2011 Worldwide Partner Conference で語られた Microsoft Dynamics CRM Online アップデート


みなさん、こんにちは。Ken さんが毎週 Dynamics CRM 2011 の開発に関する情報を投稿してくれていますが、今週は2011 Worldwide Partner Conference (WPC) で語られた CRM Online アップデートについて紹介します。

2011 Worldwide Partner Conference (WPC)で、Microsoft Dynamics CRM に関するイベントが催されました。15,000 人以上の参加者に基調演説で、Kirill Tatarinov は世界中で 30,000 社以上の顧客と200万ユーザーで Microsoft Dynamics CRM が継続的かつ比類ない成長をとげていることを強調し、パートナー様とお客様に、コストを削減し、自分たちのビジネスを成長させ、かつダイナミックなビジネスになるためのチャンスとなるであろうと語りました。

PowerObjects COO で 2006 年以降 Microsoft Dynamics CRM のパートナーであるで Jim Sheehan 氏も同席し、クラウドとビジネス アプリケーションという観点から Microsoft Dynamics CRM に関する考えを述べています。

PowerObjects クラウド CRM を語る

PowerObjects に関して掲載された特集記事です。

イベントで、Kirill は Microsoft Dynamics CRM Online の次の更新が 2011 年第 4 四半期にリリースされることを発表しました。この更新で使用できるようになる重要な機能は次のとおりです。

エンタープライズ クラウドのための機能強化

・ Identity Federation は、Microsoft Dynamics CRM と Office 365 アプリケーション間の切り替え、エンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためにシングルサインオンをサポートします。IT管理者は、よりシームレスなユーザー管理が可能となります。

・ in-region レプリケーションでの災害復旧向上により、データ保護と災害発生時も高水準のビジネス継続性を提供することができます。

新しいソーシャル CRM 機能

・ ソーシャル CRM の長期的なビジョンへ継続的な投資を行うことで、Microsoft Dynamics CRM は、企業が関連する重要な関係と相互作用を管理し、従業員、ベンダー、パートナー、潜在顧客、顧客や他の利害関係者を結びつけるための中心的な場所となります。Microsoft Dynamics CRM は、次のような新たなソーシャル コラボレーション機能を導入しています :

  • Micro-blogging : ビジネス イベントとアクションに関するステータス アップデートやお知らせ、Facebook や Twitter のようなシンプルな経験をもたらします。
  • Activity feeds : Micro-blogging 記事と人、顧客および営業案件に対する対話のブレンド ビューを使用して、重要な関係と影響力のあるビジネス イベントに対してリアルタイム通知を設定することができます。
  • Conversations : ユーザーは質問、考察、提案やステータス アップデート投稿し、迅速かつ効率的なコラボレーションや、情報や専門知識を検索し、且つ他者からのフィードバックを収集することができます。
  • Automated activity updates:Microsoft Dynamics CRM は、構成可能なイベント ルール、例えば、営業案件のクローズ、などをきっかけに Activity feeds に直接情報を投稿できます。Activity feeds をユーザーが購読する、または “Follow” することができ、様々な方法で使用することができます。
  • Windows Phone 7 モバイルアプリケーション : Windows Phone 7 モバイル アプリを使用すると、ユーザーは外出先から Activity Feeds を表示できるようになります。

エンタープライズ Office 365 との統合

・ Dynamics CRM Online は、Office 365 – Office、Exchange Online、SharePoint Online および Lync Online – ユーザーのためのシームレスなエンドユーザー エクスペリエンスを提供しますが、課金、プロビジョニング、および管理は異なります。 2011 年第 4 四半期の更新では、ミッド マーケットやエンタープライズ カスタマーが、営業、サービスおよびマーケティング プロフェッショナルにビジネス生産性を提供する Office 365 エンタープライズプランで Microsoft Dynamics CRM Online を入手することができます。

 ・ Microsoft Dynamics CRM Online を Office 365 で取得する次の機能が提供されます :

 ・ 営業、サービス及びマーケティング プロフェッショナルへの統合業務の生産性

 ・ Office 365およびMicrosoft Dynamics CRM Online 両方のための単一の請求書

 ・ 共通のユーザーIDと認証(例えば、シングルサインオン)と合理化された管理者の経験(例えば、ユーザ設定および管理)

発表された他のアップデートとしては、PC/Mac 両プラットフォームでの Safari、Firefox、Chrome ブラウザのサポートが、カレンダー年度の 2012年前半に利用可能となる予定です – 新しいオーディエンスにも Microsoft Dynamics CRM がオープンとなります。パートナー向けには、Microsoft Dynamics CRM Software Advisor Program (CSA) が2012年6月まで延長され、Microsoft Dynamics CRM Online の新規サブスクリプション売上高40%の CSA 手数料が提供されます。
 
WPC で Kirill と Brad は、パートナーが CRM を活用する大きなチャンスについてプレゼンしました。拡張、識別できる能力、一度開発したものをどこにても展開できる機能、および Office 365、Lync、SharePoint などとの統合で価値を最大化できる点、競合製品と比較して低コストで大きな価値を提供できる機会となるであろうことを伝えています。

情報元 : Microsoft Dynamics CRM at the 2011 Worldwide Partner Conference
http://blogs.msdn.com/b/crm/archive/2011/07/13/microsoft-dynamics-crm-at-the-2011-worldwide-partner-conference.aspx

– Dynamics CRM サポート斎藤 さち江

Comments (0)

Skip to main content