Microsoft Dynamics 365 : SDK の下位互換性について

みなさん、こんにちは。 Dynamics 365にてサポート対象のSDKと、そのSDKにてサポートしているDynamics  CRMの下位バージョンを ご紹介いたします。   本記事は、米国チームのブログにて投稿された内容を基に記載しています。 情報元: Dynamics 365 SDK Backwards Compatibility =================================================== Azure Access Control サービス (以下 ACS) の廃止に伴って、 SDK の認証コードで、 ACS へのすべての リファレンスを削除する変更が必要となります。Microsoft Dynamics CRM Online 2016 Update 1 (v8.1.1) および Microsoft Dynamics 365 (v8.2) のバージョンからは、サーバー側の Live ID サポートと ACS の 依存関係を削除しました。 Dynamics CRM 2016 から Microsoft.Xrm.Tooling.Connector を使用することで、CRM Web サービスにて OAuth 2…


Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 3

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Microsoft Dynamics 365 新機能から編集可能なグリッドについて紹介します。 本機能は、オンライン、および設置型ともに提供されています。 前回は本機能の概要を紹介しました。ご覧になっていない方は一読ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 1 Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 2 今回は、編集可能なグリッドのイベントにスクリプトを追加してどのような制御ができるか紹介します。 追加できるイベント – OnRecordSelect イベント – OnChange イベント – OnSave イベント OnRecordSelect イベント 単一の行 (レコード) が編集可能なグリッドで選択されている場合に発生します。 ユーザーが同じ行で異なるセルを選択している、または複数の行を選択している場合、このイベントは発生しません。 OnChange イベント 編集可能なグリッドのセルの値が変更されているとき、またはセルがフォーカスを失ったときに発生します。 OnSave イベント 更新された情報がサーバーにを送信される前、および次のいずれかが起こると発生します。 – 選択しているレコードが変更されているとき – 編集可能なグリッドの保存ボタンをクリックしたとき – 保留中の変更がある間に編集可能なグリッドから、ユーザーが並べ替え、フィルター、グループ化、改ページ、ナビゲーション操作を実行したとき 事前準備 各イベントにサンプルスクリプトを実装します。今回は各イベントがどのように呼ばれるかわかるようスクリプトを挿入します。 1. Dynamics 365…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 2

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から編集可能なグリッドについて紹介します。 本機能は、オンライン、および設置型ともに提供されています。 前回は本機能の概要を紹介しました。ご覧になっていない方は一読ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 1 今回は、本機能を有効化する方法をご紹介します。 編集可能グリッドの有効化 編集可能グリッドは、エンティティレベルで有効化します。例としてサポート案件エンティティを有効化する手順を紹介します。 1. Dynamics 365 にログイン 2. [設定] > [カスタマイズ] > [システムのカスタマイズ] をクリックします。 3. [エンティティ] > [サポート案件] をクリックします。 4. [コントロール] をクリックします。 5. [コントロールの追加] をクリックします。 6. 編集可能グリッド を追加します。 7. 追加されました。 8. 編集可能グリッドを既定で表示するよう設定します。 9. [保存] して公開します。 動作確認 実際にサポート案件のビューを表示してみましょう。 1. Dynamics 365 にログインします。…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 編集可能なグリッド: その 1

みなさん、こんにちは。 今回は、Microsoft Dynamics 365 新機能から編集可能なグリッドについて紹介します。本機能は、オンライン、および設置型ともに提供されています。 概要 新しい編集可能グリッドは、グリッド (リスト、レコードの一覧のこと) のインライン編集、グループ化、フィルター処理、列での並べ替えなど、多くの機能を提供します。編集可能グリッドは、エンティティ レベル、フォーム内のサブグリッド、またはダッシュボード内で使用できます。編集可能グリッドは、Dynamics 365 Web クライアント、タブレット PC 用 Dynamics 365、および 電話用 Dynamics 365 のフォームでサポートされます。ダッシュボード用として、編集可能グリッドは タブレット PC 用 Dynamics 365 および 電話用 Dynamics 365 で使用可能です。 早速、トライアル版で本機能を有効化した操作を見てみましょう。有効化の詳細は手順は別記事で紹介します。 複数行の直接編集 ビューに表示されているレコードを直接編集することができます。以下は取引先企業エンティティの例です。 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [営業] > [取引先企業] を選択します。 3. リボンにある表示形式から [編集可能グリッド] を選択します。 4. 編集可能グリッドが表示されます。 5. 1 つ目のレコードの [取引先企業名] を編集します。 6….

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: Portal アドオン その 1

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics 365 から日本語で利用可能になった新機能 Portal Add-On についてご紹介いたします。 今回の記事では、 Portal Add-On をご利用いただくにあたって必要な手順を、ステップバイステップでご紹介いたします。 概要 Portal Add-On をご利用いただくことで、Dynamics 365 のデータを使用して、インターネットに公開された Web アプリケーションを簡単に構築することが可能になります。 これにより、 ・Dynamics 365 のライセンスを持たない組織外のユーザーに対しても、Dynamics 365 のデータを活用してサービスや情報の提供ができる ・Dynamics 365 のレコードの作成・編集のみで簡単に Web サービスの構築が行える 等のメリットが得られます。 例えば、社内の営業担当者だけでなくパートナーの担当者と営業案件の情報を共有して潜在顧客へアプローチしたり、 製品のナレッジベースや過去のサポート案件等の情報をエンドユーザーへ公開したりと、 Dynamics 365 で管理されているデータを活用して社外の顧客・パートナーとのコラボレーションを強化することができます。 機能概要についてはこちらの動画もご参照ください。   事前準備 0. 使用可能な Dynamics 365 のインスタンスを用意します。 お持ちでない方は、下記の記事より試用版をセットアップください。 Dynamics 365 無料試用版のセットアップ手順   1. Dynamics 365 にログインします。   2. 上部メニューから、[設定]…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 3

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から プロセスの統合と拡張された機能をご紹介します。 シリーズもののため、前回の記事も併せてお読みください。 Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1 Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 2 前回は、全体の業務プロセスのもとになる業務プロセス フローを作成し、アクセス許可を設定して 動作の確認をしました。 今回は、業務ルールをエンティティに追加し、さらに前回作成した業務プロセス フローに ワークフローを追加します。また、このワークフローを別のワークフローで利用します。   シナリオの確認 以下のシナリオで、業務プロセスを利用しました。 案件の引き合いがあったら、取引先企業を特定し、支払い情報を確認 支払い情報は、ファイナンス チームで再確認される 営業案件を作成し、提案を作成 プロセス開始から一定時間以上経過した場合は、レビューが必要 マネージャーに実施を促すメッセージを送信   業務ルールをエンティティに追加 業務ルールの “レコメンデーション” を取引先企業エンティティに新規作成します。 “レコメンデーション” のメッセージは、フィールドに表示され、ユーザーに対するガイドとして利用できます。 “レコメンデーション”  は、業務プロセス フローにも表示されます。 [設定] –…


Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 2

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から プロセスの統合と拡張された機能をご紹介します。 シリーズもののため、前回の記事も併せてお読みください。 MicrosoftDynmaics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1 前回は、シナリオに基づいて営業担当者が必要な情報を確認したり、レコードを作成する中で、 新しい機能を利用する様子をご紹介しました。 今回は、全体の業務プロセスのもとになる業務プロセス フローを作成し、アクセス許可を設定します。   シナリオの確認 以下のシナリオで、業務プロセスを利用しました。 案件の引き合いがあったら、取引先企業を特定し、支払い情報を確認 支払い情報は、ファイナンス チームで再確認される 営業案件を作成し、提案を作成 プロセス開始から一定時間以上経過した場合は、レビューが必要 マネージャーに実施を促すメッセージを送信   プロセス デザイナーで業務プロセス フローを作成 1 – ステージ追加 まずは、新しい業務プロセス フローを作成して、1 つ目のステージを追加します。 ナビゲーションの [設定] – [プロセス] をクリックします。 画面左上の [新規] をクリックします。 [プロセスの作成] ダイアログ ボックスで、業務プロセス フローを指定し、 [OK]…


Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1

みなさん、こんにちは。 Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から、 プロセスの統合と拡張された機能をご紹介します。 バージョンとしては、8.2.x  で利用可能です。バージョン アップデートについて詳しくは、 前回のブログをご参照ください。   概要 Dynamics 365 では、業務ルール、業務プロセス フロー、モバイル タスク フローをカスタマイズ する際のデザイン画面が一つになり、同じ画面で作業できるようになりました。 業務プロセス フローは、独立したエンティティとして扱われ、セキュリティロールで読み書きなどの 細かな権限の制御までできるようになっています。 さらに、ワークフローから、業務プロセスの情報を取得してそれに対する条件やアクションを指定する などの複雑な作業を自動化したり、一つのレコードに複数の業務プロセス フローを平行に使う シナリオもサポートされるようになっています。   シナリオ 以下のシナリオで、プロセス機能を確認してみます。 案件の引き合いがあったら、取引先企業を特定し、支払い情報を確認 対象企業が “クレジットの留保” になっていた場合は、 特定の支払い条件が指定され、Finance チームによって確認されることになっています 営業案件を作成し、提案を作成 プロセス開始から一定時間以上経過した場合は、レビューが必要 マネージャーに実施を促すメッセージを送信 既定のソリューションとサンプル データまたは新規作成するレコードのみで試しているため、 実際のビジネス プロセスにはそぐわないところもありますが、ご容赦ください。 では早速、営業担当者として作業を開始してみましょう。   ビジネス推奨事項 該当の取引先企業レコードを開き、業務プロセス フローを確認します。 プロセスのステージで、”クレジットの留保” には、情報アイコンが表示されています。 同フィールドにも同じアイコンが表示され、クリックするとガイドが表示されています。…


Microsoft Dynamics 365 新機能: ラーニングパスのカスタマイズ: その 1

みなさん、こんにちは。 今回は、Dynamics 365 新機能からラーニングパスの作成について紹介します。本機能は、Dynamics 365 オンラインでのみ提供されています。 概要 ラーニング パス は、ページを開く、アクションを実行する、またはヘルプ ボタンをクリックするときに、ユーザーが Dynamics 365 で表示するカスタマイズ可能なヘルプを追加することができます。ラーニング パスは、前バージョンより提供されておりましたが、本バージョンよりカスタマイズできるようになりました。前バージョンの記事は以下を参照ください。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: アプリ ガイダンスにより評価しやすくなりました!https://blogs.msdn.microsoft.com/crmjapan/2016/06/29/dynamics-crm-online-2016-update-1-app-guidance-1/ 前提条件 – ラーニングパスとカスタマイズ可能なヘルプの併用はできません– Dynamics 365 オンラインでのみ提供されています– システム カスタマイザー、またはシステム管理者ロール、または ラーニング パス の作成特権を持つ別のロールが必要です。– Office 365ラーニング パス 作成者のセキュリティ グループのメンバーである必要があります。 早速、ラーニングパスの作成を有効にしてみましょう。 ラーニングパス作成の有効化 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [設定] > [管理] > [システムの設定] をクリックします。 3….

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: カスタムアプリの作成

みなさん、こんにちは。 前回の記事では、Dynamics 365 新しいアプリケーションの概要から各デザイナーについて紹介してきました。ご覧になっていない方は是非一読ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナーMicrosoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: サイトマップデザイナー 本記事では、独自のアプリケーションを作成する手順を紹介していきます。今回は、簡単な勤怠管理アプリを作成してみます。 事前準備 まずは勤怠入力用のカスタムエンティティを1つ、勤務表のダッシュボード 1 つを事前に作成します。 エンティティ作成 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [設定]  [カスタマイズ] をクリックします。 3. [システムのカスタマイズ] クリックします。 4. [エンティティ] をクリックし、新規をクリックします。 5. カスタムエンティティを作成します。 6. フィールドに開始日、終了日、作業時間を作成します。 7. 作業時間フィールドは計算フィールドにしています。 グラフ作成 続いてダッシュボードに表示するグラフを作成します。 1. グラフをクリックし、[新規] をクリックします。…

0