Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: サイトマップデザイナー

みなさん、こんにちは。 前回の記事で Dynamics 365 新機能からアプリケーションデザイナーを紹介しました。まだご覧になっていない方はご覧ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナー 今回は、サイトマップデザイナーをより詳細に見てみたいと思います。 概要 サイトマップデザイナーは、アプリケーションのサイトマップを画面上で構成できるツールです。これまで Dynamics CRM では、サイトマップをエクスポートし、XML ファイルを変更するか、外部ベンダーのツールを利用していましたが、Dynamics 365 で標準機能で提供されるようになりました。 サイトマップデザイナーで構成できる要素は 3 つです。3 層構造になっています。 – エリア– グループ– サブエリア エリア エリアは、サイトマップの一番上位の要素です。以下の例では、営業、サービス、マーケティングの 3 つのエリアが構成されています。エリアは、配下にグループ、またはサブエリアを定義できます。 グループ グループは、エリアの配下に構成できる要素です。1 つのエリアには複数のグループを構成できます。グループは、配下にサブエリアを定義できます。 サブエリア サブエリアは、サイトマップの一番下位の要素です。1 つのグループに複数のサブエリアを構成できます。 またサブエリアには、4 種類から選択することができます。 ダッシュボード システムに登録されている特定のダッシュボードを選択できる。 エンティティ システムに登録されている特定のエンティティを選択できる。 Web リソース…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナー

みなさん、こんにちは。 前回の記事で Dynamics 365 の新しいアプリケーションを紹介しました。まだご覧になっていない方はご覧ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要 今回は、アプリケーションより詳細に見てみたいと思います。 – アプリの URL– アプリケーションデザイナー アプリの URL 利用者は、特定のアプリケーションへ直接アクセスすることができます。Dynamics 365 の URL に、appid を指定することでアクセスできます。AppIDは、ユニークな GUID 形式で自動的に割合てられます。GUID の代わりにわかりやすい名前の接頭辞を設定することもできます。 では、実際に Sales アプリケーションの URL を見てみましょう。 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [Dynamics 365] > [Sales] をクリックします。 3. URL を確認します。appid の値が Sales アプリケーションの GUID です。 アプリケーションデザイナー…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要

みなさん、こんにちは。 前回の記事で Dynamics 365 の概要を説明しました。まだご覧になっていない方はご覧ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要 本記事では、Dynamics 365 の新機能のうちアプリケーションについて紹介していきます。 アプリケーションの概要 Dynamics 365 から新しくアプリケーションというまとまりができました。 アプリケーションは、既存の Dynamics 365 スキーマへの参照を格納するソリューション対応コンポーネントです。 利用者のセキュリティ ロールによって制御することができます。 これにより特定の利用者向けのカスタム タスク ベースのアプリを簡単に作成できるようになりました。 アプリケーションに含まれるもの アプリケーションには、以下のコンポーネントが含まれます。 – サイトマップ – ダッシュボード – 業務プロセスフロー – フォー – ビュー – グラフ アプリケーションの種類 アプリケーションには、既定のアプリとそれ以外のものがあります。 既定のアプリは、営業、サービスといった特定のアプリケーションではなく、利用者がアクセスできる すべてのアプリケーションにアクセスできるインターフェースを提供します。 それ以外のアプリは、製品標準でインストールされているもの(営業、サービスなど)、 利用者が作成したもの、または外部ベンダーが公開しているものをインストールすることで作成されます。 それ以外のアプリは、アプリで定義されたコンポーネントにのみアクセスできます。 早速、評価版でビジネスアプリを確認してみましょう。 評価版を作成されていない方は、過去の記事を参照ください。 既定のアプリケーション 1. Dynamics 365 にアクセスします。 https://<インスタンス名>.crm7.dynamics.com…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics 365 がリリースされてから 2 か月が経ちましたが、お試しいただいていますでしょうか。Dynamics 365 の 30 日間トライアルを申し込むと新機能を検証いただくことが可能です、是非お試しください。 新機能を紹介する前に、Dynamics 365 とはそもそも何か、どのような点が大きな変更点なのかといった利用する前の概要をお伝えします。 概要 Microsoft Dynamics 365 (旧 Dynamics CRM)は、強力なビジネス アプリケーション プラットフォームを提供します。このプラットフォームは、顧客、Microsoft パートナー、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) に対し、付加価値のあるソリューションを拡張して提供する機会をもたらします。これらのソリューションは、Dynamics 365 に含まれている堅牢なコア プラットフォーム機能を基に作成されます。これらの機能を使用することで、基盤をカスタム ビルドする必要なく、カスタマイズしたソリューションを作成できます。Dynamics 365 には、Operations(旧Dynamics AX) および Financials 用の追加機能が含まれています。 引用元:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/ Dynamics CRM からの大きな変更点 Dynamics CRM からの大きな変更点を 4 つ紹介します。 – 新しいホームページ– ナビゲーション– ビジネスアプリケーション– App Source 新しいホームページ Dynamics 365…

0

Dynamics 365 (設置型) 用 2016 年 12 月 更新プログラムがダウンロード可能になりました

みなさん、こんにちは。 2016 年 11 月に Dynamics の CRM や ERP クラウドソリューションが統合した Dynamics 365 プラットフォームのリリースされ、既にオンライントライアル版も最新バージョンの Dynamics 365 を利用することができます。 このトライアル版を使用して、機能の検証や検討をされているかと思います。   先日に、この Dynamics 365 設置型用の更新プログラム Dynamcs 365 (設置型) 用 2016 年 12 月 更新プログラム (December 2016 update for Dynamics 365) がダウンロード可能になりました。Dynamics CRM 2016 (8.0) または Dynamics 2016 SP1 (8.1) にこの更新プログラムを適用することで、最新の Dynamics 365 プラットフォーム製品を利用することができます。 Dynamics 365 (設置型) 用…

2

Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 on Azure IaaS パフォーマンス ベンチマークに関するホワイトペーパーが公開されました!

みなさん、こんにちは。 先日、ダウンロードセンターに、Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (SP1) on Azure Infrastructure as a Service (IaaS) に関する パフォーマンスベンチマークテストの資料が公開されました。重要な内容のため、文書の内容を紹介していきたいと思います。 Microsoft Dynamics CRM 2015 and Microsoft Dynamics CRM 2016 Performance and Scalability Documentation(英語): https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=45905 上記のリンク内の文書のうち、「Microsoft Dynamics CRM 2016 SP1 Performance Benchmark on Azure IaaS」(12/05/2016 現在)の 内容を対象にしています。この文書は Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 を対象とした内容です。 Dynamics CRM Online に関するベンチマーク結果は、こちらの記事を参照ください。 本文書の概要、目的…

0

Dynamics CRM Online 2016 Update 1 パフォーマンス ベンチマークに関するホワイトペーパーが公開されました!

みなさん、こんにちは。 先日、ダウンロードセンターに、Dynamics CRM Online 2016 Update 1 に関する パフォーマンスベンチマークテストの資料が公開されました。重要な内容のため、文書の内容を紹介していきたいと思います。 Microsoft Dynamics CRM 2015 and Microsoft Dynamics CRM 2016 Performance and Scalability Documentation(英語): https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=45905 上記のリンク内の文書のうち、「Performance Benchmark for Microsoft Dynamics CRM Online 2016 Update 1」(12/05/2016 現在)の 内容を対象にしています。この文書は Dynamics CRM Online 2016 Update 1 を対象とした内容です。(設置型は対象外) 本文書の概要、目的 本文書は、Dynamics CRM Online 2016 Update 1 において、複数のユーザーが同時に利用している状況下で パフォーマンスを評価し、Dynamics CRM Online 2016 Update…

1

Dynamics 365 (Online 8.2) への更新スケジュールがオープンしました !

みなさん、こんにちは。 2016 年 12 月 3 日、Dynamics CRM 2016 (8.0) の管理者宛てに、Dynamics 365 (8.2) の更新についての電子メールと、事前スケジュールの電子メールが送信されてます。 電子メールの内容は、こちらのサポートフォーラムを参照してください。また、Dynamics 365 更新プログラムスケジュールについては、以前のブログを参照してください。今回は、この更新プログラムスケジュールについてよくお問い合わせがある内容を紹介します。   Dynamics 365 (8.2) 更新プログラムスケジュールの注意点と詳細情報 スケジュール開始: 2016 年 12 月より、Dynamics 365 更新プログラムの適用に関するスケジュール (以下更新スケジュール) が開始された。更新日を週末に指定することも可能 更新スケジュール期間: 2017 年 1 月から 6 月に更新プログラム適用可能であり、最大約 6 か月のアップデート猶予期間がある[希望日時] と [代替日時] は、14日以上の間隔をあける必要がある スケジュールスロット: 一日で更新出来る組織数は決まっており、その日のスケジュール予約が空いている場合にスケジュール設定可能。埋まってしまうと、スケジュールの設定が出来ない。水・木曜日はスケジュール設定は出来ない 更新スケジュール時間: [6PM – 6 AM] のみ選択可能であり、希望日の午後 6 時から翌日の午前 6 時の時間帯に更新が行われる…

0

Dynamics 365 無料試用版のセットアップ手順

みなさん、こんにちは。 先日、Dynamics 365 が正式にリリースされましたが、みなさんすでに体験いただいていますでしょうか。 すでに Dynamics CRM をご利用の方、これから Dynamics 365 を新たにご検討されている方が、 すぐに Dynamics 365 を検証いただけるよう、今回は Dynamics 365 試用版のセットアップ手順について紹介します。 概要 大きな流れとしては、無料試用版の申し込み、初期セットアップという流れです。 無料試用版は、Dynamics 365 Plan 1 というエディションで申し込むことになります。 無料試用版の申し込み 1. サイトにアクセスします。 https://www.microsoft.com/en-us/dynamics/free-crm-trial.aspx 2. Get started ボタンをクリックします。 3. 必要事項を入力します。 4. ボタンをクリックします。 5. ユーザー情報を入力します。 6. [アカウントの作成] ボタンをクリックします。 7. 電話番号を入力し、[メッセージを自分に送信] をクリックします。 8. 電話番号に届いたコードを入力し、[次へ] をクリックします。 9. しばらく待ちます。 以上で、申し込み手順は完了です。 初期セットアップ 続いて、Dynamics 365 の初期セットアップを実施します。…

2

Microsoft Dynamics CRM Plugin Registration Tool による Plugin の更新について

みなさん、こんにちは。 今回は Dynamics CRM において、Plugin Registration Tool を利用し、既存のプラグインを更新する際に、 以下のエラー メッセージが発生し、更新が失敗する場合があります。 本投稿では何故エラーとなってしまうか、またその際の対処策についてご案内いたします。 エラー内容 – エラー メッセージ抜粋 Plug-in assembly does not contain the required types or assembly content cannot be updated (Error Code -2147204725) 原因と対処策について 本エラー発生には複数の原因がありますが、主に以下 3 点が発生の条件となります。 1. プラグイン アセンブリ メタデータを変更してしまっている場合 プラグイン の Major バージョン、Minor バージョン、Name、PublicKeyToken、Culture 属性が変更された場合、本エラーが発生いたします。 更新後の プラグイン アセンブリのバージョンを更新前のバージョンに合わせるためには、Visual Studio で該当プラグイン プロジェクトを開き、アセンブリ情報ダイアログの 「アセンブリ バージョン」を変更することでアセンブリ バージョンを変更できます。…