Office 365 プラットフォーム上の Dynamics CRM オンラインの紹介


みなさま、あけましておめでとうございます。
昨年は Dynamics CRM 2011 や Dynamics CRM オンラインのリリースで
盛り上がった年となりましたが、今年もそれ以上にエキサイティングな
一年になるよう、努力していく所存ですので、よろしくお願いいたします。

新年初めの記事は、Office 365 ブログの紹介です。

ご存知の方も多いと思いますが、Dynamics CRM オンラインは、現在二つの
プラットフォームで稼動しております。Windows Live ID プラットフォームと
昨年末より Office 365 プラットフォームでも稼動を開始しました。

以下 Office 365 ブログで紹介された内容を転記します。

元記事 : Dynamics CRM Online が Office 365 プラットフォームで利用できるようになりました

========================================================================

発行者 : Shinichi Komeda_MSFT

対象: Office 365 for Enterprise

Office 365 の 2011 年 12 月の更新で加わった重要なサービスをもうひとつご紹介します。商談やコールセンター、マーケティング活動における顧客管理を幅広く支援するオールインパッケージである Microsoft Dynamics CRM 2011 のオンライン版が、このたび Office 365 のサービスの一員として利用可能になりました。オンライン版である Dynamics CRM Online は従来から提供されておりましたが、Office 365 のサービスとして統合されることにより、認証が Office 365 と同じ Microsoft Online ID で統一 (従来は Windows Live ID 認証) できるようになり AD FS も実装できるようになります。また、支払いや管理も Office 365 の管理ポータルと統合されました。これにより、CRM のメール機能として Exchange Online を利用したり、CRM の文書管理に SharePoint Online を利用したり、CRM 上の人の名前の横に Lync Online のプレゼンスを表示させたりする際の利便性が格段に向上します。

Dynamics CRM Online のサービスの詳細および価格については、こちらをご覧ください。

購入および Microsoft Online ポータル上での初期設定

Dynamics CRM Online の新しい購入方法は、Office 365 の管理ポータルで追加サービスを購入する画面 ([管理者]-[サブスクリプション]-[購入]) と連携しています。この画面の中のサービスの一つに「Microsoft Dynamics CRM Online Professional」がありますので、それをショッピングカートに必要数追加して購入画面に進んでください。オプションの追加記憶域も同時に購入することが可能です。

ライセンス購入後、ユーザーのライセンス設定画面に移動すると、以下のように「Microsoft Dynamics CRM Online」という項目が追加されていますので、ライセンスを割り当てるべきユーザーに割り当てを行ってください。割り当てたユーザーには、後程 CRM の設定画面内で CRM で利用するセキュリティ ロールを別途設定する必要があります。

CRM ライセンスを割り当てたユーザーがログオンしてホーム画面を表示すると、Dynamics CRM Online のセットアップが始まります。

しばらく待つと、トップナビゲーション、およびホーム画面に CRM へのリンクが追加されます。Dynamics CRM を利用する場合はこのリンクをクリックしてください。

右側のナビゲーションから「ダウンロード」をクリックすると、Outlook 用 Dynamics CRM Online コンポーネントのダウンロードが可能となっています。

Dynamics CRM Online における初期設定

管理者がはじめて Dynamics CRM テナントにアクセスする場合、以下のような画面が表示され、通貨の指定をはじめとする構成が始まります。[CRM の構成]をクリックして先に進みます。

CRM の構成が進んでいる間、Dynamics CRM へ直接アクセスできる URL が表示されますので、ブックマークなどに保管してください。

構成が終了すると、以下の画面が表示されるので、[CRM Online の起動] をクリックします。

すると、Dynamics CRM Online のホーム画面が表示されます。

この後、実際に Dynamics CRM Online を使い始めるには、組織などの各種設定、データの読み込み、ユーザーのセキュリティ ロール設定など、必要なカスタマイズをあらかじめ行う必要があります。詳しくは、リソースセンターのコンテンツをご覧ください。

また、Office 365 との統合などのカスタマイズを行う場合、MSDN のトピック「Connect with Microsoft Office 365 and Microsoft Dynamics CRM Online (英語)」も参考にしてください。

========================================================================

今後、Office 365 プラットフォームに関する情報も随時公開していきますので
お楽しみに!

- Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

Comments (2)

コメントをキャンセル

  1. まさかず より:

    既存のDynamics CRM OnlineのアカウントをOffice 365に統合する事は可能なのでしょうか。

  2. コメントありがとうございます。

    現在 Windows Live ID のプラットフォームで稼動している Microsoft Dynamics CRM オンラインと、Office 365 のプラットフォームで稼動している Microsoft Dynamics CRM オンラインは連動しておらず、アカウントやデータを移行、統合することは残念ながらできません。

    現在 Office 365 プラットフォームの Microsoft Dynamics CRM オンラインをご利用で、アカウントが onmicrosoft.com のものを Active Directory 連携されたものに入れ替えたい場合は、Active Directory と同期したユーザーを Dynamics CRM ユーザーとしてライセンスを付与し、既存のユーザーのレコードをすべて割り当てなおしてから、onmicrosoft.com アカウントのライセンスを無くしてください。

    中村 憲一郎

Skip to main content