Dynamics CRM 2011 グラフ デザイナーの新機能


みなさん、こんにちは。

今回は先月公開された Dynamics CRM 2011 Update Rollup 5 で
追加された機能より、グラフ デザイナーの新機能を紹介します。

従来のグラフ機能に関しては、こちらの記事で紹介しています。

複数系列のサポート

グラフ デザイナーを利用したグラフの作成の場合、以前までは
1 系列、 1 カテゴリのグラフのみが作成可能でしたが、Update
Rollup 5 以降では 最大 5 系列まで追加が可能です。

シナリオ: 月別の売上見込みと実売上げを比較したい。

以下のステップで上記シナリオを満たすグラフが作成できます。

1. Internet Explorer で Dynamics CRM 2011 に接続します。

2. 営業  | 営業案件をクリックします。

3. リボンよりグラフをクリックして、新しいグラフをクリックします。

4. グラフ デザイナーで凡例エントリ(系列) に 「売上見込み」 を
選択します。

image

5. 「系列を追加します」 のプラスボタンをクリックします。

image

6. 実売上を選択します。

image

7. 横(カテゴリ) 軸のラベルで、実際のクローズ日を選択します。

8. 任意の名前をつけて、上書き保存します。ここでは既定の名前の
まま保存しました。保存後、デザイナーを閉じるボタンをクリックします。

9. クローズされた営業案件ビューを選択して、作成したグラフを確認します。

image

系列ごとに別のグラフ形式を選択

上記の例では、売上見込み、実売上ともに縦棒グラフですが、
系列ごとに異なったグラフを指定することが可能です。

1. 上記グラフが表示されている状態で、リボンよりグラフタブを
選択、グラフの編集をクリックします。

2. グラフ デザイナーで売上見込みの横にある、グラフアイコンを
クリックします。

image

3. ここでは折れ線グラフを選択してみます。

image

4. 保存して閉じるをクリックします。

5. グラフが以下のように変更されました。

image

面グラフのサポート

新しいグラフの形式として、面グラフをサポートします。

複数カテゴリのサポート

系列同様、カテゴリも最大 2 件設定することが可能になりました。

シナリオ : 月別の活動件数を、活動の種類ごとに見たい。

早速シナリオを満たすグラフを作成しましょう。

1. ワークプレース | 活動を選択します。

2. リボンよりグラフをタブを選択しえて、新しいグラフをクリックします。

3. 凡例エントリ(系列) で件名を選択します。

4. 横(カテゴリ)軸のラベルで、作成日を選択し、月を指定します。

5. 「カテゴリを追加します」 をクリックして、活動の種類を選択します。

image

6. 保存して閉じるをクリックします。以下のようなグラフが作成されます。

image

積み上げ縦棒グラフのサポート

新しいグラフの形式として、積み上げ縦棒グラフをサポートします。

上記のグラフを変更してみます。

1. 上記グラフを表示している状態で、リボンのグラフタブより
グラフの編集をクリックします。

2. 凡例エントリ横のグラフアイコンをクリックして、縦棒より
積み上げ縦棒を選択します。

image

3. 保存して閉じるをクリックすると、以下のグラフが表示されます。

image

まとめ

これまでは、同様のグラフを作成するためには、一旦グラフを
エクスポートして、XML ファイルを直接編集する必要がありました。
しかし今回の機能追加で、より複雑なグラフを容易に作成でき、
ますますグラフが活用できると確信しています。

是非お試しください。

– Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎

Comments (2)

  1. crm user より:

    グラフ(ダッシュボード)の印刷機能が見当たらないのですが、

    グラフの印刷はできないのでしょうか?

  2. コメントありがとうございます。

    現在グラフおよびダッシュボード自体には印刷機能がないため、画面全体を印刷いただくか

    レポートとして類似のレポートをカスタムで作成しただく必要がございます。

    中村 憲一郎

Skip to main content