膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 事前準備 その 2

みなさん、こんにちは。 前回に続き、膨大なセンサーデータから自動で異常を検知して Dynamics 365 にケースを自動作成するサンプルデザインを紹介します。前回の記事を読まれていない方は、是非ご覧ください。 膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 概要膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 事前準備 その 1 前回は、Azure Cosmos DB を準備しました。今回は、それ以外の事前準備について紹介します。 Azure Cosmos DB コネクタの構築 本サンプルでは、Logic Apps から Azure Cosomos DB に異常なデータがないか定期的にチェックする実装を行います。Logic Apps のトリガーと呼ばれる機能を使うことで実装しますが、現在、Logic Apps の標準機能では、Azure Cosmos DB をトリガーする機能は確認できないため、弊社 Jeff Hollan (Program Manager for Microsoft Azure ) が GitHub に公開しているコネクタを利用します。コネクタを展開すると Azure API…

0

膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 事前準備 その 1

みなさん、こんにちは。 前回に続き、膨大なセンサーデータから自動で異常を検知して Dynamics 365 にケースを自動作成するサンプルデザインを紹介します。 前回の記事を読まれていない方は、是非ご覧ください。 膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 概要 事前準備 大まかな手順は 5 つです。Azure のサブスクリプションが必要になります。お持ち出ない方は、評価版を申し込みください。 – Azure Cosmos DB アカウントの作成 – サンプルデータの登録 – Azure Cosmos DB コネクタの構築 – Dynamics 365 Online の作成 – Azure Logic Apps の作成 Azure Cosmos DB アカウントの作成 1. Azure ポータルにログインします。 2. [新規] > “Azure Cosmos DB” を検索します。 3….

0

膨大なセンサーデータと連携 ! Azure Cosmos DB 連携: 概要

みなさん、こんにちは。 今回は、モノのインターネット(Internet of Things, IoT)シナリオを想定して膨大なセンサーデータから自動で異常を検知して Dynamics 365 にケースを自動作成するサンプルデザインを紹介します。 背景 モノのインターネットは、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノがインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組みです。例えば、エレベーターを提供している会社は、IoT を通じてエレベーターの異常を自動検知することで保守サービスを未然に行うことができるようになります。 サンプル概要 本サンプルは、膨大なセンサーデータから異常を検知し、自動的に Dynamics 365 にケースを作成します。 主な特徴は 2 点です。 – センサーデータの格納場所は Azure Cosmos DB を利用する。- 異常の自動検知、およびケースの作成は、Azure Logic Apps が行う。 Azure Cosmos DB とは? 一般的にデータを格納するデータベースは、リレーショナルデータベース(RDB) とそれ以外(NoSQL) の 2 種類に分けられます。Azure Cosmos DB は、この 2 種類が統合された新しいデータベースサービスです。利用者にとって Azure Cosmos DB を選択する最大のメリットは、「グローバル配信」によりユーザーはどこからアクセスしても待ち時間が最小限に抑えられます。スループット、待ち時間、可用性、整合性が保証されているサービスレベルアグリーメント(SLA) により、製品選定段階では見えないリスクを最小化できます。実際に、膨大なセンサーデータの格納先として Azure Cosmos DB を検討されているお客様もいらっしゃるようです。 Azure Cosmos DB…

0

Dynamics 365, version 9 への顧客主導更新 (CDU) について

みなさん、こんにちは。 今回は、Dynamics 365, version 9 への顧客主導更新 (CDU) について紹介します。 本記事の内容は、弊社が提供しているブログ Microsoft Dynamics 365 Team blog の記事を翻訳したものです。 情報元: Customer Driven Upgrade for Dynamics 365, version 9.0 is coming ==================================================== Dynamics 365, version 9 へ顧客主導更新 (CDU) が間もなくスケジュール出来るようになります。 現時点では、2018 年 1 月頃設定が可能となり、2 月から 8 月の期間内に更新のスケジュールを設定できる見込みです。 Dynamics 365 管理者には、Office 365 メッセージ センターを介して案内がなされ、 更新がスケジュール可能となった際に電子メールが送信されます。 更新の可否を確認するには、Dynamics 365 管理センターの [更新] タブを確認します。 アップグレードの対象となるインスタンスには、状態に「使用可能な更新プログラム」と表示されています。 この場合、更新のスケジュールを設定でき、更新希望の日程と代替の日程を設定します。 Dynamics CRM…


機能追加: ユーザー セッションとアクセスの管理

みなさん、こんにちは。 今回は、最近機能追加が実施されたユーザー セッションとアクセスの管理機能について紹介します。 本記事の内容は、弊社が提供しているブログ Microsoft Dynamics 365 Team blog の記事を翻訳したものです。 尚、情報元記事中では、未だリリースがなされていない旨のご案内となっておりますが、既に機能リリース済で 以下のバージョンの Dynamics 365 にて利用可能でございます。 Dynamics 365 (オンライン) バージョン 8.1 以降 Dynamics 365 (設置型)、当機能はこの更新プログラムに含まれています。 Dynamics CRM 2016 (設置型) バージョン 8.1 以降、当機能を有効化するためにはサポートにお問い合わせください。 Microsoft Dynamics CRM 2015 (設置型)、当機能を有効化するためにはサポートにお問い合わせください。 情報元: Security Enhancements: User session and Access management ==================================================== ユーザー セッション タイムアウトをより柔軟に管理可能とするセキュリティ機能改善を展開する過程にあります。 これらの機能追加により、セキュリティおよびデータのプライバシー ポリシーに準拠することもできます。 ユーザー セッション 設定された期間の後にユーザーを強制的に再認証させるために、システム管理者は、個々の Dynamics 365 インスタンスのセッションタイムアウトを設定できます。 ユーザーは、設定された期間の間のみ、アプリケーションにサインインしたままにすることができます。…


Microsoft Dynamics 365 Online July 2017 Update: 新しい開発者ガイドの使い方

みなさん、こんにちは。 前回は、新しい開発者ガイドについて紹介しました。本記事は、その中で出てきた新しいアセンブリやツールの取得方法など重要な部分について紹介します。前回の記事を見ていない方は、参照ください。 Microsoft Dynamics 365 Online July 2017 Update: 新しい開発者ガイドの紹介 使い方 – 新しい開発者ガイドのダウンロード- 新しいアセンブリやツールの取得- サンプルコードの取得 新しい開発者ガイドのダウンロード 新しい開発者ガイドは、Dynamics 365 Customer Engagement の開発者ガイド より参照することが可能です。一方、オフラインで参照する場合は、PDF 形式でガイドをダウンロードすることができます。 1. 新しい開発者ガイドのサイトにアクセスする https://docs.microsoft.com/en-us/dynamics365/customer-engagement/developer/developer-guide 2. 右下にある [Download PDF] をクリックします。 3. ダウンロードが始まります 4. PDF 形式で表示されたことがわかります。(13,036 ページにわたる巨大なもの) 5. ローカルに保存します。 6. 約 80 MB の開発者ガイドです。 7. PDF にはブックマークがついており、見たい項目へ即座に移動することができます。 新しいアセンブリやツールの取得 続いて新しいアセンブリやツールをどのように取得するかについて紹介します。 ローカルに取得する 最初に、自分のローカルに最新のアセンブリやツールを取得する方法を紹介します。 1. PowerShell を起動します。 2….

0

Microsoft Dynamics 365 Online July 2017 Update: 新しい開発者ガイドの紹介

みなさん、こんにちは。 今回は、最新の Microsoft Dynamics 365 Online July 2017 Update (version 9.0) から提供されることになった新しい開発者向けドキュメントについて紹介します。本記事の内容は、弊社が提供しているブログ Microsoft Dynamics 365 Team blog の記事を翻訳したものです。 情報元: What’s new for Customer Engagement developer documentation in version 9.0 ==================================================== Dynamics 365(オンライン)、バージョン 9.0 のリリースでは、開発者のドキュメントに多くの変更があります。 新しい場所: https://docs.microsoft.com/dynamics365/customer-engagement/developer/ 新しい名前: 開発者ガイド (Developer Guide) SDK ダウンロードは不要 概念と参照コンテンツの融合 Client API ドキュメント エンティティの詳細ドキュメント 新しい名前: 開発者ガイド (Developer Guide) ソフトウェア開発キット(SDK)は、開発者がソフトウェアを構築するために使用するドキュメントとリソースの組み合わせです。 これまでは、「SDK」という用語を使用して Dynamics 365…

0

最新ニュースを素早くチェック ! Bing News Search API 連携: カスタマイズ

みなさん、こんにちは。 今回は、前回セットアップしたソリューションをカスタマイズしてみましょう。前回の記事をまだ読んでいない方は是非ご覧ください。 最新ニュースを素早くチェック ! Bing News Search API 連携: 概要最新ニュースを素早くチェック ! Bing News Search API 連携: セットアップ ソリューション構成 本ソリューションは、4 つのファイルで構成されています。 ShowLatestNews.html 最新ニュースを表示するテーブルを含む HTML ファイルです。 – ”site-box” という ID のテーブルに最新ニュースが表示されます。- 他の 3 ファイルを参照しています。 ShowLatestNews.css #site-box: テーブル全体のスタイル#image-box: ニュース記事の画像部分のスタイル。左寄せにしています。#link-box: ニュース記事のリンクおよび説明部分のスタイル。左寄せ、800px にしています#image-box-even, link-box-even: 偶数行のニュース記事部分のスタイル。左寄せ、800px、灰色にしています ShowLatestNews.js Bing News API キーや、検索文字列、検索対象マーケットといったパラメーターを定義しています。変更方法は後ほど紹介します。 テーブルを操作しています。 jquery-1.10.2.min.js Bing News API を呼び出す際に利用している JQuery のライブラリです。 https://jquery.com/ カスタマイズ…

0

最新ニュースを素早くチェック ! Bing News Search API 連携: セットアップ

みなさん、こんにちは。 今回は、サンプルソリューションを Dynamics 365 トライアル版にセットアップしてみましょう。前回の記事をまだ読んでいない方は是非ご覧ください。 最新ニュースを素早くチェック ! Bing News Search API 連携: 概要 事前準備 本ソリューションを検証する際には、Dynamics 365 および Azure の評価版で検証することが可能です。 Azure サブスクリプション Bing News API を利用するための Azure サブスクリプションが必要です。お持ちでない方は評価版でもご利用いただけます。以下の URL からお申し込みください。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/ Dynamics 365 環境 サンプルをセットアップする Dynamics 環境を準備します。こちらもトライアル版でもご利用いただけます。以下の手順を参考にしてください。 https://blogs.msdn.microsoft.com/crmjapan/2016/12/05/dynamics-365-trial-setup/ セットアップ手順 Bing News API の作成 1. Azure ポータルへログインします https://portal.azure.com/ 2. [新規] をクリックします。”bing news search api” と入力します。 3. “Bing…

0

最新ニュースを素早くチェック ! Bing News Search API 連携: 概要

みなさん、こんにちは。 今回は、Dynamics 365 のフォームに顧客の最新ニュース情報を表示するサンプルソリューションを紹介します。 背景 コールセンターのシナリオにおいて、コールセンターのエージェントが顧客対応を行う場合、 事前に顧客の状況を理解することは、顧客満足度に大きくつながります。 また、営業マンが顧客訪問を行う際、事前に顧客の最新情報を知っておくことは、提案活動を大きく前進させるきっかけになるかもしません。 サンプル概要 本サンプルは、エージェントや営業マンがサポート案件や営業案件を開くと、顧客名をもとに顧客の最新ニュースを表示します。 これにより、エージェントの顧客満足度や、営業マンの受注確度の向上に貢献します。 サンプルの場所: https://github.com/takayakawano/ShowLatestNews Bing News Search API 本サンプルは、Bing News Search API を利用しています。 Bing News Search API は、Microsoft が提供する Cognitive Service の 1 つで、全世界のニュースを検索できます。 この API は、キーワードをもとに Bing エンジンを使い、注目ニュースを取得できます。 さらに、検索対象マーケット、鮮度を指定することができ、利用者のマーケットにあう、 鮮度の高い情報に簡単にアクセスできるようになります。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/bing-news-search-api/ 価格 Bing News Search API 価格は、単位当たりのトランザクション数により異なります。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/cognitive-services/search-api/news/ Bing News Search API ドキュメント https://dev.cognitive.microsoft.com/docs/services/e5e22123c5d24f1081f63af1548defa1/operations/56b449fbcf5ff81038d15cdf まとめ…

0