Dynamics CRM 2011 展開アドミニストレーターについて

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics CRM 2011 の展開アドミニストレーターと 展開マネージャー、また展開 Web サービスの情報をお届けします。 概要 展開アドミニストレーター 展開アドミニストレーターは、Microsoft Dynamics CRM 2011 において、 組織単位ではなく、実装レベルの管理を行います。例えば、以下の 作業を行います。 ‐ CRM 組織の追加、変更、削除、更新の適用 ‐ クレームベース認証や IFD の構成 ‐ プロダクトキーの変更 ‐ 既存サーバーの有効/無効 ‐ 展開アドミニストレーターの追加や削除 既定では、 Microsoft Dynamics CRM 2011 インストール時のアカウント が、展開アドミニストレーターとなります。 展開マネージャー 展開アドミニストレーターが、上記のような作業を行うために提供 された GUI ツールです。Microsoft Dynamics CRM 2011 インストーラー で展開ツールを選択することでインストールされます。 PwerShell コマンドレット CUI ベースで展開アドミニストレーターの作業を行うことができるよう PowerShell のコマンドレットが提供されます。こちらも展開ツールを インストールすることでインストールされます。…


Dynamics CRM 2011 SDK スクリプティング getServerUrl メソッドが返す値

みなさん、こんにちは。 今回は開発者向けの情報として、JScript 内で利用する事ができる Xrm.Page.context.getServerUrl の Tips を紹介します。 概要 JScript を利用した開発を行っている場合、REST エンドポイントの 指定などで、サーバー名を指定する必要がある場合があります。 しかし、以下の理由からアドレスの直指定は避ける必要があります。 – 開発から本番環境への移動等、スクリプトのポータビリティが下がる – IFD 環境の場合、接続する組織により URL が異なる – Outlook でオフライン機能を利用する場合も、URL が異なる これらの問題を解消するために、Xrm.Page.context.getServerUrl() で サーバー名を動的に取得することが可能です。ただしこのメソッドが どのような値を返すかを理解する必要があります。 返される値 getServerUrl メソッドが返す値のパターンは、以下の通りです。 設置型の場合 http(s)://[Server Name] : [Port Number]/[Organization Name] プロトコルの種類およびサーバー名は、展開マネージャーのプロパティの Web アドレスに指定した値を利用します。例えば、以下のような設定を 行っている場合、ブラウザで http プロトコルを指定して、 CRM という名称の 組織に接続している場合でも https://crm2011.contoso.local/CRM という値が 返されます。 IFD の場合 https://[Organization Name].[Domain Name]…


Dynamics CRM 2011 レポート開発 : 金額の合計について

みなさん、こんにちは。 今日は最近複数のお客様からお問い合わせをいただいた、レポートに ついてのトピックをお届けします。また関連した開発ネタも紹介します。 前提 グローバル企業では、取引先企業ごとに利用する通貨が異なったり、また 関連する営業案件で利用する通貨が異なる場合が多々あります。その場合 レポートウィザードで作成したレポートにおいて、金額フィールドの合計欄を 出力した場合、以下のような結果を見ることになります。 [レポート列の定義] [レポート列の結果] この例では、営業案件が 2 レコードあり、初めの案件では日本円が、後の 案件ではUS ドルが指定されています。ただし合計欄は日本円表示です。 合計欄の集計方法 合計欄の数値 各レコードの金額は、レコードに紐づいているものを利用しています。ただ、 各レコードは指定された通貨での金額の他、基本通貨での金額も保持して おり、合計には基本通貨の合計が利用されます。 上記の例の場合、初めのレコードは日本円であるため、22,000 が基本通貨 の金額であり、2 つ目のレコードは 833,333 が基本通貨の金額です。よって 合計が 855,333 となります。 合計欄の金額フォーマット 合計欄の金額フォーマットは、システム設定の形式設定を反映します。よって 組織の設定を 「英語 (英国) 」 に変更した場合、同様のレポートでも以下の 表示となります。 レポートのカスタマイズ準備 では今回のメイントピックである、レポートのカスタマイズを紹介します。 レポートをカスタマイズするには、以下のツールが必要です。 SQL Server 2008 Business Intelligence Developer Studio (BIDS) Microsoft Dynamics CRM 2011 Report Authoring 拡張…


Dynamics CRM 2011 設置型 Excel エクスポート 動的ワークシートのパフォーマンス

みなさん、こんにちは。 今回は先日 US サポートチームブログで公開された記事を紹介します。 元記事 : Increasing the performance of Excel dynamic worksheets Microsoft Dynamics CRM では、データをエクセルにエクスポートする機能を 利用することで、素早く、柔軟なレポートとして活用することができます。 ユーザーは、データを静的または動的ワークシートとしてエクスポートする ことができますが、動的ワークシートとしてデータをエクスポートした場合、 設置型ではフィルター化されたビューに対してクエリを実行して、データを 取得することになります。 フィルター化されたビューをクエリした場合、クエリ実行者の情報を取得する 必要がありますが、ユーザー数が多い組織の場合には、パフォーマンスに 影響が出る可能性があります。SQL サーバーは、以下のクエリを利用して クエリの実行ユーザーを特定します。 select @userGuid = s.SystemUserId from SystemUserBase s where s.DomainName = SUSER_SNAME() クエリのパフォーマンスを向上させる方法としては、データベースに対して、 カスタムインデックスを作成することです。 上記のクエリの場合、以下の カスタムインデックスが有効です。 ※ YourOrgName_MSCRM を任意の組織データベース名に変更してください。またインデックス名は任意のものに変更していただいて結構です。 CREATE NONCLUSTERED INDEX ix_SystemUserBase_DomainName ON [YourOrgName_MSCRM].[dbo].[SystemUserBase] ( [DomainName] ) ;…


Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.12 マルチスレッド環境でのサービスプロキシ生成

みなさん、こんにちは。 以前こちらの記事で、Web サービスのベストプラクティスを紹介し、 その中で プロキシクラスを保持することでパフォーマンスが向上 するという説明をしました。 ただし、OrganizationServiceProxy はスレッドセーフではないため、 マルチスレッドアプリケーションを利用する場合、各スレッドごとに 固有のプロキシを生成する必要があります。 OrganizationServiceProxy を生成する場合は、認証および各種 メタデータのダウンロードが伴いますが、同一アプリケーションで 利用する場合、これらは重複情報であり、オーバーヘッドとなります。 そこで SDK 5.0.12 では認証およびメタデータのダウンロード部分を 外だしにすることで、 OrganizationServiceProxy 生成時のオーバー ヘッドを最小限にする手法が提供されています。 概要 まず以下のコードでメタデータの取得を行います。 IServiceManagement<IOrganizationService> orgServiceManagement = ServiceConfigurationFactory.CreateManagement<IOrganizationService>( new Uri(organizationUrl)) そして以下のコードで認証を行います。 AuthenticationCredentials authCredentials = orgServiceManagement.Authenticate(credentials) 最後にこれらの情報を利用してプロキシを生成します。 // 設置型の場合 OrganizationServiceProxy (orgServiceManagement, authCredentials.ClientCredentials) // IFD、オンラインの場合 OrganizationServiceProxy (orgServiceManagement, authCredentials.SecurityTokenResponse) 検証1  (設置型 マルチコア) 開発者は論より証拠ということで、いつも通り検証をしてみます。 検証環境は Hyper-V 上の Windows Server…


Dynamics CRM 2011 Update Rollup 11 がリリースされました!

みなさん、こんにちは。 2012 年 10 月 11 日(US 時間) に Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 11 がダウンロードセンターにリリースされました。  次のリンクから Update Rollup 11  に関する情報を確認することができます。 マイクロソフト ダウンロード センター: http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=34969Microsoft サポート技術情報 : http://support.microsoft.com/kb/2739504マイクロソフト アップデート (現時点で未公開): http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2739504 各種スケジュール(US 時間) • Dynamics CRM オンライン: 適用スケジュールは調整中です。 • マイクロソフト ダウンロードセンター: 2012 年 10 月 11 日 • マイクロソフト アップデート: 2012 年 10 月 23 日 Update…

0

Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.12 日本語版

みなさん、こんにちは。 既にご存知の方も多いと思いますが、Microsoft Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.12 は日本語化されており、以下の URL から取得できます。 Microsoft Dynamics CRM 2011 ソフトウェア開発キット (SDK) SDK 5.0.12 の詳細はこちらをご覧ください。 次回は新しく追加されたベストプラクティスより、サービスチャンネル のパフォーマンスについて紹介します。 ‐ Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎


Dynamics CRM 2011 Update Rollup 10 再リリースおよび、Update Rollup 11 の予定

みなさん、こんにちは。 以前 Microsoft Dynamics CRM 2011 用 Update Rollup 10 がリリース されましたが、先日いくつかの問題修正を含む Update Rollup 10 が 再リリースされています。 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30711 新しいパッケージの名前には v2 が含まれています。 尚、すでに Update Rollup 10 を適用済みの方は、以下の場合を除いて、 以降の Update Rollup をお待ちいただいて問題ございません。 – Update Rollup 11 を適用予定である – 以下の問題に直面していない SavedQuery レコードで LocalizedLabel 値が存在しない Web リソースで JScript を編集した場合、2000文字を超えていると警告が出る Outlook クライアントで SQL CE 4.0 を利用するとクラッシュする Outlook クライアントのモーダルダイアログで DialogArguments を参照するとメモリリークが発生する 追跡されたメールに返信した場合、 ActivityPointerBase…


Dynamics CRM オンライン Deployment and Administration Guide

みなさん、こんにちは。 今回は先日公開された Microsoft Dynamics CRM Online Deployment and Administration Guide を紹介します。 Microsoft Dynamics CRM Online Deployment and Administration Guide 現時点ではまだ英語ですが、これから Microsoft Dynamics CRM オンラインをご利用いただく場合、また展開で問題を 抱えている場合には、一度ご覧ください。 また他製品とのインテグレーションをご検討されている場合 以下のトピックをご覧ください。 Add Integration Features to Microsoft Dynamics CRM Online – Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎


Dynamics CRM オンライン: 体験版作成時の問題

みなさん、こんにちは。 今回は Microsoft Dynamics CRM オンラインの体験版を申し込んだ際に 直面する可能性のある問題について紹介します。 Dynamics CRM をセットアップしています 問題: 管理者の概要ページで Microsoft Dynamics 欄に以下メッセージが表示 されるが、いっこうに完了する様子がありません。 原因: 一番はじめに Microsoft Dynamics CRM のライセンスを付与されたユーザーが 全体管理者ではない場合、セットアップが完了しません。 解決策: Office 365 ポータルの管理 | ユーザーメニューより、ライセンスを付与したユーザー の設定を全体管理者に変更します。その後該当ユーザーでログインし直して、構成 を行います。 組織がまだ準備されていません 問題: Microsoft Dynamics CRM オンラインの体験版を申込み、ユーザーを 追加した後、追加したユーザーで CRM 組織に接続すると以下のエラーが 表示されます。 原因: 追加したユーザーで CRM 組織に接続する前に、一度体験版を申し込んだ ユーザーアカウントで CRM 組織に接続して、最終処理を行う必要がありますが その作業がまだ実施されていません。 解決策: 体験版を申し込んだユーザーで https://portal.microsoftonline.com に接続し ポータル画面より CRM…