Dynamics CRM 2013/Fall ’13 新フォーム紹介 その 2


みなさん、こんにちは。

前回に引き続き、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics
CRM Online Fall ’13 の新フォームを紹介します。

ルックアップ

少しでもポップアップを削減し、ユーザーの操作性を高くする目的で、関連
のルックアップも既定で 10 件の候補を表示するようになりました。

image

上記画面右下の新規ボタンをクリックすると、新機能であるレコードの
簡易作成が実行されます。

image

また表示されていない他のレコードを検索したい場合にも一覧の一番下に
表示される「他のレコード検索」をクリックすると、オーバーレイ表示で
ダイアログが表示されます。

image

上記詳細なルックアップから新規をクリックした場合は、簡易作成では
なく、通常の新規作成フォームが開くようになっています。

フォームセレクター

複数のフォームが選択できる場合、フォーム画面上でフォームの切り替え
が行えます。

image

サブグリッド

サブグリッドすぐ上のアイコンでレコードの追加や、関連ビューへの
移動が行えるため、素早い操作が可能です。

image

レコードの追加は上記ルックアップと同様の動作となります。

image

こちらのボタンをクリックすると関連ビューに移動できます。

コンポジットコントロール

氏名および住所のみ、複数フィールドをまとめて表示、編集できる
機能が提供されました。例えば住所の場合、フォームには以下の様に
表示されています。

image

この項目をクリックすると以下の様に、個別のフィールドごとに
編集できるようになります。

image

氏名も同様です。

image

尚、現時点ではコンポジットコントロールのカスタマイズや作成は
残念ながらサポートされていません。

レイアウトの自動調整

様々な画面サイズで利用されることを想定されているため、フォームの
要素は自動的にレイアウトが変更されます。これは画面を右にスクロール
する必要が無い様に配慮された機能であり、上下のスクロールのみで画面を
確認できるほか、サイズごとにフォームを要する必要がないため、開発者
の方にとっても便利な機能です。

ブラウザのサイズ変更だけでも確認できますので是非お試しください。

 

次回は新しいフォームの種類である簡易作成および簡易表示フォームを
紹介します。

– 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content