Dynamics CRM 2011 SDK 5.0.7 がリリースされました!

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM 2011 Update Rollup 5 に対応した SDK の 5.0.7 がリリースされました。最新の SDK は以下の リンクよりダウンロード可能です。 Microsoft Dynamics CRM 2011 Software Development Kit (SDK) http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?id=24004 こちらのバージョンでは以下の更新が含まれています。 ‐ 構成の変更 : 通常の SDK と SDK Extension の項目が分離されました。 ‐ SDK アセンブリが Update Rollup 5 に対応しました。 ‐ Developer Toolkit がバージョン 1.0 となり、SDK で利用方法等 多くの情報が提供されています。 ‐ 新機能に対応した新しいサンプルが、C#、VB.NET 共に多数追加されています。 ‐ 各種ヘルパーファイルが…


Dynamics CRM 2011 Update Rollup 5 で追加された新機能の紹介 – 概要

みなさん、こんにちは。 2011年10月25日に Update Rollup 5 がダウンロード センターに公開されたことはお伝えしましたが、Update Rollup 5 では、問題の修正に加え、新しい機能が追加されています。今回は、Update Rollup 5 で追加された新機能の概要を紹介します。各機能の詳細は、次回以降のブログで紹介していきます。 新機能 CRM Outlook クライアントの拡張 ・ 閲覧ウィンドウに表示される CRM レコード情報の拡張・ Lync プレゼンス機能の追加・ 電子メール追跡のパフォーマンス向上 ダイアログ、ワークフローの拡張 ・ ダイアログのプロンプトと応答の定義で、応答の種類として検索、日付フィールドをサポート・ ダイアログ、ワークフローで、動的な値として、エンティティ レコードへのリンクに対応 グラフ機能の拡張 ・ 新しいグラフ種類のサポート・ グラフ デザイナーで複数系列、複数カテゴリに対応 データ管理の拡張 ・ ユーザーアクセスの監査設定の追加・ 重複データ検出ルールに空白の値を検出対象外とする設定の追加・ 重複データ検出ルールで非アクティブな一致レコードを除外する設定の追加 アクティビティ フィード ・ アクティビティ フィードにより、関心のある人物、取引先企業、取引先担当者、潜在顧客、営業案件などに対する重要なアクティビティをフォローし、ウォールに表示することができます。・ アクティビティフィード ソリューションは Dynamics Marketplace からダウンロードできます。 また、アクティビティ フィードをモバイル デバイスで利用できるようにする Windows Phone 7.5…

0

Dynamics CRM 2011 Update Rollup 5 がリリースされました!

みなさん、こんにちは。 2011年10月25日(US時間) に Dynamics CRM 2011 Update Rollup 5 がリリースされました。 次のリンクから Update Rollup 5 に関する情報を確認することができます。 マイクロソフト ダウンロード センター: http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=b9dd0bd7-8b1f-45af-a5ae-ee73a07ec90c&displaylang=ja-necMicrosoft サポート技術情報 : http://support.microsoft.com/kb/2567454/jaマイクロソフト アップデート (現時点で未公開): http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=2567454 各種スケジュール(US 時間) • Dynamics CRM オンライン: 2011 年 10月 18日 より順次 • マイクロソフト ダウンロードセンター: 2011 年 10月 25日 • マイクロソフト アップデート: 2011年 11月 8日  Update Rollup 5 概要 • Update Rollup 5 はアンインストールできません。 • クライアント用インストールパッケージを、ダウンロードセンターより取得した場合には、インストールに管理者権限が必要です。 マイクロソフト アップデート(Windows Update) を利用した場合には、管理者権限は要求されません。 •…

0

Microsoft Dynamics 今後の展開

みなさん、こんにちは。 今日は、早朝に Microsoft Dynamics CRM ブログで Reuben が投稿した記事を 紹介します。今後の Microsoft Dynamics CRM の展開に関する記事です。 情報元: Microsoft Dynamics CRM: The Road Ahead http://blogs.msdn.com/b/crm/archive/2011/10/19/microsoft-dynamics-crm-the-road-ahead.aspx Microsoft Dynamics CRM 2011 は、ダッシュボードや新しい次元の Outlook 連携、 ダイアログによる UI でのビジネスプロセス管理やパフォーマンスの改善等、多くの 機能を提供する素晴らしいリリースでした。 今後、さらに革新的な機能を提供するべく、Microsoft Dynamics CRM は設置型、 オンライン共に、春と秋に重要なリリースを提供します。今回の Q4 2011 Service Update は、その第一弾となります。 今回のリリースで提供される新機能に関して、パートナー様、ユーザー様用に Release Preview Guide (英語) を提供しています。こちらのドキュメントでは、 新機能や拡張された機能の詳細が紹介されています。 こちらからダウンロードしてください。 Q4 2011 Service Update およびそれ以降の長期にわたりマイクロソフトは…


Dynamics CRM 2011 Xrm.Page サンプルライブラリ紹介 その 6

みなさん、こんにちは。 今回は Xrm.Page.context オブジェクトのサンプルを紹介していきます。 サンプルを確認するにあたり準備があるため、こちらの記事を ご覧いただき、サンプルのインストールを行ってください。 Xrm.Page.contextオブジェクト サンプルの前に、Xrm.Page.context オブジェクトを簡単に説明します。 Xrm.Page オブジェクトモデルでは、UI とデータの操作を行えますが、 現在フォームを開いているユーザー等の情報も取得可能です。 よって WhoAmI リクエストやセキュリティロールの取得を別途する 必要がありません。またコンテキスト情報をそのままスクリプトの 引数として渡すことも可能です。 サンプル紹介 今回紹介するサンプルは、以下のフォルダにあります。 SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.ContextSamples.js 実行ユーザー情報の取得 現在フォームを開いているユーザーの情報を取得するサンプルです。 [getOrgAndUserInfo 関数] ユーザーが所属する組織の情報を取得します。現在開発中の環境と 本番が異なる等、組織名をハードコードできない場合に利用します。 getOrgAndUserInfo: function () {     // Xrm.Page.context の getOrgUniqueName メソッドで     // 組織名を取得     var orgName = Xrm.Page.context.getOrgUniqueName();     var message = “The current Organization Name is ‘”…


Dynamics CRM 2011 Xrm.Page サンプルライブラリ紹介 その 5

みなさん、こんにちは。 今回は Xrm.Page.data オブジェクトのサンプルを紹介していきます。 サンプルを確認するにあたり準備があるため、こちらの記事を ご覧いただき、サンプルのインストールを行ってください。 Xrm.Page.data オブジェクト サンプルの前に、Xrm.Page.data オブジェクトを簡単に説明します。 Xrm.Page オブジェクトモデルでは、画面とデータを別のオブジェクトと して扱います。画面は Xrm.Page.ui で、データ側が Xrm.Page.data と なります。これにはいくつかメリットと理由がありますが、その 1 つには Dynamics CRM 2011 では、フォームに同じフィールドを繰り返し配置 できるようになったことがあげられます。 ただしフォーム上にないデータは取得されないため、最終的には Xrm.Page.ui と Xrm.Page.data は control オブジェクトに辿り つきます。つまり Xrm.Page.ui.controls オブジェクトと Xrm.Page.data.entity.attributes.controls は同じものです。 サンプル紹介 今回紹介するサンプルは、以下のフォルダにあります。 SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.AttributesSamples.js SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.AttributesCollectionSamples.js フィールドの値/状態確認サンプル 初期値、現在選択された値、値が変更されたかなどの状態を取得できます。 [showInitialValue 関数] オプションセットの初期値を取得して表示します。 showInitialValue: function () {     // 初期値一覧を表示する HTML を作成…


Dynamics CRM 2011 Xrm.Page サンプルライブラリ紹介 その 4

みなさん、こんにちは。 クライアントサイドスクリプト紹介第 4 回は、ナビゲーション操作の サンプルを紹介していきます。 サンプルを確認するにあたり準備があるため、こちらの記事を ご覧いただき、サンプルのインストールを行ってください。 サンプル紹介 今回紹介するサンプルは、以下のフォルダにあります。 SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.NavigationSamples.js SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.NavigationCollection.js ナビゲーション操作サンプル ナビゲーションも、フォームの要素同様 Xrm.Page オブジェクトモデルで 操作を行います。表示/非表示の切り替えや、表示文字列の変更が可能です。 [toggleVisibleItems 関数] ナビゲーションアイテムの表示/非表示を切り替えます。方法は 他のオブジェクトと同じです。 toggleVisibleItems: function () {   // Xrm.Page.ui.nagivation.items の get メソッドで   // フォーム上のナビゲーションアイテムを取得   var items = Xrm.Page.ui.navigation.items.get();   for (var i in items) {    // ナビゲーションアイテムを 1 つ取得    var item = items[i];…


Dynamics CRM 2011 Xrm.Page サンプルライブラリ紹介 その 3

みなさん、こんにちは。 今回も引き続き、クライアントサイドスクリプトの紹介を行います。 サンプルを確認するにあたり準備があるため、こちらの記事を ご覧いただき、サンプルのインストールを行ってください。 サンプル紹介 前回までフォーム上のコントロールについてのサンプルを紹介しました。 今回はセクションとタブについてのサンプルを一部紹介します。 サンプルは以下のフォルダにあります。 SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.SectionSamples.js SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.TabCollectionSamples.js SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.TabSamples.js セクション操作サンプル セクションはタブの子要素であり、コントロールの親要素です。 Xrm.Page スクリプトで行えることはいくつかありますが、良く使われる ものはセクションの表示/非表示、またはセクションの親/子要素の取得です。 [toggleVisibleSections 関数] セクションの表示/非表示を切り替えます。forEach メソッドの利用方法がポイントです。 toggleVisibleSections: function () {   // Xrm.Page.ui.tabs の get メソッドでフォーム上の全てのタブ取得   var tabs = Xrm.Page.ui.tabs.get();   for (var i in tabs) {    // タブを1つ取得    var tab = tabs[i];    // tab.sections の forEach…


Dynamics CRM 2011 Xrm.Page サンプルライブラリ紹介 その 2

みなさん、こんにちは。 今回も引き続き、クライアントサイドスクリプトの紹介を行います。 サンプルを確認するにあたり準備があるため、こちらの記事を ご覧いただき、サンプルのインストールを行ってください。 サンプルの解説 前回はコントロール系のサンプルである addCustomView サンプル関数を 紹介しました。今回も引き続きコントロールのサンプルを紹介します。 サンプルは以下のフォルダにあります。 SDK\SampleCode\JS\FormScripts\SDK.ControlSamples.js オプションセット操作サンプル reverseOptions サンプル関数では、オプションセットの中身を逆にします。 また removeLastOption サンプル関数は、オプションセットの最後の アイテムのみを削除します。 サンプルコード解説 サンプルコードに直接コメントを入れて解説していきます。非常に シンプルなサンプルです。 [reverseOptions 関数] reverseOptions: function () {         // IsOptionSet カスタム関数と Xrm.Page.ui.controls.get を利用して、         // フォーム上の コントロールから 1つ 目のオプションセットコントロールを取得する。          var optionsetControl = Xrm.Page.ui.controls.get(SDK.ControlSamples.isOptionSet)[0];         if (optionsetControl != null)         {             // getAttribute メソッドを利用して、コントロール内のアイテムを全て取得…


Dynamics CRM Update Rollup サポート技術情報更新

みなさん、こんにちは。 本日はサポート技術情報の紹介をします。 Microsoft Dynamics CRM 4.0 更新プログラムおよび修正プログラム http://support.microsoft.com/kb/949256 Microsoft Dynamics CRM 2011 updates and hotfixes http://support.microsoft.com/kb/2555051/jp 上記の 2 つのサポート技術情報には、Dynamics CRM 4.0 および 2011 の Update Rollup の履歴が公開されています。またこのたび、お客様からの 要望を受けて、各 Update Rollup のリリース日と共に、バージョン情報が 追加されました。 是非一度ご覧ください。 ‐ Dynamics CRM サポート 中村 憲一郎