Dynamics CRM : 2012 年 12 月 サービスアップデート 新フォームの紹介 その 2 – レコードの自動保存機能


みなさん、こんにちは。

今回は先日 US の  CRM チームが公開しているブログ記事を紹介します。

元記事 : Auto Save for Updated User Experience Forms in December 2012 Service Update

2012 年 12 月 サービスアップデート の主な目的の一つは簡素且つ近代的なユーザーエクスペリアンスを提供することにあります。その一環として 2012 年 12 月 サービスアップデート の新しいフォームにはレコードの自動保存機能が追加されました。このブログではこのレコードの自動保存機能について説明します。

目次:

自動保存の状態を確認できる場所

自動保存のステータス

自動保存処理の内容

開発者への影響

いつ自動保存処理が行われるか

自動保存が行われないケースについて

自動保存のタイミングの制御について

自動保存の状態を確認できる場所:

取引先企業、 取引先担当者、  潜在顧客、 営業案件、 サポート案件の新しいフォームの画面右下に自動保存の状態が表示されます。 該当箇所は以下のスクリーンショットから確認できます。

pic1

自動保存のステータス:

以下は自動保存ステータスの一覧です。なお、こちらは英語環境での出力となります。

unsaved

savingstate

requiredfields

servererror

servererrorhover

inactive

自動保存処理の内容:

– フォームのフィールドを初めて更新してから30秒間隔でレコードが保存されます。

– 自動保存処理は過去30秒間に発生したフィールド更新を保存します。

– 編集中のフィールドは自動保存されません。

– 自動保存処理はサーバーから最新の情報を取得し、フォームをリロードせずに最新のデータをフォーム上に表示します。

      — 別のユーザーが更新したフィールドも対象となります。

      — 編集中のフィールドは対象外となります。

開発者への影響:

自動保存処理はサーバーに対して update を実行しているので、自動保存処理は以下の処理もキックします。

– プラグイン

– ワークフロー

– レコードの監査

いつ自動保存処理が行われるか:

自動保存処理は以下のタイミングで発生します。

– フォームのフィールドを初めて更新してから30秒が経過した際

– フォームをクローズした際

– 一部のコマンドバーボタンを押した際(「新規」、「見込みありと評価」等)

自動保存が行われないケースについて:

以下のケースでは自動保存処理は実行されません。

– Create フォームから新規レコードを作成する際には自動保存処理は実行されません。新規レコードを保存するにはコマンドバーにある「作成」ボタンを明示的に押す必要があります。

– 従来のフォームを使用している場合自動保存処理は実行されません。

– 取引先企業、 取引先担当者、  潜在顧客、 営業案件、 サポート案件以外のエンティティのフォームでは自動保存処理は実行されません。

自動保存のタイミングの制御について:

現行リリースでは自動保存機能の動作を制御することはできません。

– 自動保存機能はデフォルトで有効であり、無効化することはできません。

– 自動保存が行われる間隔は変更することはできません。

 

– Dynamics CRM サポート 早川 邦彦

Comments (0)

Skip to main content