Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 2

みなさん、こんにちは。 前回に続き、Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から プロセスの統合と拡張された機能をご紹介します。 シリーズもののため、前回の記事も併せてお読みください。 MicrosoftDynmaics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1 前回は、シナリオに基づいて営業担当者が必要な情報を確認したり、レコードを作成する中で、 新しい機能を利用する様子をご紹介しました。 今回は、全体の業務プロセスのもとになる業務プロセス フローを作成し、アクセス許可を設定します。   シナリオの確認 以下のシナリオで、業務プロセスを利用しました。 案件の引き合いがあったら、取引先企業を特定し、支払い情報を確認 支払い情報は、ファイナンス チームで再確認される 営業案件を作成し、提案を作成 プロセス開始から一定時間以上経過した場合は、レビューが必要 マネージャーに実施を促すメッセージを送信   プロセス デザイナーで業務プロセス フローを作成 1 – ステージ追加 まずは、新しい業務プロセス フローを作成して、1 つ目のステージを追加します。 ナビゲーションの [設定] – [プロセス] をクリックします。 画面左上の [新規] をクリックします。 [プロセスの作成] ダイアログ ボックスで、業務プロセス フローを指定し、 [OK]…


Microsoft Dynamics 365 新機能 : プロセスの統合と機能拡張 その 1

みなさん、こんにちは。 Dynamics 365 用 2016 年 12 月の更新プログラム (オンラインおよび設置型) の新機能から、 プロセスの統合と拡張された機能をご紹介します。 バージョンとしては、8.2.x  で利用可能です。バージョン アップデートについて詳しくは、 前回のブログをご参照ください。   概要 Dynamics 365 では、業務ルール、業務プロセス フロー、モバイル タスク フローをカスタマイズ する際のデザイン画面が一つになり、同じ画面で作業できるようになりました。 業務プロセス フローは、独立したエンティティとして扱われ、セキュリティロールで読み書きなどの 細かな権限の制御までできるようになっています。 さらに、ワークフローから、業務プロセスの情報を取得してそれに対する条件やアクションを指定する などの複雑な作業を自動化したり、一つのレコードに複数の業務プロセス フローを平行に使う シナリオもサポートされるようになっています。   シナリオ 以下のシナリオで、プロセス機能を確認してみます。 案件の引き合いがあったら、取引先企業を特定し、支払い情報を確認 対象企業が “クレジットの留保” になっていた場合は、 特定の支払い条件が指定され、Finance チームによって確認されることになっています 営業案件を作成し、提案を作成 プロセス開始から一定時間以上経過した場合は、レビューが必要 マネージャーに実施を促すメッセージを送信 既定のソリューションとサンプル データまたは新規作成するレコードのみで試しているため、 実際のビジネス プロセスにはそぐわないところもありますが、ご容赦ください。 では早速、営業担当者として作業を開始してみましょう。   ビジネス推奨事項 該当の取引先企業レコードを開き、業務プロセス フローを確認します。 プロセスのステージで、”クレジットの留保” には、情報アイコンが表示されています。 同フィールドにも同じアイコンが表示され、クリックするとガイドが表示されています。…


Microsoft Dynamics 365 新機能: ラーニングパスのカスタマイズ: その 1

みなさん、こんにちは。 今回は、Dynamics 365 新機能からラーニングパスの作成について紹介します。本機能は、Dynamics 365 オンラインでのみ提供されています。 概要 ラーニング パス は、ページを開く、アクションを実行する、またはヘルプ ボタンをクリックするときに、ユーザーが Dynamics 365 で表示するカスタマイズ可能なヘルプを追加することができます。ラーニング パスは、前バージョンより提供されておりましたが、本バージョンよりカスタマイズできるようになりました。前バージョンの記事は以下を参照ください。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 新機能: アプリ ガイダンスにより評価しやすくなりました!https://blogs.msdn.microsoft.com/crmjapan/2016/06/29/dynamics-crm-online-2016-update-1-app-guidance-1/ 前提条件 – ラーニングパスとカスタマイズ可能なヘルプの併用はできません– Dynamics 365 オンラインでのみ提供されています– システム カスタマイザー、またはシステム管理者ロール、または ラーニング パス の作成特権を持つ別のロールが必要です。– Office 365ラーニング パス 作成者のセキュリティ グループのメンバーである必要があります。 早速、ラーニングパスの作成を有効にしてみましょう。 ラーニングパス作成の有効化 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [設定] > [管理] > [システムの設定] をクリックします。 3….

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: カスタムアプリの作成

みなさん、こんにちは。 前回の記事では、Dynamics 365 新しいアプリケーションの概要から各デザイナーについて紹介してきました。ご覧になっていない方は是非一読ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナーMicrosoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: サイトマップデザイナー 本記事では、独自のアプリケーションを作成する手順を紹介していきます。今回は、簡単な勤怠管理アプリを作成してみます。 事前準備 まずは勤怠入力用のカスタムエンティティを1つ、勤務表のダッシュボード 1 つを事前に作成します。 エンティティ作成 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [設定]  [カスタマイズ] をクリックします。 3. [システムのカスタマイズ] クリックします。 4. [エンティティ] をクリックし、新規をクリックします。 5. カスタムエンティティを作成します。 6. フィールドに開始日、終了日、作業時間を作成します。 7. 作業時間フィールドは計算フィールドにしています。 グラフ作成 続いてダッシュボードに表示するグラフを作成します。 1. グラフをクリックし、[新規] をクリックします。…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: サイトマップデザイナー

みなさん、こんにちは。 前回の記事で Dynamics 365 新機能からアプリケーションデザイナーを紹介しました。まだご覧になっていない方はご覧ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナー 今回は、サイトマップデザイナーをより詳細に見てみたいと思います。 概要 サイトマップデザイナーは、アプリケーションのサイトマップを画面上で構成できるツールです。これまで Dynamics CRM では、サイトマップをエクスポートし、XML ファイルを変更するか、外部ベンダーのツールを利用していましたが、Dynamics 365 で標準機能で提供されるようになりました。 サイトマップデザイナーで構成できる要素は 3 つです。3 層構造になっています。 – エリア– グループ– サブエリア エリア エリアは、サイトマップの一番上位の要素です。以下の例では、営業、サービス、マーケティングの 3 つのエリアが構成されています。エリアは、配下にグループ、またはサブエリアを定義できます。 グループ グループは、エリアの配下に構成できる要素です。1 つのエリアには複数のグループを構成できます。グループは、配下にサブエリアを定義できます。 サブエリア サブエリアは、サイトマップの一番下位の要素です。1 つのグループに複数のサブエリアを構成できます。 またサブエリアには、4 種類から選択することができます。 ダッシュボード システムに登録されている特定のダッシュボードを選択できる。 エンティティ システムに登録されている特定のエンティティを選択できる。 Web リソース…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: アプリケーションデザイナー

みなさん、こんにちは。 前回の記事で Dynamics 365 の新しいアプリケーションを紹介しました。まだご覧になっていない方はご覧ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要 今回は、アプリケーションより詳細に見てみたいと思います。 – アプリの URL– アプリケーションデザイナー アプリの URL 利用者は、特定のアプリケーションへ直接アクセスすることができます。Dynamics 365 の URL に、appid を指定することでアクセスできます。AppIDは、ユニークな GUID 形式で自動的に割合てられます。GUID の代わりにわかりやすい名前の接頭辞を設定することもできます。 では、実際に Sales アプリケーションの URL を見てみましょう。 1. Dynamics 365 にログインします。 2. [Dynamics 365] > [Sales] をクリックします。 3. URL を確認します。appid の値が Sales アプリケーションの GUID です。 アプリケーションデザイナー…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 新しいアプリケーション: 概要

みなさん、こんにちは。 前回の記事で Dynamics 365 の概要を説明しました。まだご覧になっていない方はご覧ください。 Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要 本記事では、Dynamics 365 の新機能のうちアプリケーションについて紹介していきます。 アプリケーションの概要 Dynamics 365 から新しくアプリケーションというまとまりができました。 アプリケーションは、既存の Dynamics 365 スキーマへの参照を格納するソリューション対応コンポーネントです。 利用者のセキュリティ ロールによって制御することができます。 これにより特定の利用者向けのカスタム タスク ベースのアプリを簡単に作成できるようになりました。 アプリケーションに含まれるもの アプリケーションには、以下のコンポーネントが含まれます。 – サイトマップ – ダッシュボード – 業務プロセスフロー – フォー – ビュー – グラフ アプリケーションの種類 アプリケーションには、既定のアプリとそれ以外のものがあります。 既定のアプリは、営業、サービスといった特定のアプリケーションではなく、利用者がアクセスできる すべてのアプリケーションにアクセスできるインターフェースを提供します。 それ以外のアプリは、製品標準でインストールされているもの(営業、サービスなど)、 利用者が作成したもの、または外部ベンダーが公開しているものをインストールすることで作成されます。 それ以外のアプリは、アプリで定義されたコンポーネントにのみアクセスできます。 早速、評価版でビジネスアプリを確認してみましょう。 評価版を作成されていない方は、過去の記事を参照ください。 既定のアプリケーション 1. Dynamics 365 にアクセスします。 https://<インスタンス名>.crm7.dynamics.com…

0

Microsoft Dynamics 365 新機能: 概要

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics 365 がリリースされてから 2 か月が経ちましたが、お試しいただいていますでしょうか。Dynamics 365 の 30 日間トライアルを申し込むと新機能を検証いただくことが可能です、是非お試しください。 新機能を紹介する前に、Dynamics 365 とはそもそも何か、どのような点が大きな変更点なのかといった利用する前の概要をお伝えします。 概要 Microsoft Dynamics 365 (旧 Dynamics CRM)は、強力なビジネス アプリケーション プラットフォームを提供します。このプラットフォームは、顧客、Microsoft パートナー、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) に対し、付加価値のあるソリューションを拡張して提供する機会をもたらします。これらのソリューションは、Dynamics 365 に含まれている堅牢なコア プラットフォーム機能を基に作成されます。これらの機能を使用することで、基盤をカスタム ビルドする必要なく、カスタマイズしたソリューションを作成できます。Dynamics 365 には、Operations(旧Dynamics AX) および Financials 用の追加機能が含まれています。 引用元:https://msdn.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/ Dynamics CRM からの大きな変更点 Dynamics CRM からの大きな変更点を 4 つ紹介します。 – 新しいホームページ– ナビゲーション– ビジネスアプリケーション– App Source 新しいホームページ Dynamics 365…

0

Dynamics 365 (設置型) 用 2016 年 12 月 更新プログラムがダウンロード可能になりました

みなさん、こんにちは。 2016 年 11 月に Dynamics の CRM や ERP クラウドソリューションが統合した Dynamics 365 プラットフォームのリリースされ、既にオンライントライアル版も最新バージョンの Dynamics 365 を利用することができます。 このトライアル版を使用して、機能の検証や検討をされているかと思います。   先日に、この Dynamics 365 設置型用の更新プログラム Dynamcs 365 (設置型) 用 2016 年 12 月 更新プログラム (December 2016 update for Dynamics 365) がダウンロード可能になりました。Dynamics CRM 2016 (8.0) または Dynamics 2016 SP1 (8.1) にこの更新プログラムを適用することで、最新の Dynamics 365 プラットフォーム製品を利用することができます。 Dynamics 365 (設置型) 用…

2

Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 on Azure IaaS パフォーマンス ベンチマークに関するホワイトペーパーが公開されました!

みなさん、こんにちは。 先日、ダウンロードセンターに、Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 (SP1) on Azure Infrastructure as a Service (IaaS) に関する パフォーマンスベンチマークテストの資料が公開されました。重要な内容のため、文書の内容を紹介していきたいと思います。 Microsoft Dynamics CRM 2015 and Microsoft Dynamics CRM 2016 Performance and Scalability Documentation(英語): https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=45905 上記のリンク内の文書のうち、「Microsoft Dynamics CRM 2016 SP1 Performance Benchmark on Azure IaaS」(12/05/2016 現在)の 内容を対象にしています。この文書は Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 を対象とした内容です。 Dynamics CRM Online に関するベンチマーク結果は、こちらの記事を参照ください。 本文書の概要、目的…

0