[デブサミ] デベロッパーズサミット 2017 で登壇した #devsumi #devsumiA

デベロッパーズサミット (通称『デブサミ』/ Developers Summit) 2017 で登壇してきました!デブサミとは、2500人以上の来訪者を誇る、日本で最も大きな技術者イベントのひとつです。(2日間延べ合計:3,389名/ ユニーク数:2,641名) そんな大舞台での登壇の機会をいただけて光栄です!ありがとうございます! ライブコーディングをメインにした構成で、C#、Visual Studio 2017、Xamarin、Microsoft Azureについて話してきました。とても楽しかったです! この記事では、登壇者としての当日の感想とセッションの流れ/まとめについて書きました。当日ご参加できなかった方もこの記事を読んでいただければなと思います。(とはいえ、当日のスライド140枚の内容を全て突っ込むのは無理なので、かなり省略して書いています。(それでもめっちゃ長い記事になってしまったけど…。) 実際のすべての内容は実際に私のセッションを聞いてくださった方だけに!) デブサミ2017公式サイト: この記事について この記事は何が書いてあるの? デブサミ2017での登壇の記録 (日記) デブサミ2017での私のセッションのオーディエンスの反応まとめ デブサミ2017で話した技術的な話のまとめ 目次 セッション前 セッション開始前、大部屋が立ち見で埋まる セッションの待機列が長蛇の列 私のセッションへの感想 本番5分前 セッション導入部 セッションが始まった! セッションAgenda まずは自己紹介 C# C# の話 C# はいいぞ C# + 神IDE Visual Studio 2017 C# + VS2017 デモ クリップボードの 生 JSON を class に変換してくれる VS の機能 非同期処理のJSON操作のライブコーディング!…

8

[VS2017新機能] 単体テストを書いてみよう!Live Unit Testing を試してみる手順書

Microsoft の最新のIDE Visual Studio 2017 に、新機能のLive Unit Testing(ライブ ユニット テスト)の機能が導入されました。 Live Unit Testingでは、コードの編集中にバックグラウンドで影響範囲のユニットテストが実行され、 その結果やテスト範囲がリアルタイムでエディターにわかりやすく表示されます。 コード変更の既存テストへの影響のほか、新たに追加したコードが既存のテスト範囲でカバーされているかどうかも即座にフィードバックされます。このため、バグの修正や機能の追加の際に、ユニットテストの作成が必要かどうかを把握できます。 (Visual Studio 2017 については、こちらで無料でインストールできます。(Windowsのみ)) この記事では、そのLive Unit Testingの機能の紹介の他に、 単体テストの書き方も、丁寧に解説しながらご紹介します!(スクショたくさん撮りながら丁寧に書いたから、すごい時間かかった…明日デベロッパーサミットで登壇なのに…) 一生懸命書いたので、ぜひご覧ください! (このLive Unit Testingの機能は Enterprise エディションでの提供です) 目次 手順1「テストを書く準備が整うまで」 手順2「テスト対象の実装」 手順3「テストを書く」 手順4「テストを動かしてみる!Live Unit Testing」 手順5「テストケースを1つ増やしてみる」 参考 手順1「テストを書く準備が整うまで」 ↓ プロジェクトの新規作成 ↓ コンソールアプリを選択し、名前をつけて「OK」しましょう。 (この例では LiveUnitTestSampleと命名しました。) ↓ このような画面になります。空っぽの Main 関数があるだけです ↓ ユニットテストのプロジェクトも追加しましょう。 右の「ソリューションエクスプローラー」で、 ソリューションを右クリック→「追加」→「新しいプロジェクト」 ↓ 左のテンプレートカラムから…

2

【Mobile DevOps】VSTS から Xamarin Test Cloud に繋いで自動 UI テストを実現

モバイルアプリ開発において、開発からアプリpublish、ユーザのテレメトリ収集まで、一貫して管理できたら素晴らしいですよね。 それらを、Microsoftのチーム開発管理サービスのVisual Studio Team Servicesと、実機での自動UIテストサービスXamarin Test Cloud(ザマリン・テストクラウド)などを使って実現しましょう! 目次 継続的なモバイルアプリ開発 (Mobile DevOps) Microsoft の提供する、Mobile DevOps を実現する方法 Visual Studio Team Services を使ってコードgit管理 & 自動ビルド 自動 UI テストを実現する Xamarin Test Cloud サービスについて Xamarin Test Cloud を VSTS から動かす 継続的なモバイルアプリ開発 モバイルアプリ開発において、やること: 開発(クライアント側のコード書く) サーバサイドとの連携 テスト(単体・UIテスト) テスターたちにベータ版を配布 アプリのユーザの使用メトリックやクラッシュレポートを収集 ユーザからの feedback を収集 などなど! よく「Mobile DevOps(デブオプス (= Development + Operation))」なんて呼ばれます。 Microsoft の提供する、Mobile DevOps…

0

Visual Studio Team Service で Xamarin.Android のビルド

Visual Studio Team Service で Xamarin.Android のビルドを試みて、最初うまく行かなかったので、その時の問題と回避策をここに記録します。自分用メモです [VSTS] プロジェクトを作った [ローカル] リポジトリ、push [VSTS] デフォルトの Xamarin.Android のビルド definition でビルドすると動かない(エラー) 2017-02-11T09:26:54.4047838Z ##[error]C:\Program Files (x86)\MSBuild\Xamarin\Android\Xamarin.Android.Common.targets(1862,3): Error : java\lang\Object.class(java\lang : Object.class) ローカル(私のXamarinの環境は最新のアルファチャネル)で作ったプロジェクトの Xamarin環境と、VSTSのビルドサーバの Xamarin環境のバージョンの不一致ではないかと推測。 取り敢えずの処置として、ローカルにエージェントを立てて、ビルドはローカルで走らせることにした [VSTS+ローカル] ビルドエージェントを入れた(手順書(英語)) [VSTS] エージェント入れたのはいいけど、ビルド時どうやってエージェントを使うのか分からなかった。→[Queue new build] → [Queue]の Hosted->Default(自分がつけたagentの名前) それでも(私の環境だと)MSBuild.exe が無い、というエラーが出て動かない 2017-02-11T10:02:56.0622340Z MsBuild.exe does not exist at ‘/Library/Frameworks/Mono.framework/Versions/4.8.0/lib/mono/4.5/msbuild.exe’. 2017-02-11T10:02:56.0940450Z ##[error]Error: /Library/Frameworks/Mono.framework/Versions/Current/Commands/mono failed with return code: 1…

0