Dynamics CRM 2011 : 活動の関連参照ダイアログの既定エンティティを変更する


みなさん、こんにちは。

今日は開発者および管理者の方向けの情報として活動の関連
参照ダイアログの新機能を紹介します。

背景

各種活動に関連を設定することが出来ますが、既定では取引先
企業が検索対象となっています。選択できる対象が非常に多い
ことが関連の特徴ですが、既定を変えたいという声を今までに
多くいただきました。

image

そこで Update Rollup 11 から、関連参照ダイアログの既定の
エンティティを変更する手段を提供しています。

手順

1. 以下の記事を参照していただき、OrgDbOrgSettings ツールを
入手します。尚、最新の Update Rollup のダウンロードページ
からツールを入手してください。

Dynamics CRM 2011 用 OrgDBOrgSettings ツールの案内

2. 上記記事を参考に設定ファイルを編集後、以下のコマンドを
実行して現在の設定を取得します。

Microsoft.Crm.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe Retrieve /u <組織の固有ID>

3. SetRegardingLookupDefaultEntityType  に値が設定されていない
ことを確認します。

4. 以下のコマンドで値を設定します。以下の例では初期の
エンティティとしてサポート案件 (incident) を指定しています。

Microsoft.Crm.SE.OrgDBOrgSettingsTool.exe Update /u <組織の固有ID> SetRegardingLookupDefaultEntityType  incident

5. Update successful のメッセージが出れば更新完了です。

6. 画面より初期値が変わっていることを確認します。

image

まとめ

こちらのツールを利用することで各種設定を安全に
変更できます。他にも気になるオプションがあれば
コメントをいただければ紹介いたします。

‐ Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content