Dynamics CRM : 2012 年 12 月 サービスアップデート 新フォームの紹介 その 5 - 潜在顧客、営業案件フォーム


みなさん、こんにちは。

前回に続き、今回もエンティティ固有の機能を紹介します。
今回は潜在顧客と営業案件です。

Microsoft Dynamics CRM の営業機能

Microsoft Dynamics CRM では営業機能として、複数のエンティティを
提供し、それらが連携するように設計されています。主な流れは
以下の通りです。

潜在顧客 - 営業案件 - 見積もり - 受注 - 請求書

また上記流れの他に以下のようなエンティティも提供します。

営業資料、製品、競合企業、キャンペーン、目標

2012 年 12 月サービスアップデートでは、まず潜在顧客と営業案件
で新しいフォームを提供しています。

潜在顧客と営業案件の新しいフォーム

今回の新しいフォームでは、潜在顧客と営業案件は同じフォームを
利用します。つまり潜在顧客レコードを開いても、営業案件を開いて
も、同じフォームが表示されます。

これら 2 つのエンティティは営業プロセスの一環として設計されて
おり、今回フォーム上でもそれが反映されています。

では早速フォームを確認してみます。

1. サイトマップより潜在顧客を選択して、新規ボタンをクリックします。

2. トピックと担当者の姓を入力して、作成をクリックします。ここでは
担当者の姓に早川と入力しました。

3. すでに取引先担当者が存在するか、評価プロセス欄で確認
します。入力した姓を検索キーワードとして自動で検索されます。
この機能により、重複したレコード作成を避けることが可能です。

image

4. 今回は検索を利用して取引先担当者を指定しました。また
取引先企業として担当者が所属するフォースコーヒーを選択します。

image

5. 評価プロセスにある購入時期等の情報をすべて入力後、メニュー
より見込みありと評価をクリックします。

image

6. 営業のプロセスが提案作成に移ります。またこの時点でフォームの
タイトルに営業案件と表示されます。

image

7. メイン画面より営業案件のサイトマップを選択すると、新しいレコード
が作成されていることが分かります。

image

8. レコードに戻り、評価プロセスをクリックします。すると潜在顧客の
レコードが表示されます。つまりフォームで 2 つのエンティティの
レコードを閲覧することが可能です。

見込みありと評価

今回新しいフォームを提供するにあたり、見込みありと評価の機能が
変更になりました。以前は一旦ダイアログが表示され、取引先企業、
取引先担当者、営業案件への変換を手動で選択できましたが、今回
から、自動ですべてのレコードが作成されます。

この挙動はクラシックフォームでも同様です。

カスタマイズ

2 つのエンティティが同じフォームに表示されはしますが、プロセスに
よって明確に潜在顧客と営業案件は分かれていますので、フォームの
カスタマイズはそれぞれのエンティティで行っていただけます。

プロセスのカスタマイズについてはこちらをご覧ください。

まとめ

今回は同じフォーム上で 2 つのエンティティを同時に参照することが
できるという新しい操作性を提供していますが、営業プロセスとしては
途中までしか処理ができません。現在の運用上見積もりや受注まで
連鎖していく必要がある場合は、クラシックフォームを引き続きご利用
ください。

運用上、営業案件までしか利用しない場合には、面白いソリューションに
なると考えています。尚、時期は未定ですが、今後も新しいフォームは
他のエンティティにも採用していく予定です。

- Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

Comments (0)

Skip to main content