Dynamics CRM 2011 : カスタムレポート その 2 – FetchXML を利用したカスタム活動レポート


みなさん、こんにちは。

今日は開発者の方向けの情報として、先日北米プレミアフィールドエンジニアチームブログで
公開された、FetchXML を利用したカスタム活動レポートについての記事を紹介します。

元情報: Dynamic Activity Reporting using FetchXML

===========================================================================
以前の記事で、フィルター化されたビューと FetchXML について紹介しました。今回はそれに
関連する情報を提供します。

最近オンライン環境を利用しているユーザーから、活動のレポートをカスタマイズしたいが、
以下の制限があるため、対処が困難であるという話をよく聞きます。

– データの取得で FetchXML のみサポートしている
– 既定のレポートはカスタマイズできない

今回あるユーザーより、選択した取引先企業に関連する営業案件、または取引先担当者を
関連を持った活動のみをレポートとして表示したいという要望を受け、実際にレポートの
開発を行いました。ここではその詳細を紹介します。

作成したレポートパラメータと対応するフィールド

@Accountid : Regardingobjectid

@EventDateFrom : Scheduledend

@EventDateTo : Scheduledend

@ActivityType : Activitytypecode

@Status : Statecode

FetchXML では link-type=’outer’ を利用することで、必要な列を取得しています。ただし
この種類の結合を利用する場合、パフォーマンスに影響がありますので、レポートの
必要性を十分に検討してください。

利用した FetchXML

<fetch version=1.0output-format=xml-platformmapping=logicaldistinct=false> <entity name=activitypointer> <attribute name=subject/> <attribute name=ownerid/> <attribute name=regardingobjectid/> <attribute name=activitytypecode/> <attribute name=statecode/> <attribute name=scheduledstart/> <attribute name=scheduledend/> <attribute name=activityid/> <attribute name=description/> <attribute name=createdon/> <attribute name=createdby/> <attribute name=actualstart/> <attribute name=actualend/> <order attribute=modifiedondescending=false/> <filter type=and> <condition attribute=regardingobjectidoperator=not-null/> <condition attribute=isregularactivityoperator=eqvalue=1/> <condition attribute=statecodeoperator=invalue=@Status/> <condition attribute=activitytypecodeoperator=invalue=@ActivityType/> <filter type=and> <condition attribute=scheduledendoperator=on-or-aftervalue=@EventDateFrom/> <condition attribute=scheduledendoperator=on-or-beforevalue=@EventDateTo/> </filter> </filter> <link-entity name=opportunityfrom=opportunityidto=regardingobjectidalias=opplink-type=outer> <attribute name=opportunityid/> <attribute name=customerid/> <link-entity name=accountfrom=accountidto=customeridalias=opportunityaccountlink-type=outer> <attribute name=accountid/> <attribute name=territoryid/> <filter type=and> <condition attribute=accountidoperator=invalue=@account/> </filter> </link-entity> <filter type=and> <condition attribute=accountidoperator=invalue=@account/> </filter> </link-entity> <link-entity name=contactfrom=contactidto=regardingobjectidalias=contlink-type=outer> <attribute name=contactid/> <attribute name=parentcustomerid/> <link-entity name=accountfrom=accountidto=parentcustomeridalias=contactaccountlink-type=outer> <attribute name=accountid/> <attribute name=territoryid/> <filter type=and> <condition attribute=accountidoperator=invalue=@account/> </filter> </link-entity> <filter type=and> <condition attribute=accountidoperator=invalue=@account/> </filter> </link-entity> <link-entity name=accountfrom=accountidto=regardingobjectidalias=acctlink-type=outer> <attribute name=accountid/> <attribute name=territoryid/> <attribute name=name/> <filter type=and> <condition attribute=accountidoperator=invalue=@account/> </filter> </link-entity> <link-entity name=appointmentfrom=activityidto=activityidalias=apptlink-type=outer> <attribute name=activityid/> <attribute name=new_appointmenttype/> <attribute name=ownerid/> <filter type=and> <condition attribute=regardingobjectidoperator=not-null/> <filter type=and> <condition attribute=scheduledendoperator=on-or-aftervalue=@EventDateFrom/> <condition attribute=scheduledendoperator=on-or-beforevalue=@EventDateTo/> </filter> </filter> </link-entity> <link-entity name=phonecallfrom=activityidto=activityidalias=phonelink-type=outer> <attribute name=activityid/> <attribute name=new_phonetype/> <attribute name=ownerid/> <filter type=and> <condition attribute=regardingobjectidoperator=not-null/> <filter type=and> <condition attribute=scheduledendoperator=on-or-aftervalue=@EventDateFrom/> <condition attribute=scheduledendoperator=on-or-beforevalue=@EventDateTo/> </filter> </filter> </link-entity> </entity> </fetch>

あとは Business Intelligence Developer Studio を利用し上記 FetchXML を利用して、
実際のレポートを作成しました。

FetchXML のパフォーマンスについては、isquickfindfield オプションの利用も
検討してください。詳細はこちらの記事で紹介しています。

===========================================================================

まとめ

FetchXML は Microsoft Dynamics CRM 独自のクエリ言語であるため、慣れていない場合には
なかなか実際に取得したいデータを取得できるクエリを書けない場合があります。今後も
有用なサンプルがあれば随時紹介していきます。

– Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

Comments (2)

  1. Yutaka Fujisawa より:

    カスタムレポートのご紹介ありがとうございます。FetchXMLの勉強を含め、大変参考になりました。

    一つに気になる点は、Playlist(関係者リスト)が取得できないのではという点です。

    何度かためしてみましたが、うまく取得できませんでした。

    取得出来る方法や、別の手順がありましたら、ご教示ください。

    よろしくお願いします。

  2. Naohiro Kohira より:

    上記ご質問いただきまして、ありがとうございます。

    Playlist(関係者リスト)が取得できない点につきましては、関係者リストの場合、例えば必修出席者や任意出席者が複数になることがございます。その場合、レポート1行に複数のレコードを含むことができないため、取得できない状況となります。

    なお、他の方法がないか併せ確認させていただくことも可能でございますので別途SRを頂ければと存じます。

    -Dynamics CRM サポート 小平 直広

Skip to main content