Dynamics CRM 2013/Fall ’13 新フォーム紹介 その 3


(2013/11/5 誤りを修正 : 簡易作成フォームは業務ルールをサポートします)

みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics
CRM Online Fall ’13 の新フォームを紹介します。

今回は既存フォームの新機能紹介ではなく、今回新しく追加された簡易作成
フォームと簡易表示フォームの概要と使い方を紹介します。

簡易作成フォーム

簡易作成フォームは通常のフォームと異なり、必要最小限のフィールドのみ
表示することで、ユーザーが簡単にレコードを作成できる機能です。

[新規フォーム]
image

[簡易作成フォーム]
image

簡易作成フォームは、ナビゲーションにある作成ボタンやルックアップ
から新規レコードを作成する場合に、簡易作成フォームを利用できます。

作成方法

簡易作成フォームは、通常のフォーム同様、エンティティのカスタマイズ
より作成が可能です。任意のエンティティ | フォーム | 新規をクリックして
簡易作成フォームを選択します。

image

サポートされる機能

簡易作成フォームでは以下の機能がサポートされます。

– フォームスクリプト (業務ルールを除く含む)
– 複数の簡易作成フォームの作成
– セキュリティロールの割り当て
– 順序の変更

上記機能をサポートすることで、ロールによって異なるフォームを
表示したり、OnSave、OnChange、OnLoad スクリプトを利用して
必要な処理を行うことが可能です。

またレコード作成のプロセスは通常のレコード作成と同じため、
プラグインおよびワークフローも動作します。

ナビゲーション

簡易作成フォームを追加した場合、自動的にナビゲーションの作成
ボタン押下時に表示される一覧に追加されます。

簡易表示フォーム

簡易表示フォームは、フォーム上に N:1 関連 (ルックアップ) で指定
したレコードの情報を表示するために利用できます。

[従来のルックアップの表示]
image

[簡易表示フォームを利用した場合]
image

上記画面キャプチャの通り、今までルックアップの表示はキーとなる
列のみが表示されており、その他のフィールドの値を表示するには
開発が必要でしたが、この新機能で簡単に表示できるようになりました。

作成方法

簡易表示フォームも、通常のフォーム同様、エンティティのカスタマイズ
より作成が可能です。任意のエンティティ | フォーム | 新規をクリックして
簡易表示フォームを選択します。

image

配置方法

作成した簡易表示フォームは、配置先のフォーム編集画面で配置が可能です。

1. 簡易表示フォームを配置したいフォームをフォームエディターで開きます。

2. 挿入 | 簡易表示フォームをクリックします。
image

3. 表示したい関連エンティティとフォームを選択します。

image

サポートされる機能

簡易表示フォームでは以下の機能がサポートされます。

・複数フォームの作成

簡易表示フォームではレコードの編集やスクリプトの実行はできません。

まとめ

今回のアップデートではフォームに多くの機能が追加されました。是非
これらの機能を活用して、生産性を向上してください。

– 中村 憲一郎

Comments (2)

  1. 通りすがり より:

    連日の情報提供ありがとうございます。

    「簡易表示フォーム」いいですね。

    2011 では REST で頑張ってましたが、こんなに簡単にできるのですから。

    しかも、レコード編集やスクリプトの実行はできないとはいえ、あくまでもフォームなのでサブグリッドを持たせることもできるんですね!

    いろいろ検証してみたいと思います。

    今後の情報も楽しみにしています。

  2. kenakamu より:

    コメントありがとうございます。

    新しいバージョンでは、このほかにも今まで開発が必要であった内容が

    UI から設定レベルでできるようになっています。随時紹介していきますので

    お楽しみに!

    中村 憲一郎