったコマンドを自動切り替え
– 高い描写パフォーマンス
– 効率的な表示領域
– よりシンプルなカスタマイズ

コマンドの自動切り替え

コマンドバーにはユーザーが行うべき作業に集中できるよう、先頭から
5 つのコマンドのみが表示されます。並べ替えは可能ですので、要件に
よって変更ができます。

[取引先企業一覧、レコード選択なしの場合]
image

[取引先企業一覧、1 件のレコード選択時]
image

[新規レコードフォーム]
image

[編集レコードフォーム]
image

[取引先担当者関連、レコード選択なしの場合]
image

[取引先担当者関連、レコード選択時]
image

カスタマイズ

コマンドバーのカスタマイズはリボンのカスタマイズと同様の
方法で行えます。詳細は別途紹介します。

まとめ

個人的にはサイトマップがナビゲーションに代わるより、さらに
インパクトの強い変更であると感じますが、ユーザーが行うべき
操作に集中するという目的を達成するため、またパフォーマンス
を考慮した際に、最適なソリューションであると考えます。

一度体験版でその操作性をお試しください。

– 中村 憲一郎

Comments (4)

  1. NN より:

    コマンドバーで表示できる数は 5 つですか? 6つとか7つ表示する事は可能でしょうか

  2. kenakamu より:

    コメントいただき、ありがとうございます。

    現時点では最初の 5 つのみが表示されるため、残念ながら表示数を変更することは

    できません。ご了承いただきますようお願いいたします。

    中村 憲一郎

  3. Daisuke より:

    CRM 2013 OnlineおよびOn-premiseで確認したところ、見積もりエンティティに関して、"レポートの実行”コマンドがビューを表示したときのコマンドバーには表示されますが、詳細フォームを表示したときのコマンドバーには表示されません。

    確認できたかぎりでは、受注、請求書エンティティについても同様です。

    何か表示させる方法はあるでしょうか?

  4. kenakamu より:

    コメントいただき、ありがとうございます。

    既定の設定を確認する限り、ご指摘のあるエンティティにおいては明示的にレポートの実行ボタンを隠すようになっていました。

    設定では解除されないようですのでコマンドバーをカスタマイズする必要がありますが、システムが既定で持っているメニューであるためサポートされた方法での実施が困難であると考えます。

    中村 憲一郎