Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 5

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、コマンドバーのカスタマイズを紹介します。今回は アプリケーションリボンを紹介しますが、手順は前回までの記事から の続きとなります。 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 1 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 2 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 3 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 4 アプリケーションリボン アプリケーションリボンでは、以下のコマンドを定義できます。 – 以下特殊なフォームのリボン ・Web リソースエディター ・フォームエディター ・ダッシュボード ・ダッシュボードエディター ・グラフエディター ・サービスカレンダー ・高度な検索 ・ドキュメント ・記事の検索 – リボンが表示されるフォームにあるファイルメニューのコマンド ※ Microsoft Dynamics CRM 2013 および Microsoft…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 4

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、コマンドバーのカスタマイズを紹介します。今回 より複雑な表示の制御と複数言語対応を紹介しますが、手順は前回 までの記事からの続きとなります。 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 1 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 2 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 3 シナリオ 前回追加したカスタムボタンは常に表示されているが、以下の条件 を満たした場合にのみ表示したい。 – グリッドでレコードを 1 件選択している – エンティティでビジネスプロセスフローが有効になっている またボタン名や概要が日本語のみであるが、今後のために複数言語 対応としたい。 複数言語対応 まず複数言語に対応させます。 1. Customizations.xml を Visual Studio で開き、 XML スキーマを 適用します。 2. RibbonDiffXml 配下の LocLabels を以下の様に変更します。 Id: 一意となる値です。参照される ID…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 3

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、コマンドバーのカスタマイズを紹介します。今回は カスタムボタンの追加を紹介しますが、手順は前回までの記事からの 続きとなります。 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 1 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 2 シナリオ 取引先企業のグリッドコマンドバーにカスタムのボタンを追加します。 場所は新規ボタンの右側とし、独自のアイコン、名前、説明を使用、 クリック実行時にカスタムの JavaScript 関数を実行します。 事前準備 カスタムボタンで利用するアイコンと JavaScript は Web リソース として登録しておきます。 1. 設定よりカスタマイズ | ソリューションを開きます。 2. 以前作成した Command Bar Test ソリューションを開きます。 3. Web リソースをクリックし、新規ボタンをクリックします。 4. 種類より任意の画像形式を選択し、ファイルのアップロードより 16×16 ピクセルの画像を選択します。 5. 任意の名前と表示名で保存します。今回は new_CRM16by16.png という画像 Web リソースを作成しました。 6….


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 2

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、コマンドバーのカスタマイズを紹介します。今回は 具体的にカスタマイズを実施していきますが、以下の手順は前回記事 の手順の続きになります。 前回の記事はこちら。 シナリオ 取引先企業エンティティのグリッドからのみ、高度な検索ボタンを 非表示にします。ただし高度な検索の権限は剥奪しません。 Customizations.xml を開く コマンドバーのカスタマイズを行うにあたり、Visual Studio で保存した Customizations.xml を開きます。 1. Visual Studio を起動します。 2. ファイル | 開くより解凍した Customizations.xml を開きます。 3. XML メニューよりスキーマをクリックします。 4. 追加より前回追加したスキーマを探し以下を選択します。 CustomizationsSolution.xsd RibbonCore.xsd RibbonTypes.xsd RibbonWSS.xsd 5. OK をクリックします。 6. Entities | Entity | RibbonDiffXml ノードを探します。 7. CutomActions ノードを以下のように変更します。 <CustomActions></CustomActions> 8. CustomActions 内に要素を追加するために改行し、続いて [<] を入力した際、以下のように Intellisense が動作すればスキーマが…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーのカスタマイズ その 1

みなさん、こんにちは。 今回から Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 の新機能であるコマンドバーのカスタマイズを紹介します。 今回はコマンドバーカスタマイズの概要紹介と作業の準備を行います。 コマンドバーの概要については以下の記事を参照してください。 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 コマンドバーの紹介 コマンドバーカスタマイズの概要 コマンドバーのカスタマイズは Microsoft Dynamics CRM 2011 のリボンの カスタマイズを同じ方法で行います。ただしコマンドバーとリボンで表現 方法が異なるため、いくつかの機能は利用できません。すでにリボンでの カスタマイズに経験がある場合、以下の点にご注意ください。 特定のコントロールタイプの非サポート カラーピッカーやコンボボックスなどいくつかのコントロールはコマンド バーではサポートしません。詳細は以下のリンクを確認してください。 Removal of Some Ribbon Controls EnableRule の挙動 コマンドバーは無効のコマンドを表示しないため、Enable ルールを利用 して無効と判定されたコマンドは非表示となります。 タブおよびスケーリング コマンドバーにはタブやスケーリングの概念がないため、定義されている 設定は無視されます。 コマンドバーの種類 コマンドバーは以下の種類があります。 – グリッド用コマンドバー – フォーム用コマンドバー – 関連用コマンドバー –…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 同期ワークフロー その 2

みなさん、こんにちは。 今回は前回に続き、同期ワークフローの結果の確認方法および トラブルシューティング方法を紹介します。 結果と履歴の確認 同期ワークフローは、リアルタイムで処理されるため、エラー が発生した場合は画面上にその旨が表示されます。その一方で 履歴としては既定でエラーのみが記録として残ります。 [プラグインで任意のエラーを発生させた場合] ユーザーは上記エラー画面で「ログファイルのダウンロード」 をクリックすることでログを取得可能です。 事後に失敗の履歴を確認したい場合は、ワークフローを実行 したレコードの関連から、またはワークフロー本体の画面を 開いてプロセスセッションをクリックすることで表示します。 [履歴画面] 履歴レコードを開くことで、エラーを確認できます。 履歴を残したくない場合 履歴もレコードであるため、データベース容量の計算対象と なります。失敗は画面に表示されることから履歴として残し たくない場合、ワークフローエディターにてログ保持の設定 を変更することが可能です。 同期ワークフローが実行されない場合 同期ワークフローがそもそも動作しない場合は、以下内容 を確認してください。 – 該当のワークフローがアクティブ化されているか – 正しいスコープになっているか – 実行時期が意図した内容となっているか 特に、ワークフローを作成したユーザーや一部のユーザーで のみワークフローが実行され、他のユーザーでは実行されない 場合は、スコープが個人や部署になっていることが原因です。 同期ワークフローが権限不足でエラーとなる場合 既定で同期ワークフローはレコードを操作しているユーザーの 権限で実行されます。ワークフロー内の処理に対してユーザー の権限が不足している場合はエラーとなり、本来の処理自体が ロールバックされます。 その場合は以下対処を検討してください。 – ユーザーに適切な権限を付与する – 同期ワークフローを所有者権限で実行し、所有者に権限を付与する – ワークフローの処理を見直す まとめ エディターを利用して開発できる同期ワークフローは導入が手軽 であるだけでなく、履歴の確認やエラーの特定も容易に行えます。 是非一度お試しください。 – 中村 憲一郎


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 同期ワークフロー その 1

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 の新機能である、同期ワークフローを紹介します。 同期ワークフロー概要 Microsoft Dynamics CRM はレコードの作成や更新といった操作に対して 以下の方法でカスタムの操作を差し込めるよう設計されています。 – JavaScript : クライアントサイド実行 – プラグイン : サーバーサイド実行 – ワークフロー : サーバーサイド実行 その中でも ワークフローは GUI で作成、管理、エラーの確認が行える ため導入の敷居が低い一方で、非同期処理のみがサポートされていた為 操作が一旦完結した後でしか動作しないという制限がありました。 今回同期処理がサポートされることで以下のメリットがあります。 – これまで通り、エディターで開発が行える – GUI で管理、エラーの確認が行える – ユーザー操作処理のトランザクション内で動作する 自由にコードが記述できるプラグインに比較すると行える操作は限定的 ですが、一般的な操作は十分に行えます。 同期ワークフローは以下のタイミングで実行できます。すべて操作の トランザクション内です。 – レコードの作成後 – レコードの状態変更、割り当て、フィールド変更の前後 – レコードの削除前…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 ナビゲーションのカスタマイズ

(2013/10/24 ナビゲーションの制限を追記)(2013/10/30 ナビゲーションの制限に簡易作成のボタンについて追記)(2014/2/17 保存するファイル形式の誤りを修正) みなさん、こんにちは。 今日は、Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 の新機能、ナビゲーションのカスタマイズを紹介します。 ナビゲーションについては以下の記事を参照してください。 Dynamics CRM 2013/Fall ’13 ナビゲーションの紹介 ナビゲーションのカスタマイズ ナビゲーションは大きく分けて二つの領域があります。 サイトマップ : メイン画面で表示さえる項目 フォームナビゲーション : レコードを開いた際に利用できる項目 [サイトマップ部] [フォームナビゲーション部] サイトマップ部のカスタマイズ ではまずサイトマップ部分から見ていきます。 サイトマップ部の構成要素 サイトマップ部は大/中/小項目から成り立っており、大項目は画面 左上のアイコンをクリックした際に表示されるカテゴリとして使用 中/小は各モジュール内のメニューとして使用します。 サイトマップ部のカスタマイズ方法 サイトマップ部のカスタマイズは Microsoft Dynamics CRM 2011 と 同じ方法を採用しています。サイトマップをカスタマイズするには いったんカスタマイズをエクスポートする必要があります。 1. 設定モジュールより、カスタマイズ | ソリューションをクリック し、新規のソリューションを作成します。 2. ソリューションに任意の名前、発行元、バージョンを設定して 一旦保存します。…


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 フィールドの新機能

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 で追加されたフィールドの新機能を紹介します。 画像タイプのサポート 以前までアクティビティフィードでのみサポートされていた画像ですが、 Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 では通常のエンティティにもサポートを拡張しました。 [ユーザーエンティティ] [取引先企業] カスタマイズ手順 画像タイプはエンティティにつき 1 つだけサポートされ、表示場所は フォームの名前の左側に固定でサイズも変更できません。 以下に設定の手順を紹介します。 1. 画像を利用したいエンティティのカスタマイズよりフィールドを 選択します。今回はカスタムエンティティを作成してみました。 2. 新規ボタンをクリックします。 3. フィールドの種類よりイメージを選択します。 4. 任意の表示名を入力して、保存して閉じるをクリックします。 5. エンティティのカスタマイズ画面に、プライマリイメージとして 作成したフィールドが指定されます。 6. イメージを利用したいフォームをフォームエディターで開きます。 7. フォームのプロパティをクリックし、表示タブをクリックします。 イメージの項目でイメージをフォームに表示にチェックを入れます。 8. フォームを保存して閉じた後、エンティティ全体を公開します。 利用方法 1….


Dynamics CRM 2013/Fall ’13 新フォーム紹介 その 5

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 新フォームの自動保存機能を紹介します。 概要 Microsoft Dynamics CRM に限らず、多くの方がデータの入力中に 誤って画面を閉じてしまったり、問題の発生でアプリケーションが 強制終了してしまい、入力したデータを失った経験があるはずです。 既に Microsoft Office アプリケーションでは、一定間隔で自動保存 を行い、問題発生時のロスを最小限にするよう設計されています。 参考: Office ファイルを自動的に保存および回復する Microsoft Dynamics CRM 2013 および、Microsoft Dynamics CRM Online Fall ’13 はフォームの自動保存機能を提供します。 自動保存が動作するタイミング 自動保存はレコードが一旦作成されるまでは機能しないため、新規 レコードの作成時には、一旦レコードを保存する必要があります。 その後、以下のタイミングでレコードが自動保存されます。 1. フィールドの値が変更され、フォーカスを失ってから 30 秒後 2. ユーザーがフォームから移動したタイミング 尚、1 において変更途中のフィールドは保存対象となりませんので 中途半端な値が保存されることはありません。また自動保存間隔は 変更できません。 自動保存実行時の挙動 自動保存でレコードが保存される場合は、ユーザーが手動で保存を…