Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 顧客フィールドの追加

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から顧客フィールドの追加について紹介します。 概要 これまでサポート案件、リード、および営業案件など、いくつかのエンティティに顧客 (取引先企業または取引先担当者) を表すフィールドが含まれていました。今回のリリースにより、必要に応じて顧客情報を追跡するために、任意のシステムまたはユーザー定義エンティティに、顧客フィールドを追加できるようになりました。これにより、これまで対応していなかったエンティティにも同機能をコストをかけず実装することが可能になります。 シナリオ 今回は、保険会社のシステムというシナリオで説明します。保険会社には苦情と支払い依頼の 2 つのリクエストが来ます。それぞれ別のカスタム エンティティで実装する場合、それぞれに顧客フィールドを追加するだけで既存顧客から選択したり、新たに顧客を作成することができます。 事前準備 まずは苦情と支払い依頼エンティティを作成します。 1. Dynamics CRM にログインします。 2. [設定] > [カスタマイズ] > [システムのカスタマイズ] を選択します。 3. [エンティティ] > [新規] をクリックします。 4. 苦情エンティティを作成します。 5. 続いて支払い依頼エンティティを作成します。 顧客フィールドの追加 続いて、作成したエンティティに顧客フィールドを追加します。 1. 苦情エンティティの [フィールド] > [新規]…

0

Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 6

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、2016 年 5 月 23 日にリリースされた、プロジェクト ベースの営業機能をご紹介します。 現在のところ、Microsoft Dynamics CRM 設置型では利用できません。 シリーズもののため、前回の記事を見てからご覧ください。 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 1 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 2 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 3 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1…


Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 5

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、2016 年 5 月 23 日にリリースされた、プロジェクト ベースの営業機能をご紹介します。 現在のところ、Microsoft Dynamics CRM 設置型では利用できません。 シリーズもののため、前回の記事を見てからご覧ください。 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 1 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 2 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 3 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1…


Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 4

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、2016 年 5 月 23 日にリリースされた、プロジェクト ベースの営業機能をご紹介します。 現在のところ、Microsoft Dynamics CRM 設置型では利用できません。 シリーズもののため、前回の記事を見てからご覧ください。 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 1 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 2 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 3 シナリオ 前回のブログでは、プロジェクト ベースの営業機能で、営業担当者が営業案件を作成し、プロジェクト マネージャーと協力して プロジェクトの明細から見積もり、契約を作成するまでをご紹介しました。 契約を獲得後、プロジェクトがスムーズに開始され、スケジュール、コスト、品質ともに顧客の要求を満たして…


Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 3

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、2016 年 5 月 23 日にリリースされた、プロジェクト ベースの営業機能をご紹介します。 現在のところ、Microsoft Dynamics CRM 設置型では利用できません。 シリーズもののため、前回の記事を見てからご覧ください。 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 1 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 2   シナリオ 営業担当者は、顧客から大型の案件の引き合いを受けました。 例えば、社内システムの構築、導入のような案件では、スケジュール、受注額、人やコストの管理が大掛かりになります。 そのような場合、プロジェクト ベースの営業機能を利用すれば、見積もりから受注後のプロジェクト管理、 請求と評価まで一貫して行えます。 ここでは、営業担当者がプロジェクト案件の作成から受注するまでの手順をご紹介します。   プロジェクト営業案件の作成 引き合いを受けたら、営業案件を作成します。 普段お使いいただいている、[営業] モジュールの営業案件と同様の操作ですが、のプロジェクト ベースの営業案件として 作成すると、プロジェクトに特化したフォームが利用でき、例えばプロジェクト ベースの明細としてシステム開発や コンサルティング費用などをプロジェクト明細として追加できます。 [プロジェクト…


Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 強化された Power BI 統合: Dynamics CRM 設置型との連携

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から強化された Power BI 統合について紹介します。今回は、Dynamics CRM 設置型のデータを Power BI で分析する方法を紹介します。 シナリオ メールの仕組みは Office 365 を利用しているけど、Dynamics CRM は社内に構築しているという方はいないでしょうか。Office 365 の Power BI を利用して分析やレポートをまとめている場合、社内の Dynamics CRM のデータも分析したいと思いませんか。 本記事では、Dynamics CRM 設置型のデータ分析を Power BI ダッシュボードに展開する方法を紹介します。   Dynamics CRM 設置型のデータを分析 Dynamics CRM 設置型のデータを Power BI…

0

Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 2

みなさん、こんにちは。 前回に引き続き、2016 年 5 月 23 日にリリースされた、プロジェクト ベースの営業機能をご紹介します。 現在のところ、Microsoft Dynamics CRM 設置型では利用できません。 シリーズもののため、前回の記事を見てからご覧ください。 Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業 その 1 シリーズの第 2 回目では、プロジェクト ベースの営業をより簡単にイメージしていただくために、 どのようなレコードが利用できるか、確認してみましょう。 今回は、サンプル レコードを例にとっています。サンプル レコードは、ダウンロード センターから ダウンロードして利用できます。 次回以降のブログで、実際にレコードを作る手順をご紹介します。かなり詳細な手順として 記述しますので、今回は全体の流れを、実際のメニューも併せてご確認ください。   [プロジェクト サービス] をインストール プロジェクト ベースの営業機能を利用するには、プロジェクト サービスのアドインをインストールします。 Dynamics CRM サイトにシステム管理者としてサインイン [設定] – [ソリューション] で、[マーケット プレースからソリューションを取得] をクリック “Trial for…


Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 の新機能 : プロジェクト ベースの営業その 1

みなさん、こんにちは。 2016 年 5 月 23 日にリリースされた、Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 (Dynamics CRM Spring 2016 Wave) の 新機能をご紹介します。現在のところ、Dynamics CRM 設置型では利用できません。 この新しい機能について、シリーズでご紹介します。 第 1 回目のこのブログではまず機能の概要、そして後に続く回で実際の操作方法ご紹介します。   概要 プロジェクト ベースの営業では、プロジェクトの契約段階からスケジュール、リソース、コスト管理、プロジェクトの完了と評価まで行えます。 各フェーズでの進捗や実績は可視化されて分析できるので、プロジェクトの健全性の維持に役立ちます。 以下の作業が可能です。 プロジェクト ベースの契約 プロジェクト計画 時間及び経費 プロジェクトの請求 この機能は、[プロジェクト サービス] という名前の新しいモジュールとして提供されます。 使用する場合は、稼働しているインスタンスのアドオンとして追加します。 ※現在、[プロジェクト サービス] は、試用版及びサンドボックス環境に「プロジェクト サービスの自動化の試用」という 名前のソリューションをインストールすることでご自身で追加可能です。 なお、こちらのソリューションは本番環境ではサポートされません。 まずはお試しいただき、本番環境に展開される際には、営業担当またはパートナー様までご連絡ください。   開始方法 この機能を利用するには、以下の方法でモジュールを追加します。 Dynamics CRM サイトにシステム管理者としてサインインします。 [設定]…


Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: 強化された Power BI 統合: Power BI タイル

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から 強化された Power BI 統合について紹介します。   概要 強化された Power BI 統合のポイントは 2 点です。 – Dynamics CRM 個人用ダッシュボードへ Power BI タイルの挿入 – Dynamics CRM 設置型のデータを利用したレポート 今回は、個人用ダッシュボードへ Power BI タイルの挿入を紹介します。 事前準備 個人用ダッシュボードに追加する前に、Power BI にダッシュボードを追加します。 事前に Power BI のコンテンツパックを利用して “Dynamics CRM Sales…

0

Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: フィードバックや評価: カスタマイズ

みなさん、こんにちは。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能から フィードバックや評価について紹介します。 今回はサポート情報記事以外のエンティティに対するフィードバックを行う方法について紹介します。 前回の記事を見られていない方は合わせてお読みください。 Microsoft Dynamics CRM Online 2016 更新プログラム 1 および Microsoft Dynamics CRM 2016 Service Pack 1 新機能: サポート情報記事に対するフィードバックや評価: 概要   カスタマイズの概要 前回の記事では、既定で機能が有効なサポート技術記事エンティティにフィードバックを行う操作を紹介しました。 本機能はそれ以外のエンティティでも利用することが可能です。 今回の記事では、サポート案件エンティティに対して 機能の有効化の方法から、 フィードバックを集計するためのカスタマイズの方法を紹介します。   機能の有効化 1. Dynamics CRM にログインします。 2. 設定 > カスタマイズ…

0